あがりの自転車



2006年から続いてきた自分の中での自転車ブームが終わりつつあります。
これまで毎年つけていたツーリングリストが今年は空白のままです。
日常では固定車が足になっていて、自転車に全く乗らなくなっているわけではないですが。

5台の自転車のうちミニベロFATはおそらくいずれ売却。他の4台を見ると気にかかるのはSILK。
カーボンロードは別にあり、純国産車という縛りからほとんどいじってこなかった個体。
このまま15歳のときの記念をただ大事に保管していくのか。いや。

試しにサドルを3tttの新古品に替えてみたところ、随分と見違えた。
そこで、思い切って同時代のフレームを購入してパーツを載せ替えることにしてみた次第。



当初は3Renshoのような国産も視野に入れていましたが真贋の区別がつかない。
それよりポンドがだいぶ安くなっていたので、ebayでColnago、Cinelliあたりを検索。


このコルナゴは写真で気になる点はないことはなかったですが、
サイズと年代があっていたので決めました。送られてきたフレームの状態は悪くなかった。


おそらく街乗りピストとして使われていた個体のレストアものです。
フォークはもともとフレームと同色の赤で、後にメッキに出されている。
フレームはそれより後に厚めに塗り直され、その後に組んだ形跡は見られません。


規格の問題で、ヘッドパーツとBB、Wレバーとシートピンは別途調達となりました。
ヘッドとBBの作業は鳴木屋輪店さんにお願いしました。


・フレーム:コルナゴスーパー、1978−9年製、コロンバススチール、フレームサイズ520ミリ、イタリアンカットラグ、ボトルケージ台座、
 ワイヤーリード、Wレバー台座直付、フォークシルバーメッキ、100×126ミリ、2450g
・ヘッドパーツ:カンパニョロレコード
・ハブ:サンツアーシュパーブSFQR6段用、100×126ミリ、36H、553g
・スポーク:星ステンレス14番プレーン8本組、星真鍮ニップル、324g
・リム:アンブロシオモントリオール、チューブラー用アルミパイプリム、36H、410g
・タイヤ:ヴィットリオフォーミュラウノチューブラー、フレンチバルブ、300g
・チェーンリング:サンツアーシュパーブ、52T×42T
・クランク:サンツアーシュパーブ、170ミリ、930g
・ボトムブラケット:スギノMW70
・フリーホイール:サンツアープロコンペゴールド6段ボスタイプ、13×14×15×16×18×21T
・チェーン:ワイパーマンコネックス808、308g
・ペダル:三ヶ島ユニークロイヤルロード#2002、360g
・フロント変速機:カンパニョロレコード、99g
・リヤ変速機;カンパニョロヌーボレコード、1980年式、205g、プーリー Tacx
・変速レバー:カンパニョロレコード、直付けタイプ
・ブレーキ本体:ニューグランコンペ500SP、353g
・ブレーキレバー:ダイアニューグランコンペ160、アジャスター付き、パッドダイアコンペ、220g
・ハンドルバー:日東オリンピアードB115、w=370、320g
・ステム:ENE CICLO 100ミリ、262g、日東パール8、330g
・バーテープ:VIVAコットン ベージュ
・サドル:3tttスーパーレゲーラ 285g
・シートピラー:スギノマイティSP-IN、27.0φ、240g
・シートピン:スギノ19mmクロモリ
・ポンプ:シリカインペロ、フレンチバルブ用
・トウストラップ:ゼファールクリストフ
・ボトルケージ:スギノ軽合
  車体重量 約9.6kg


back