オスカー・ニーマイヤー展




*オスカー・ニーマイヤー展/東京都現代美術館
 151012まで/10:00−18:00(−21:00金、9月まで)/月休、0924休/1100円

入場料を見て安いと思ったのですが案の定、展示は少なく企画展示室の地下1階のみです。

カタログさえつくられていません。ナディッフで1997年のギャラ間でのカタログを見ると
今回の展示範囲は網羅されているので、その時見た方には目新しさはないかも。

会場構成はSANAA。特徴的なのはスケールの大きめな模型。特にイビラプエラ公園
の模型は1/30で靴を脱いで上がれます。有機的形象のピロティがSANAAと被って見えますが
おそらく気候による要因が大きく、むしろ象の今帰仁村中央公民館が近いか。

あと見どころはドキュメンタリー映像。結構長いヴィデオでニーマイヤーのキャリアを
時間軸に沿ってほぼ網羅しています。基本的に貧困を嫌う自由人ですが、コミュニスト
でもあり、ブラジリアでは結果的に挫折し、軍事独裁政権時はパリに亡命しています。

最後の方にキューバのカストロ元議長との面談の映像がありますが、
結果的にキューバには移らず、ブラジルに骨を埋めたあたりは、
政治信条より創作環境を優先したのかもしれません。


(15/07/23 h.taki)



back