image
image
  繰り返し読めることを前提とした、複数のページからなる商品です。
4〜8ページのような小冊子、100ページを超える資料本のほか、医療機関で用いる記録用の手帳など、数多くの種類があります。
   
line-01
line-01
   
image
 
表紙と本体をのりで接着・固定させる製本方法。
少数ページから100、200を超えるページまで対応できるため、一般的な製本方法として用いられています。またページの途中に異なる紙(色上質の間紙、カラーページなど)を挿入することもできます。
主なサイズはA4。
 
 
line-02  
image
 
紙面を二つ折りにし、“ 背 ”の部分を針金で固定する製本方法。
丈夫で180度見開くことができ、無線綴じ製本よりも読みやすいのが特徴。しかし紙を重ねて針金を通す性質上、あまり分厚くすることはできないため、最大【 表紙を含む40ページまで 】となっています。カタログや企業用パンフレット、また手のひらサイズの小冊子などにも向いています。 主なサイズはA4をはじめ、変形サイズなど様々です。