昔乗ったオートバイ



自分の自転車の空白期にはオートバイを所持していました。
最初は200ccのオフロード、そのあと400ccのオンロードです。

YAMAHA XT200(1984-87)

4サイクル単気筒空冷エンジン。
大学2年時、当時は家族共有の50ccバイクに乗っていましたが
自分専用のものが欲しくなり、理由は忘れましたがオフロードに。
足付きの良さで200ccのXT、しかしモデルチェンジ前のものが欲しいと
思っていたところ、近所のバイク店でたまたまこの中古が出ていて即決。
新車定価26万円くらいのところを16万円で買った覚えがあります。

嬉しくて初日に裏山の造成地を走り回るも、50ccバイクと同じ感覚で
コーナーで車体を倒したところ、前輪が滑って低速転倒。
早速ブレーキレバー端が削り取られ、おまけに捻挫して、
しばらくバイクはお預け状態になってしまいました。

3年くらい乗ったかと思いますが、いろんなところへ行きました。
いちばんのロングライドは実家の横浜から青森の十和田湖まで14時間。
さすがに200ccオフロードで100km/h巡航はきつく、途中でガスケットから
オイルが漏れはじめ、エンジン音がバラバラとうるさくなってしまいました。

せっかくのオフロードなので、ウイリーやアクセルターンなどの
練習もしましたが、どうも前後方向のバランス感覚が弱いのか、
ウイリーは怖くて前輪を30cmくらいしか上げられませんでした。

メンテも自分でやって、身体になじむほどいい車だったのですが、
中学1年からの憧れだった、大排気量オンロードバイクへの欲望が抑えられず
400ccバイク新車購入時に下取りに出してしまいました。

オフロードバイクの乗り心地は自転車のMTBに似ていました。
小学生の頃「モトバイク」には憧れた覚えもあります。
なので今MTBが欲しくなりそうなものだけど、そうならないのは
やっぱり重い車体をこぐのが嫌だからなのでしょうか。




Kawasaki GPZ400R(1987-2003)

自分の2台めのオートバイで、社会人になって1年めに購入しました。
時はネイキッドバイクが出てくる直前、フルカウルの最終バージョンでした。
子供の頃からどうしても乗りたかった、4ストローク4気筒DOHCロードバイクです。

新車価格はおそらく60万円くらいしたかと思います。
家を除けば、生涯で最も高額な買い物となっています。
買った当日に相模湖までテストランに行って、クラッチの重さに腕の筋肉が
悲鳴を上げたのが懐かしいです。

しかし買ったはいいものの急速にオートバイ熱が引いてしまい、
泊まりがけのツーリングは皆無で、日帰りで水戸、伊香保、甲府あたりを往復するくらい。
高速道路に乗っている間、ずっと車体にへばりついているのが退屈でした。
また、徐々に体力や動体視力が衰えてきて、夜の高速や狭い首都高速に乗れなくなりました。

しかし何となく捨てられなくて、車検はユーザー車検で安く済ませ(それでも高い)長期間放置。
その間バイクカバーはかけていたのですが、雨水が侵入して
エンジンがダメになったり、バッテリーが上がるなんていうのもよくあることでした。

最後の方は転倒した車体を起こすことすらできなくなって、
結局16年ほど保持して「バイク王」に下取りに出しましたが、
ウインカーが立ち転けで割れていたこともあってか、その価格なんと5000円。
しかし持っていても金がかかるばかりなので手放したところ、
変な話ですが、とりついていた悪霊が消えたような感じがしてすっきりしました。

今後はもうオートバイに復帰することはないでしょう。




back