第6回ジャパンアートスカラシップ




*第6回ジャパンアートスカラシップ グランプリ作品発表展覧会
青山スパイラルガーデン/991110まで/11:00-20:00/無料

直径8mの水のドームの中に入る空間体験型の展示。
ドームの水面にはCGで描かれたパターンが投影されています。

まず私は昼に見ましたが夜に見たほうがいいでしょう。
トップライトからの光でCG映像が見づらかったです。

会場には1次審査の通過案の模型も並べられています。
そのなかでは一番、実物を見てみたいと思わせるのが当選案でしたが
実際にできたものは残念ながら模型から期待したものとは遠いです。
もっと水が膜のように見えればいいのですが、
難しいのか、しぶきのようになっていました。
それとも私が見に行ったときは調子が悪かったのか?
CGもドームのよさを際立たせているとは思えず
せっかく苦労して作っているのにもったいない感じがしました。

ところでこの企画の展示を見る度に思うのですが、
社会に対する発言や批判などよりも
空間体験の面白さを第一に考えたような、
ゆえにアートとは呼びづらく、用途がないため建築でもなく
かといってそれだけで収益があるアミューズメントでもない
その中間にあるあいまいな、しかし大がかりでコストがかかる
こうした展示というのはなかなか実現する場がありません。
グランプリ作品がリメイクされたという話も聞きませんし。

私は空間の面白さ、可能性というものを
もっと一般にも知ってもらいたいと思っているので、
こうしたジャンルは確立され、浸透していって欲しいと思っています。

それにはまず名前を付ける必要があるでしょう。
さて、どんな名前がいいだろう…。

(99/11/03 h.taki)



back