ジャン・プルーヴェ




*ジャン・プルーヴェ/神奈川県立近代美術館
 050116まで/9:30-17:00/月休、祝翌日休、1229-0103休/1000円

近代建築の建築家(1901-1984)で家具デザインもしています。
工業技術と建築の融合を模索した人で、少し前にハイテク派として知られた、
ノーマン・フォスターらの先達と位置付けられています。

まず展示なのですが、以前ここでバックミンスター・フラー展を見ていたので
いやな予感はしていましたが、的中。
年譜や文字だらけのパネル展示、再塗装もされていない家具の展示など
つっけんどんで、観客に興味を持たせようとする姿勢が見られません。
展示はまず、企画者自身が楽しんで作り上げていくべきだと思うのですが。

しかし、プルーヴェ自身も華やかな功績を上げた人ではないので
辛い部分はあるでしょう。
同年代で同様のジャンルの仕事をしたチャールズ・イームズと比べても
そのデザインは地味で武骨で見劣りします。
ディテールが貧相で、スケールがひとまわり大きすぎる感じ。
これは実際に建築の中に置かれると、あまり気にならないのかもしれませんが。

スケッチなどを見ても、真面目で不器用な人だったのだろうと感じます。
スマートで現実的なル・コルビュジェ、イームズ、
フォスターらの間に埋もれてしまったようです。


(04/11/23 h.taki)



back