東京湾奥、若洲海浜公園・青海南ふ頭公園での釣行日記 : 2014年12月

 :ホームページのご意見・ご感想はこちらまで 
   専用フォームからお願いします

釣行日記


2014年釣り納め


  • 日付:12月31日(水)
  • 時間:9:00〜12:30
  • 天候:晴れ
  • 満潮:1:07/12:26
  • 干潮:6:16/19:47
  • 潮回り:長潮
  • 場所:隅田川


天皇誕生日(23日)は釣行の計画を立てていたのですが、インフルエンザに感染してしまい断念。
天気が良いのにもかかわらず、ただ寝込むという最悪なクリスマスを過ごし、年末年始の休暇突入に伴い、ようやくインフルエンザの菌が抜けました。
大晦日、冬晴れで風もないので、釣り納めに出かけることにしました。
潮まわりが悪く、数日前にはみぞれ混じりの急な気候の変化があったので、全く期待できない条件です。
体調も100%完治しておらず、近場ということで、隅田川で竿を出すことにしました。
若洲海浜公園に行くか迷いましたが、陽が当たる暖かい場所を選びました。

9時頃、釣り場に到着しました。
年末で忙しいのか、悪条件のためか、常連のおじさん2名ほどしかおりません。
話を聞いてみるとハゼ狙いだそうで、7時過ぎに時合いがあったが、今は全く当たりがないとのことでした。
12月上旬ではハゼがよく釣れましたが、そろそろハゼ釣りシーズンも終了でしょうか。

隅田川
陽が当たりポカポカ陽気。
病み上がりにはちょうど良いです。
しかし、潮がほとんど動いていない・・・


ハゼ釣りは隣のおじさんにお任せし、管理人はカレイを狙うことにしました。
もし掛かれば事故のようなものですが、遊覧船の通り道などを中心にキャストを続けました。
餌はジャリメと青イソメを房掛けにしました。

しかし、一向に竿先は垂れません。
隣のおじさんは1時間に1匹のペースでハゼを釣っています。
お話が大好きなおじさんで、色々と情報提供していただきました。
要約すると・・・

通常、隅田川のカレイのシーズンは年明けからだろう。
それでも、俺はちょうど一年前にカレイ40cmを釣り上げて、刺身にして食べた。
知り合いは萬年橋周辺を攻めているが、俺はあまり行かない。
この時期は毎週末、ここで釣りをしている。
15時には陽が傾き、寒くなるので14時には帰る。

こんな感じでしょうか・・・
たまに 俺の女房も道糸みたいに交換できればいいんだがなあ・・・ などとまったく笑えない冗談を飛ばしてくるのがたまにキズですが、ほのぼのとした雰囲気での釣りは嫌いではありません。
隅田川の魚を食べるのは抵抗がありますが、おじさんは普通に食しているそうです。
まあ人それぞれだと思いますが・・・

管理人はカニしか釣れず、12時30分に衲竿。
片付けをしていると、 なんだ、もう帰るのか。根性なし! と言われてしまいましたが、少し立ち話をしてお別れしました。

そして、その晩に釣行日記を更新しようかと思ったら、頭痛とだるさが・・・
結局、年始に休日診療まで行くほど体調が悪化、またまた寝込み生活に戻ってしまいました。
お医者さんからは、 インフルエンザの後遺症ですね、体が元の状態に修復するまで、長い人で三週間かかる場合もあります。 と告げられ、しょんぼり・・・
インフルエンザの予防接種代金三千円を返却して欲しい気持ちになりますが、もう二度とインフルエンザには掛かりたくないですね・・・

というわけで、しばらくおとなしくしていようと決めた今日この頃です。

ハゼしか釣れません


  • 日付:12月14日(日)
  • 時間:8:00〜12:00
  • 天候:晴れ
  • 満潮:9:51/21:38
  • 干潮:3:09/16:18
  • 潮回り:小潮
  • 場所:若洲海浜公園(堤防)


先週、隅田川でブンブン投げ釣りを楽しんできた管理人は、今日、若洲海浜公園へ行ってきました。
先々週と同様、若洲海浜公園行き始発のバスで向かうことにしました。
前回はマラソン大会の影響を受けてバスに乗れませんでしたが、今日は問題なく乗車できました。
しかし、いつもはガラガラの車内ですが、どうやら始発のバスは混むようです。
新木場でたくさんの人が降りましたが、同じくらいの人が乗車してきました。
新木場で降りる人はディズニーランドかな、乗車する人は釣り人、ゴルフなどでしょうか。
それでも自転車釣行とは比べ物にならないくらい楽チンです。

8時頃、若洲海浜公園に到着しました。
選挙の影響なのか先々週よりも混雑していません。
陽の当たるキャンプ場前は、何人か幼いお子様が竿を出していましたが、堤防は家族連れの姿がかなり減ってきました。
快晴で風もないのですが、やはり早朝はかなり冷え込みます。

堤防
空気が澄んでいるので富士山もくっきり。
思わず拝みたくなります。

堤防
ファミリーフィッシングはオフシーズンを迎えたようです。
堤防はかなり空いておりました。
時間の経過とともに混み合うかと思いましたが、それほど釣客は訪れませんでした。


堤防の中央に釣り座を構えました。
辺りを見回すと、今日はカレイ師の姿が見えません。
何人か常連さんの顔を見掛けましたが、冬の若洲堤防名物、投げ竿ズラリは見られませんでした。

ということは釣果もあまり期待できないということかな。
投げ竿で護岸から60〜70mほど遠投、ちょい投げで20〜30mほどを狙い、胴付仕掛けも用意してヘチも探ってみることにしました。
隅田川での練習の成果か、キャストは狙った場所に投入できました。
予想はしていましたが、一向に当たりはありません。

周囲も釣れている様子はありません。
先々週も同じような条件でしたが、皆さん回遊魚やカレイ、フッコなどを釣り上げていました。
今日は堤防の付け根で小メジナが数匹、小さ目のカサゴとハゼが釣れていました。
いよいよ激渋の若洲の到来でしょうか。

堤防
11時を過ぎるとようやく堤防にも陽が当たるようになりました。
今度は午後からの釣行にしようかなあ・・・


胴付仕掛けにはカニしか掛からないので、11時過ぎに衲竿。
ちょい投げには30分おきに当たりがありましたが、小さく、針掛かりしませんでした。
11時30分頃、片付けようとリールを巻いてみると・・・

ハゼ
14cmのハゼが掛かっていました。
ハゼなら隅田川でいっぱい釣れます。
とりあえず釣果ゼロは回避できました。


投げ仕掛けには、青イソメを房掛けし、地形の変化を狙って攻め続けましたが当たりはありませんでした。
12時、ライントラブルを起こして衲竿。
12時33分のバスで若洲堤防を後にしました。
昨年は12月中旬から急激に釣果が落ち、1月から3月まで釣果なしを経験しました。
これから試練の時を迎えそうですが、懲りずにまた足を運ぶことでしょう。

隅田川でハゼ釣り


  • 日付:12月7日(日)
  • 時間:9:30〜12:00
  • 天候:晴れ
  • 満潮:5:45/16:47
  • 干潮:11:16/23:38
  • 潮回り:大潮
  • 場所:隅田川


昨日は土曜出勤でした。
とても天気が良かったので昼休みに隅田川沿いを散歩していると、釣りを楽しんでいる人をちらほら見掛けました。
気になって話しかけてみました。
何が釣れるんですか。
ハゼだよ。今日は余り釣れなかったけど・・・
カレイは釣れるんですか。
今は釣れないね・・・
そうですか、ありがとうございます。
のんびり釣りができて、適度に空いているので思い切り投げ釣りが楽しめそう。

というわけで、今日は隅田川でハゼ釣りを楽しむことにしました。
前日餌を購入できませんでしたが、調べてみると月島に朝から営業している釣具屋さんがありました。
自宅を8時30分頃出発し、自転車を走らせ月島に9時過ぎ到着。
昔ながらの釣具屋さんでとてもいい雰囲気です。
店主はアジ釣りに出かけてしまったとのことで、おばあちゃんが店番をしていました。
青イソメは大・中・小とあり、小(400円)を購入しました。
写真を撮ろうかと思ったのですが、おばあちゃんが店の外まで出てきてお見送りをしてくれたので、やめておきました。

釣具屋を出て、大きな橋を超えると、隅田川が見えてきました。
今日も釣り人が何人かいましたが、皆さん地元のおじさん風釣り師です。

護岸
見事な冬晴れです。
高層ビル群の摩天楼の下で釣りも悪くありません。
ここら辺ではよくドラマの撮影なども行われています。

護岸
釣り人はまばらです。
ここでは思う存分投げ釣りが楽しめそうです。


投げ仕掛けをまず一本。
ハゼがメインですが、カレイやフッコが掛かることも想定して、13号のセイゴ針。
もう一本はちょい投げで、余っていたキス仕掛け(7号3本針)で攻めてみました。

すると早速当たりがあります。
なるほど、幸先がよいです。
リールを巻くとハゼがしっかりと掛かっていました。

ハゼ
15cmくらいですね。
このサイズが平均でした。
心なしか小名木川のハゼよりも綺麗な気がします。


隅田川沿いは散策用道路が整備されています。
自転車は進入禁止ですから、散歩やランニングを楽しむ方たちがとても多いです。
青イソメを見て嫌な顔をされることもあるわけですが、気にせず釣りに興じます。

ちょい投げにも当たりがありました。

ハゼ
こんな感じでダブルで釣れることも珍しくありません。
やっぱり当たりがあるっていいですね・・・


魚を持って帰るつもりはなかったので、全てリリースしていました。
ちょい投げ仕掛けには、仕掛けを投入してしばらくするとハゼが掛かるという具合だったので、1時間程度で衲竿としました。
ハゼくんたちと遊ぶのにも飽きてきたので、投げ仕掛け一本で勝負することにしました。
潮目を狙ってキャストを続けましたが、大潮ということもあり、潮の流れが速く、20号の錘がコロコロ転がってしまいます。

ハゼ
掛かるのは全てハゼくん。
サイズも20cmには届かず・・・
元気に隅田川へお帰り頂きました。


天気予報では、寒波が押し寄せるということでしたが、雲ひとつない天気で、ポカポカ陽気。
空気が澄んでいて、とても気持ちがよかったです。
若洲堤防とは異なり、ゆったり釣りを楽しめるのが良いですね。
ハゼしか釣れませんでしたが、シーバスやカレイもどこかにいるはずです・・・

遊覧船
遊覧船が頻繁に通りますので、糸を切られないように注意しましょう。
もちろん、仕掛けをぶつけてはいけません。


釣り場としては気に入ったのですが、ハゼくんと遊ぶのも飽きてきました。
キャストの調子も上々でしたので、次回はまた若洲堤防に戻りたいと思います。

>>先頭に戻る