Simon Patterson




*Simon Patterson -playroom of words and images
三鷹市芸術文化センター/三鷹市上連雀6-12-14
-981025/11:00-19:00/free

彼の展示を見るのはこれが初めて。

地下鉄の路線図や元素記号の表など
普段見慣れている図表のことばの部分だけを
人名や星の名前などに入れ替えてしまう。
肖像画の代わりにその人名だけがカンバスに記されている、など。

こちらも言ってみれば「だからどうした」なのですが
ユーモアがあるし、ポップアートっぽいところが結構好きです。
肖像画なんかを見るときは絵を見ているのではなく
実は人名を見ているのかもしれないなあ、などと気付くところもあって。

しかしこれを日本語でやろうとしたら多分うまくいかない。
実際、ワークショップで制作されたものが参考に
展示されていましたが、やはりちょっと辛い。
日本人作家が英語を使ってやってもどうかな。
アルファベットを使う文化圏の人だからできた美術かもしれません。

奥のほうの会場では器が展示の足を引っぱっているのが残念でした。
ここはホールは立派そうなのに、ギャラリーはなんか
館内の場所も含めて寂しいです。


(98/10/20 h.taki)




back