James Turrell展




*James Turrell展/世田谷美術館
981018まで/10:00-18:00 -20:00(sat)/第2、第4月休/800円+α

以前、水戸芸でやったものと部分的には重複していますが、
種類は多くなっていて、水戸芸体験者も見る価値はあると思います。

「アパチャー」と「ウエッジワーク」は基本的に水戸芸時と同じですが、
「アパチャー」は光量を自然光を取り入れることによって変化させていますし
「ウエッジワーク」も若干バージョンを違えているようです。
インスタレーションは水戸芸にもあったこの二つの他に2点追加されていて、
かわりに「プロジェクションピース」はドローイングのみとなっています。

体験型の展示は水戸芸にもあった「ガスワークス」があり、
「ソフトセル」が部屋状になったような「ブラインドサイト」の他、
「ガスワークス」の小型版の「テレフォンブース」、
光を頭頂で感じ取る「ライトサロン」があります。

体験型展示は当日の予約制なので「ガスワークス」はかなり早く、
「ブラインドサイト」も早めに行かないと予約が埋ってしまうようです。
特に土日は混むので要注意。

私はタレルの光のインスタレーションは大好きです。
展示室に流れるゆったりとした時間は、別世界にいるかのようです。

体験型のほうは人によって感じ方がだいぶ違うようで、
私は結構辛かったりしたのですが、よかったという人も多いので、
一通り体験してみることをお勧めします。


(98/09/03 h.taki)




back