養老天命反転地




養老天命反転地 9:00-17:00 月休
近鉄養老線 養老駅 徒歩10分

とにかくデカい。 丘を越えて全貌が見えると圧倒されます。とても複雑だし。
それに危ない。
私が行った日は半分雨で滑りやすく、なにげなく出現する急斜面は恐怖でした。
床はコンクリートが多いので、頭打ったら結構ダメージ大きいでしょう。
ヘルメットと運動靴を貸し出しているわけがよく分かりました。

斜めの建物に入っていると本当に平衡感覚がなくなってきます。
風景はもちろん歪んでいるのですが、どこか懐かしい感じもしました。
「ムカデがいる」地霊は工事中で入れなくて残念。

極限で似るものの家は本体から少し離れたところに建っているのですが、
廃虚のようで、さらに迷宮のようでシュールな感じも受けました。
雨が降っていてそれが騒がしくたれる音とあいまって、
その空間はどこか「ノスタルジア/タルコフスキー」を彷彿とさせました 。

養老天命反転地オフィスはその隣、
もともとオフィスとして建てたものを、記念館として開放しています。
上下に同じものがあるという点では極限で似るものの家と同様ですが、
あまり操作をすることなく、要素も絞りこんでいるためあっさりしています。
しかしあれじゃあ確かにオフィスとしては使いようがないなあ。

ともあれ、一見の価値あり、ですね。デートにも使えるし。



(97/09/16 h.taki)




back