セゾン現代美術館




*セゾン現代美術館/軽井沢町永倉芹ヶ沢2140
 現在の展示は041003まで/10:00-18:00/木休(8月無休、0923開)/1000円

現在は「世俗と超俗」というテーマで展示がされていますが、
通常のコレクション展と考えてよさそうです。

ざっと見た印象では、著名な作品が揃っているものの、
バブル崩壊期を境に収集がぱったりやんでいて、
「セゾン現代美術博物館」とでも称したほうがしっくりきそうです。

それでも、ここでしか見られないと思われる作品は多くて、
今回初めて実物を見たティンゲリーや、前にキーファー展があったときに
佐賀町で展示されていた鉛のベッドや、アバカノヴィッチの背中の彫像や。
ファンにはたまらなく、行ってよかったと思わせるものでした。

個人的にはあまり興味はありませんが、マン・レイのコレクションも豊富です。

環境で言うと、屋内展示空間は平凡ですが、外回りの庭園は豊かな林に囲まれた
緩やかなランドスケープに小川が流れ、安田侃やイサム・ノグチの彫刻が
点在している風景は、とても心地よい空間になっています。

行かれるときは、夏の晴れた日に、是非。


(04/08/09 h.taki)



back