カンディンスキー展




*カンディンスキー展/東京国立近代美術館
 020526まで/月休/10:00-17:00/1300円

まず作品数が少ないです。
展示は作家の中期までのもので、
完全に抽象に移行した、後期の絵画はありません。
それと、ひとつひとつの作品が習作のような粗い印象を受けました。
本気で取り組んでいると思われるものは少なかったです。

でも今回の企画の目玉である「コンポジション6」はよかったです。
画面の隅々まで注意が行き届いていて、全体の構図、バランス
陰影のグラデーション等においても、完成度が高いものでした。

意外だったのは、抽象画と平行して描かれていた風景画。
印象画風、もしくはフォーブ風ともいえるそれらの作品は
とてもうまく、完璧でこの作家の地力の高さを感じさせるものでした。


(02/05/14 h.taki)



back