低温火傷




*低温火傷 MOTアニュアル2000/東京都現代美術館
000326まで/月休0320開0321休/10:00-18:00(-21:00金)/500円

出展者は平川典俊、高島陽子、ホンマタカシ、中村政人、守章、木村太陽。
1960-70年生まれの比較的若手です。

結構面白かったです。
全体的に展示や空間の使い方がうまくて、
一見、日本の作家だとわからないかもしれません。

気に入った展示は中村政人と、木村太陽。
中村氏のマクドナルドは一度実物を見てみたかったものです。
ネオンサインの輪のなかに入ると意外と心地よくて、
それは「M」が「アーチ」に変換されているからかも。
コンビニ看板のほうもいいですが、
世界のどこででも理解されるものではないですね。

木村氏のほうは館内の感想ノートでも人気あり。
ちょっとグロいですがインパクトあります。
太ったおじさん(?)からは方力鈞の坊主頭を連想しました。
こちらのほうは被害者的な哀れさがありますが。

守氏の展示には最近の若手には珍しく尖ったところがなく
やさしい感じに好感を持ちました。

ホンマ氏は最近よく名前を聞きますが、
郊外や凡庸なもののありのままを撮る人は以前にもいたし
私はよくわかりません。
子供の写真はリアルな描写にも見えますが、
演出も入っている気がして、どんなものだろう。

平川氏の作品はわかりづらい。
パンフレットを見るとなるほどと思いますが、
そうしないととっかかりがない展示というのもどうなんだろう。

(00/01/31 h.taki)



back