読めない本・新たな文字




*読めない本・新たな文字
三鷹市芸術文化センター/三鷹駅南口徒歩15分/月休/3月22日まで/11:00-19:00/無料

Xu Ping(シュウ・ピン)の展示が群を抜いて面白かったです。

漢字の「へん」とか「つくり」にアルファベットを対応させて、
その組み合わせで一つの「漢字」を創るという試みの展示です。

半紙に筆で書くというのも随分と久しぶりのことで、それだけでも面白かったですが
私は自分の名前のスタディをしてました。
「TAKI」は文字が少なくていまいちのものしかできませんでしたが、
「HIROAKI」の方はなかなかよいのができて満足。
要素を「へん」にするか、「かんむり」にするか「つくり」にするかで
かなりバリエーションができます。
ここら辺のスタディは建築のプランのバリエーションスタディに似ていて、
ちょっとはまるものがありました。

こういうものなら、書の美しさは感じていても漢字の意味が分からなくて、
引いて見ていてしまっているような西洋、その他の人達にも、
自らの手でそうした美を作り出せる機会を与えることができそうですね。
そういう意味では漢字の分かる自分らには
アラビア語編なんかがあったらさらに面白いかも。



(98/03/18 h.taki)




back