アトリエ青葉台設計主旨




久々な実作は、設計者の実家の建て替えで、2戸の賃貸長屋となります。
構想段階から実に4年が費やされた苦心作で、コロナの品不足、ウッドショックを乗り越えて完成しました。

立方体の吹抜けを持つ2つの住戸は背中合わせに対称なプランとなっています。
吹抜け部の階段手すりは黒い正方形の壁となっていて、その存在感を示します。

立方体の空間上部はギザギザの形をしたトップライトとなっていて、
北側からの光が年間を通して安定して取り込まれます。

リビングの床はコンクリートの土間となっていて、玄関は存在しません。
通常の住居以外にも、作業場、オフィス、アトリエ、スタジオ、ギャラリー、教室、カフェなど
多様な用途に対応できる場所としています。

この建物は設計者の最終作となる予定です。
建築の設計というのは体力と精神力が求められるもので、
自分ひとりで対応していくのには年齢による限界を感じました。

今回の設計が屋根のみで遊び、それ以外は全て直交座標に乗っているのも
そうした事情から来ていると言っても良いかもしれません。


The recent work after a long blank is two lease tenement houses by the rebuilding of the parents' house of the architect.
A difficult project that took 4 years from the initial design stage completed beyond covid's lack of product and woodshock.

Two dwelling units having the living space of the cube is the symmetric plan back to back.
The stairs handrail is the wall of the black square and shows the presence.

The space upper part of the cube is the burr-shaped top light, and the light from the north side is stable, and it is taken in through the year.
The floor of the living is the concrete, and the independent entrance area does not exist.
As well as a normal house, It can support a workshop, an office, an atelier, a studio, a gallery, a classroom, a variety of uses including the cafe.

This building is will be the last work of the architect.
Physical and spiritual strength were demanded from the design of the building, and I felt a limit by the age to cope oneself alone.

This design is idle only on a roof, and it may be said that it is it from such circumstances to get all on an X-Y coordinate system other than it.

(22/09/18 h.taki)



back