自然のバランス

ギザのピラミッドと合掌手を開いた手の形状との不思議な符合


「手 」の優れたと技の裏付けの要素のなかには、正しい姿勢(正中線)から起こる腰の捻り(細振動回転運動)と丹田で練られた力(内勁)があります。 十分な練習を積み少なからず自分の技に自信が付いてきた時、身体に感じる一つの変化に「体のキレ」という感覚が生じます。 これは言い換えれば「腰のバネ」です。
「腰のバネ」は、シャープな腰の捻りと丹田で練られた気の力が不可欠ですが、 あと一つ重要なものがあります。それは裏丹田にある「仙骨の働き」です。 国内の医学では、仙骨は不動の骨と定義されあまり注目されない骨です。 しかしながら、カイロプラクティックや東洋医学では、 「神経圧迫(サブイラセクション)を引き起こ根本原因は殆ど仙骨及び頸椎の歪みに存在する」、「"気"という生体工ネルギ一波は、骨盤の中央にある仙骨から始まり、 脊椎の中心を通って百会(ヒャクエ・頭頂)へと流れ全身に放射される」として非常に注目し重視するのです。
正しくバランス調整された仙骨には、代替医療が重視する大きな自然治癒の力が潜在し、且つ又、腰のバネが十分溜められた裏丹田からは、腕力や筋力だけにたよる技とは異なる独特な貫き通すパワー、拳法では『
発勁』と呼ぶ勁(ちから)が生まれのです。

私は、上写真の両手間にある三角の形状を「仙骨」とし、身体バランス調整の時に役立てています。




導引 漢方 カイロプラクティックとは 仙骨の話 龍精唐手の響