変人




King CrimsonのLark's Tongues in Aspicでパーカッションで参加しているJamie Muir。
あまりの破天荒さにアルバム収録だけで半年ほどで脱退。
するとつまらなくなったそうで、バイオリニストのDavid Crossも脱退してしまいます。
結果、King Crimsonの珠玉とも言えるメンバーはこのアルバム1枚を残して解散してしまいます。

このJamie Muir。ひとことで言えば変人。
YouTubeで唯一その姿を拝むことができます。ヒゲをはやしたオレンジパンツのひと。
http://www.youtube.com/watch?v=tCed47HdRu8

David Cross、楽しそうですね。辞めたくなったのもわかります。

社会には、一定の変人が必要だと考えます。
ぼくが最初に勤めた設計事務所には5年先輩にまさに変人がいました。
デザイン力は抜群なのにとにかく会社に来ない。
来るのは給料日だけ。で、ちょっと徹夜とかしたりしてすぐいなくなる。
会社の近くのホテルで知らない人たちと麻雀していたり。
とにかくいいかげんだけど女のひとにはもてて、初婚で離婚した後もすぐ再婚しました。

同じセクションにいたのでだいぶ迷惑は被っていたのですが、憎めない。
結局、会社として示しがつかないということで解雇になりましたが、
それからその会社は明らかにつまらなくなりました。
ぼくも未練はなくなり1年後には退社しました。

Jamie Muirとはその姿がかぶるのだな。容姿は異なりますが変人の匂いがします。

(11/04/23 h.taki)



back