image
image
  RGB=画面の色 CMYK=印刷インキの色
どちらも【 色 】を表す用語ですが、その性質は大きく異なります。
ここではその違いについて、ご紹介させていただきます。
   
line-01
line-01
 
image
それぞれ【 原色の頭文字 】をとった略語で、
image
と表されます。
 

RGテレビやパソコン画面を表示するための色(光の3原色)で、デジカメ写真や資料作成ソフト(例えばOffice系ソフト、一太郎)などで使用される色です。たいへん幅広い色彩を表現できますが、その表現力は【 画面表示のみ 】に制限されます。

CMYカラー印刷をするための色(印刷の4原色)で、わずか4つのインキで様々な色彩を再現することができます。しかしながら蛍光色や金のような発色を表現することはできず、さらに第5の色、第6の色を追加するケースもあります。またデジカメ写真や資料作成ソフトで作られた“RGB色”についても、そのまま再現することはできません。

そのためデジカメ写真やOffice系ソフトで作られたRGBデータを印刷に使用する際は、

比較的近い色に置き換える 】という作業をする必要があります。
下表は原色RGBをCMYKに変換した際、どの程度変化したかを示すものです。
image
とくに蛍光色の強い【■G=グリーン】や【■B=ブルー】は変換後くすんだ印象になりやすく、画面上のイメージと大きく異なる場合があります。RGB色で制作したデータを印刷物に転用する際は、この点を考慮、確認しつつ作業を進めることが重要です。
 
※RGB(Office系ソフトなど)で作成されたデータのご入稿につきましては、【 ご入稿について 】をご覧下さい。