東京湾奥、若洲海浜公園・青海南ふ頭公園での釣行日記 : 2014年9月

 :ホームページのご意見・ご感想はこちらまで 
   専用フォームからお願いします

釣行日記


やっとメジナに出会えました


  • 日付:9月23日(火)
  • 時間:14:30〜18:00
  • 天候:晴れ
  • 満潮:4:18/16:40
  • 干潮:10:31/22:51
  • 潮回り:大潮
  • 場所:若洲海浜公園(人工磯)


今日は長男の所属している少年野球チームが、夢の島で試合があるというので観戦することにしました。
長男はまだ2年生なので試合には出られませんが、5年生中心のメンバー編成とのことでした。
少年野球の試合を初めて観戦しましたが、子供たちが頑張る姿を見て、かなり心を動かされました。
管理人は野球人ではなく、どちらかというとサッカー小僧でした。
野球好きなカミさんと人生を伴にしたことが運命だったのか、子供はふたりとも野球が大好きです。

管理人の少年時代は、放課後も練習、土日は試合で休みがなく、どちらかというと嫌な思い出だったので、子供には小学校くらい伸び伸びと遊ばせてやりたいと思っていました。
しかし、本人がやりたいと言って始めた野球。
真剣にベンチから試合を見つめる姿を見て、 休日公園で友達とゲームしているよりいいか・・・ と変な納得をしてしまいました。

13時過ぎに試合は終わり、父母の方たちが長男を車に乗せてくれました。
そして、管理人はそのまま若洲海浜公園へ自転車で向かいました。
14時に到着しましたが、今日も堤防とキャンプ場前は大盛況でした。

人工磯
管理人は迷わず人工磯へ向かいます。
夕方に満潮を迎える大潮です。
風はあるものの、それほど気になりません。


前回までの釣行日記を読み返すと、 針掛かりしませんでした。 と何度も出てきました。
というわけで、針を6号と小さめにし、3本針の胴付仕掛けですが、上2本の針にはオキアミ、下の針には青イソメを付けました。
オキアミは匂いが気になるので、付け餌として利用したことが今までなく、敬遠してきたのですが、人工磯の釣行を重ねていくうちに、オキアミの効果を試したくなりました。

まだまだ潮は満ちていないので、沖に突き出た岩に飛び乗り、糸を垂らします。
すると、すぐに当たりがありました。

コショウダイ
10cmに満たないコショウダイが釣れました。
青イソメを捕食していますので、底の方の針ですね。

コショウダイ
青イソメだけではなく、オキアミも捕食しました。
コツコツと餌にちょっかいを出してくるのは、コショウダイの赤ちゃんだったようです。

人工磯
15時を過ぎるとだいぶ涼しくなってきます。
上着が必要です。
夏に比べると家族連れは減ってきたかな・・・


満潮に近づいてきて、2.1mの万能竿ではなかなか釣り難くなってきました。
良い場所がないか探していたところ、ちょうど飛び移れそうな岩を発見。
陽が傾くまで竿を出し続けることにしました。
16時以降は当たりがない状態が続きます。
釣り人がやって来ては、根掛かりに嫌気をさして帰っていきます。
分かります、その気持ち。
管理人も試行錯誤の末、今日は快適な釣りを人工磯で楽しんでいます。

人工磯
さあいよいよ陽が落ちてきました。
17時を過ぎて集中力を高めます。


するとコショウダイとは違う当たりがありました。
グングンといった元気な当たり、針掛かりしたのでリールを巻くと少し重みがあります。

メジナ
待望のメジナでした。
オキアミを捕食しています。
木っ端サイズですが、嬉しいです。
感謝しつつリリースしました。

クロダイ
続けて当たりがあり、少し走る感じがありました。
クロダイでした、サイズは10cmほどです。
こちらもオキアミを捕食していました。


チビクロダイは針を飲んでしまい、お亡くなりになりました。
とても罪悪感にかられ、衲竿することにしました。
写真だけは撮らせてもらいました。

昼はオキアミ、夜はイソメとよく聞きますが、オキアミの食いは良かったと思います。
ただし、たまたまタナが合っただけなのかもしれません。
メジナにも出会えたので、とても良い釣行でしたが、クロダイの命を奪ってしまったことが心にずっしりと残ります。
というわけで、次回は針のサイズを元に戻したいと思います。

釣りをはじめて一年


  • 日付:9月20日(土)
  • 時間:11:00〜14:30
  • 天候:曇り
  • 満潮:2:14/15:33
  • 干潮:8:33/21:17
  • 潮回り:中潮
  • 場所:葛西海浜公園


早いもので釣りをはじめて一年が経ちました。
一年前にはまったく想像もしていませんでしたが、釣行日記を読み返してみると、二児の父親としてはかなりな釣行回数だなと思います。
管理人を釣りの世界に導いてくれた長男は、今や少年野球で忙しく土日はほとんど家にいません。
「あったらいいなと思うもの」というテーマで、「パパを釣りに行かせないマシン」と書いてあった学校のプリントを見て、これは冗談なのか心の叫びなのか考え込んでしまったのが懐かしく思います。

今、管理人の釣りの相棒は次男坊です。
前日には 明日は海だから楽しみ〜 と言っていたかと思えば、当日になったら やっぱり行くのやめた。 とか、かなりなマイペースで振り回される日々ですが、ブツブツ言いながらも付き合ってくれます。
今日も月曜日の釣行で残った青イソメをチェックしたところ、活きは悪いものの、生きてはいる状態で、ハゼくらいなら釣れるだろうと、癒しの釣りへ出かけることにしました。
釣りに行く代わりに500円以下の玩具を買う。 という条件で次男と合意し、10時頃に自宅を出発。
途中、おにぎりとお茶でも買おうと立ち寄ったミニストップで・・・

妖怪カード
妖怪ウォッチとりつきカードが売っていました。
これで次男のテンションは急上昇。
平和な一日が過ごせそうです。

入口
やって来たのは一ヶ月ぶりの葛西海浜公園。
海水浴シーズンではないためか、人もまばらでした。

海水浴場
釣り人も数人程度です。
若洲と違い、ゆったりと釣りを楽しめるので子供連れには助かります。

海水浴場
今日はどんより分厚い雲に覆われていました。
たまにポツポツと雨が落ちくるコンディションで、9月下旬にしては肌寒いです。

マリンシューズ
それでもマリンシューズで海に入る管理人。
ちょっとしたサーフ気分を味わえます。


先月は10cm前後のハゼが、飽きない程度に釣れて、楽しい思い出となりました。
今回も当然、釣れるものだと思いながら、仕掛けを用意しつつ、唐揚げサイズも期待します。
しかし、当たりがなかなかありません。
たまにある当たりはとても弱いものです。
釣行開始から30分でようやく一匹目が釣れました。

ハゼ
可愛いサイズのハゼです。
とても唐揚げサイズではありません。


その後は当たりすらない状態が続き、次男坊様も飽き気味に・・・
お昼で小休憩をとり、午後に期待したのですが、状況は変わりませんでした。
活きの悪い青イソメではダメかなと思ったのですが、今日は周りもあまり釣れていませんでしたね。
垂らしを長めにしたりと試してみましたが、当たりはあるものの口切られたり、釣果につながりませんでした。
寒いからハゼもどっかに行っちゃったんじゃない。 と次男は分析、ポテトチップスタイムになり、竿を放置でひとりポリポリ。
癒しの釣りに来たつもりだったのですが、意外にもハゼ一匹という渋い結果に終わってしまいました。

潮も満ちてきたので、14時30分に衲竿。
釣果はイマイチ、トボトボと帰宅すると、元気な長男が野球の練習から帰ってきました。
明日は午前中練習が休みだから、新しいバットを買いに行きたい。 と目をキラキラさせながら言われてしまいました。
一年で子供は大きく変わるものですね。

若洲人工磯が面白い!


  • 日付:9月15日(月)
  • 時間:11:30〜17:40
  • 天候:晴れ
  • 満潮:9:06/20:08
  • 干潮:2:40/14:21
  • 潮回り:小潮
  • 場所:若洲海浜公園(堤防・人工磯)


今日はカミさんが子供たちを連れて野球観戦だそうです。
長男だけを連れて行くことが多いのですが、今日は次男坊も連れて行ってくれるということなので、またまた若洲海浜公園へ出かけることにしました。
本当であれば、数日前からあれこれ計画を立てるのですが、釣行予定がお昼前から夕方までという最も期待薄な時間帯なので、なかなか目標が定まらず。
結局、秋本番に向けて午前中は堤防で投げ釣り、午後から人工磯で磯釣りを楽しむことにしました。

バスに揺られて、若洲海浜公園に到着したのは11時頃。
予想通りと言いますか、キャンプ場前も堤防も激混みです。天気もよく、風もない、絶好の釣り日和ですから仕方ありません。
堤防の先端まで歩いて竿を出すことを決意。テクテク歩いていくと、皆さんサビキ釣りでサッパが好調のようでした。
好調といっても一人何十匹も釣れているわけではありません。バケツに入っているのは多い方でせいぜい5、6匹程度でしょうか。
まあ、お持ち帰りする人はすぐに釣った魚をクーラーボックスに閉まうのでしょうけど・・・
それでも釣った魚と記念撮影におさまるファミリーなど、楽しそうな雰囲気をあちらこちらで見受けられました。

堤防
堤防の先端付近まで歩いてきました。
真夏ではないので、それほど苦になりませんでした。
ようやく竿を出せるスペース確保です。

堤防
今日は久々に堤防の様子を探りたくて投げ竿を用意してきました。
ここのところ水温は安定してきていますが、シロギスは戻ってきてくれたでしょうか。


一ヶ月ぶりの投げ竿、やはりキャストがぶれます。
秋に向けて練習です。
当たりですか?予想通り全くありませんでした。
まあ真昼間でしたし、もともと期待していませんでしたし・・・
近くではヘチ釣りのお兄さんが、型のいいメバル?かな、釣り上げていました。
13時頃、諦めて投げ竿を仕舞い、人工磯へ移動しました。

人工磯では多くの家族連れがカニ釣りや、ウキ釣りを楽しんでいました。
しかし、竿を出すスペースはあります。
管理人の竿は2.1mのコンパクトロッドなので、磯では干潮から数時間が勝負となります。

人工磯
今日もゲートブリッジ高架下を中心に攻めます。
性懲りもなく胴付仕掛けを投入。
なんとなく地形を理解してきたので、根掛かりの頻度は以前より減ってきました。

人工磯
管理人は当たりがあるものの、針掛かりしません。
周囲は小さめのメジナがよく釣れていました。
手前数m程度、タナも50cmほどのようでした。


当たりはあるので、堤防よりも楽しいですね。
潮が満ちてきて、だんだん釣り難くなってきました。
遠目にキャストするとすぐに根掛かりしてしまうので、穴釣りのように、探りながら攻めていきます。
う〜ん、磯竿が欲しい今日この頃です。

17時頃、ようやく魚が針に掛かりました。

クロダイ
姿を見せたのは、意外にも手のひらサイズのクロダイでした。
チンチンにも満たない可愛いサイズですが、カッコイイ魚です。
少し観察してリリースしました。


しばらく続けていると、また当たりが。
こちらもなかなか針掛かりさせることができず、苦戦しましたが・・・

コショウダイ
お次はコショウダイでした。
こちらも手のひらサイズです。
傷付けてしまい、なんだか罪悪感にかられます。


近くで穴釣りをしていた少年が興味を示していました。
逃がしちゃうならちょうだい。 と声を掛けられたので、
まだまだ赤ちゃんだから、最後に逃がす約束を守れるならあげるよ。 と言うと、
え〜、それならいいです。 と言うので、
それじゃあ逃がしてあげてごらん。
と言ってコショウダイを手渡しして、リリースを手伝ってもらいました。

17時10分頃、丁度最後の仕掛けをロストしました。
バスは17時49分なので、堤防の付け根でヘチ釣りでもして時間を潰すことにしました。
まだまだ堤防は混み合っていましたが、ちょうど竿を出したい場所が空いていました。
一度だけコンコンときましたが、針掛かりせず。
17時35分に衲竿としました。

帰りのバスを待っていると、人工磯で話した少年が立っていました。
手にはお魚図鑑が、本当にお魚が好きなんですね。

さて、目標にしているメジナとは今日も出会えませんでした。
それでも、明るい時間帯での釣行としては、まずまずだったと思います。
堤防はまだまだ秋モードではありません、投げ釣りの方も数える程しかいらっしゃいませんでした。
もうしばらく、人工磯を楽しみたいと思います。

若洲堤防でセイゴが入れ食い?


  • 日付:9月10日(水)
  • 時間:16:00〜17:50
  • 天候:曇り時々雨
  • 満潮:5:17/17:50
  • 干潮:11:43
  • 潮回り:大潮
  • 場所:若洲海浜公園(堤防)


管理人は午後お休みを頂き、運転免許証の更新に行ってきました。
幸い江東免許試験場が自宅近くにあるため、ささっと終わらせてまた若洲へ出かけようと考えていました。
しかし、通知ハガキを改めてみると、講習区分が「違反」になっていました。
スピード違反一回で「違反」ですか・・・手厳しいなあと思いつつ、講習の時間を見てみると2時間とある。
天気予報を見ると、しばらく晴天だった予報がいつの間にか雨マークに変わっている。
青イソメは昨日購入してしまったけれど、行けたら行こう・・・という気持ちで免許試験場へ。

平日のためか、空いています。サクサクと手続きが進んで、講習受付の窓口に着いたのは12時25分くらい。
違反の講習なら今やっていますから、どうぞ入ってください。 と、12時20分の講習に入れてもらいました。
お陰さまで新しい運転免許証が手元に届いたのは14時30分。
外を見ると太陽が出ているし、やっぱり行こうかな・・・
カミさんが作ってくれたおにぎりを食べて、若洲へ向かうことにしました。

バスに乗っていると、だんだん雲行きが怪しくなってきました。
若洲へ着く頃には、バスの窓に雨粒が・・・

人工磯
とりあえず人工磯に向かいましたが、風が強くて波が岩に当たり、飛沫を上げています。
釣り人は何人かいましたが、管理人はそそくさと退散を決めました。

人工磯
大潮の日、満潮近くになると、人工磯の道は海水に浸かります。
仕方がないので、岩場を歩いて堤防へ戻りました。


キャンプ場前は数人、堤防はどうでしょう、ざっと10人程度でしょうか。
週末とは異なり、閑散としていました。
せっかく来たので、少しでも釣り糸を垂らそうと、堤防の付け根でヘチを胴付仕掛けで探ることにしました。
男性に声を掛けられ、 よかったら使ってください。 と青イソメのパックを貰いました。
でも、よく見ると活きがよくない・・・
きっとコンクリートの上に、パックのまま放置だったのでしょう。

海面に目を移すと、何やらキラキラしています。
小魚の群れを確認できました、イナっ子ではありません。
そこへ仕掛けをスルスルっと落としてみたところ、すぐに当たりがありました。

セイゴ
20cmほどのセイゴです。
一投目で即当たりというのは、若洲では初めてなので、少し驚きました。


その後も10分に1回は当たりがありましたが、なかなか針掛かりしません。
隣から 当たりはあるんだけど、針に掛からないんだよな〜 という大きな声が聞こえてきました。
一瞬話しかけられたのかと思い、 僕もそうです と答えようかと思ったのですが、おじさんのただの独り言だったようです。

確かに、どこへ仕掛けを投入しても当たりがあります。
おそらくセイゴだと思うのですが、サイズが小さいのでしょうか。
楽しかったので、このまま釣りを続けたかったのですが、空を見上げると、ピカピカ光っています。

堤防
周囲も帰り支度を始めました。
夜釣りまで敢行する予定でしたが、雨では仕方ありません。
体調を崩すわけにはいきませんので、素直に撤収することにしました。


平日、バスで帰宅するのは初めてです。
途中、けっこう会社員の方たちが乗車してきて、あっという間に満員になりました。
大きな荷物を運ぶ場合は、少し時間帯を気をつけなければなりませんね。

中途半端な釣行になってしまいましたが、また週末に再挑戦したいと思います。
今まで何度も若洲へ来ていますが、これほど生命反応を感じられた若洲は初めてでした。

メゴチ?マゴチ?


  • 日付:9月6日(土)
  • 時間:15:00〜17:00
  • 天候:曇り時々晴れ
  • 満潮:1:37/15:46
  • 干潮:8:41/21:13
  • 潮回り:中潮
  • 場所:若洲海浜公園(人工磯)


管理人は最近、若洲海浜公園の人工磯に惹かれています。
午前中は、長男がお世話になることになった少年野球チームの「野球教室」に家族で参加。
午後は家でアナと雪の女王のDVDを鑑賞するということなので、管理人は釣りに出かけることにしました。
バス釣行の味をしめてしまった管理人は、今日も近所のバス停に並びます。

15時頃に若洲海浜公園へ到着しました。
今日の釣行は2時間程度を予定しているため、人工磯オンリーです。

自販機
アイスの自販機が秋バージョンに衣替えしていました。
ということは夏限定ではないのでしょうか・・・
売れ行きは好調のようです。
売り切れランプがけっこう点灯していました。

堤防
今日も堤防は大盛況。
サビキ釣りの方が大半でしたが、皆さん釣れているのでしょうか。
湾奥ですから回遊魚の群れは入りにくいように思いますが・・・

人工磯
今日も先週と同じ場所に釣り座を構えました。
満潮に近い時間帯ですが、前回の記憶を必死に蘇らせ、岩場や根があった場所をイメージします。

人工磯
人工磯は相変わらず人はまばらです。
風が適度に吹いて気持いいのですが、たまにポツポツ雨が落ちてきます。
滑って海に落ちないように気をつけなければ。


実釣開始。

今日は胴付仕掛けと穴釣り仕掛けを持ってきました。
まずは穴釣り仕掛けに軽めの中通し錘を付けて、近場に落としていきます。
管理人は2.1mのコンパクトロッドです、ご察しの通り、磯ではまったく戦力になりません。
しかし先月、秋に向けて投げ竿を購入してしまったので我慢です。
底に仕掛けが着底すると、すぐさまダボハゼ、ドロメ、カニの餌食に。

お隣のカップルは女の子が餌を見ては キャーキャー 言ってました。
そしてドロメを釣って キャーキャー 言ってました。
反対側のご家族はお母さんが足を滑らせて キャーキャー 言ってました。

盛り上がる周囲をよそに、管理人は胴付仕掛けを投入。
錘はナス型の1.5号にしてみました。
根掛かりはありましたが、前回よりは軽減できたような気がします。
5mほど投げてみたところ、当たりが連発したのですが、針掛かりしませんでした。

胴付仕掛けを全てロストしてしまったため、再び穴釣り仕掛けにチェンジ。
近くの岩場周辺に落としてみたところ、ダボハゼとは違う当たりが。 リールを巻いてみると20cm近い魚が上がってきました。

マゴチ
一瞬ハゼかと思いましたが、触るとヌルヌルしていました。
マゴチかメゴチですよね。
どちらにしても初釣果です。
少し観察してからリリースしました。


なかなか面白い魚に会えたので、前の岩に立って餌を落としてみたりと、色々と試してみましたが、その後は当たりがありませんでした。
穴釣り仕掛けを全てロストした時点で17時。
帰りのバスは17時28分ですので、ここで衲竿としました。
なんとなくゲートブリッジ高架下周辺の地形が分かってきました。
チヌ様とは言いませんので、次回はメジナが釣れたらいいなと思います。

帰りのバスの中、スマートフォンで調べてみました。
「メゴチ マゴチ」で検索すると、すぐに見分け方が出てきました。
管理人が釣った魚はおちょぼ口ではないので、マゴチでしょうか。
あの魚が成長すると50〜60cmクラスになるのですか、元気に育ってほしいと思います。

>>先頭に戻る