クリテリオム53 澤登恭子




*クリテリオム53 澤登恭子/水戸芸術館
 030202まで

女性作者自身がテーブルの上の桃を手を使わずに
食べる様子を映したビデオインスタレーション。

展示室には桃の香が漂い、ぴちゃぴちゃという
桃を食べる音が増幅されていて、
総じて露骨に性的イメージを喚起しています。

試みは成功していると思うのですが、
「見世物」になってしまっているところがどうか。

ターンテーブルの上に蜂蜜を点滴で垂らし、
それを舐めることで、流れる音に変化を与えるという
パフォーマンスも見ましたが、最初は興味をもつものの、
「オチ」がないため徐々に興ざめしてしまうのも残念。


(03/02/02 h.taki)



back