高橋公子さん




高橋公子さんに関する書物が届きました。
詳細に渡る記述で、変奇館の真実も明かされています。

まず、変奇館の竣工時の写真を拝見。1969年竣工。
現代の感覚からするととてもモダンなデザインに映ります。
当時平行して設計が進んでいたIs邸やKi邸と比べても仮設性が薄まり
この写真を見る限りではCSHのような高級感さえ漂っています。

しかし山口瞳は反発した。「透け透けのガラス箱に入れられて堪るか!って」
いやあ妹島さんに聞かせたいです。こういう感覚のひともいるのですね。
変奇館という名前はこの外観に対して付けられたものでした。なんとも意外です。

「家の真ん中にある半地下の部屋が食堂」とは道路に沿った建物と写真奥に見える
道路から直角に延びる建物、平面で言うと変形したT字のプランの直線それぞれが
半層スキップしているということだけです。操作としては至ってシンプル。

これも受け入れがたいものだったようで、山口さんという方は意外と保守的です。
ただ2回見舞われた食堂棟の水没というのは事実だそうです。

建物は1978年に高橋さんの手で増築されています。それがほぼ現在の姿。
食堂棟の上は増築を見込んでいましたが、居間の上には考えていなかったので
支持材として玄関のコンクリート壁が打たれました。
上部のヴォールト屋根は道路への圧迫感を避けるためと記述していますが、
おそらくは施主の好みに合わせたのでしょう。そこには高橋さんらしい繊細さはありません。

さらに1996年に長年の雨漏りを解決すべく、ヴォールト部分以外の屋根すべてに
勾配屋根がかけられたことにより、ぼくらの眼からすれば変奇館はその名の通りの風貌となりました。
内部は4層のフロアがスキップしていて迷宮性は増していることでしょう。

結局は趣味趣向の合わない施主と建築家の不幸な出会いだったとまとめられそうです。

ここでようやく高橋公子さんの経歴が明らかになりました。
彼女の師である池辺陽さんは建築メディアと度々摩擦を起こしていて、
愛弟子である高橋さんはその波をかぶってしまったのかもしれません。

1932年東京都世田谷区生まれ
1955年日本女子大学家政学部卒業、東京大学池辺研究室補佐官
1965年建築ユニット設計事務所設立
1987年日本女子大学家政学部教授
1997年死去

女性建築家でいうと女性建築家のパイオニア、林雅子さんが4つ上で同窓、
東大建築学科女性第1号の富田玲子さんは6つ下に当ります。

住宅の工業化を進めた池辺陽は1920年生まれ、広瀬鎌二は1922年生まれ。
海外ではジャン・プルーヴェは1901年生まれ。ピーター・スミッソンが1923年。
ケース・スタディ・ハウスのピエール・コーニッグが1925年生まれ。
皆、モダニズムが終わると同時にメディアから姿を消しました。

少し遅れてきた高橋公子さんの年代だとメタボリズムが盛んだった。
建築の工業化を都市レベルにまで拡大させるものでしたが理論で終わることが多く
建築はじきにフォルマリズムに回収されていき、ポストモダンに移行していきます。
高橋さんはこの波には乗らなかった。

その後、1977年のポンピドー・センターにて「ハイテク建築」が再発見されるまで
高橋さんは師の教えを愚直に守り、住宅をつくり続けました。その数25。
SD誌1985年1月号にて彼女は「いまハイテックと言われても」という小文を寄せています。
管の家を見に来た富田さんが「ハイテック」と言ったのを受けてのものです。

その富田さんは自邸でユニット住宅であるセキスイハイムM1を採用し、1972年に建てています。
なので、その言葉は一種の共感だったのかもしれませんが、
彼女は象設計集団にて風土性を重んじたポストモダン建築をつくっていて
その2面を器用に使い分け、建築メディアに受け入れられていった。
一方高橋さんはそれができなかった。師と同様に世渡りが下手だったのかもしれません。

「ハイテク」という分野が認知されたあとでも結局その作品は明確に評価されることなく、
高橋さんは65歳で亡くなってしまいました。「メディアの近くにいなきゃダメだ」と生前語っていたそうですが、
それは自らの軌跡を振り返って同じ轍は踏ませたくないという教育者としてのメッセージだったのでしょうか。


(13/06/20-21 h.taki)



back