神戸空手道連盟 大成塾

大成塾概要指導者紹介修行の目的

大成塾とは



力で相手を倒すのではなく、技(スピ−ド、角度、タイミングの複合)で相手を制圧する技術を取り入れています。
武道というのはスポ−ツと違って心の鍛練もすることが出来ます。
大成塾で空手を稽古する事により、健康で長く続けられる武道(空手道)を目指しております。
時代が混沌としている中、失われつつある日本古来の武道精神を少しでも多くの人に伝え、健全な青少年を育成して、実社会に役立つ空手道の発展を目指しております。



大成塾が考える空手道



  空手道(武道)を修行する意味


  武道において必要とされるのは、心・技・体のバランスです。
  これは社会におけるビジネスもしくは学校における教育過程等全てにおいて必要なことです。



常に平常心を保ち正しい手法を瞬時に判断する事が出来る強い心。

緊急時に自分自身の身を守る事が出来る技

人間力学的に基ずいた理にかなった動きをする為の体力



常に心・技・体のバランスを保って正三角形が少しずつ大きくなる様文武二道を持って万般に通じる事が修行の本当の意味です。



                           (活動内容)
        ・地域主催のイベントに積極的に参加し、地元の方々との交流を深める活動も行っています。
        ・防犯セミナー、護身術の実演、大学教授による体育理論のセミナーを実施しております。
        ・神戸まつりでの演武を毎年実施協賛させて頂いております

大学教授による公演風景 護身術実演体験
社会貢献の一環として献血を行っています。
公民文化祭 演武風景 神戸まつり 演武風景






Copyright (C) taise-juku. All Rights Reserved.