鍼灸 顎関節症 顎の痛み

はり・きゅう治療専門 水天宮鍼灸院
鍼灸 中央区

TEL:03-6808-7083(完全予約制)

お電話にてご予約下さい。

水天宮前駅徒歩4分 茅場町駅徒歩5分

住所:東京都中央区日本橋箱崎町1-11


○ 顎関節症 顎の痛み

「最近、どうも顎が痛い」とか「口を開けたり閉じたりする際に音が鳴る」あるいは「口を大きく開けられない」などの症状がある場合は顎関節症が疑われます。正式には、顎関節や咀嚼筋等の疼痛、関節雑音、開口障害または顎運動異常を主要な症候とする慢性的疾患の総括的な診断名であります。

原因は様々で、噛み合わせの不良や噛みしめ癖、片側だけで噛む、不良姿勢、精神的ストレスなどが考えられます。また、噛み合わせがズレたままでいると、無理な状態で噛むことで、顎を動かす関節や筋肉に負担がかかり、その結果、筋肉が疲労して首こりや肩こり、背中や腰の痛み、頭痛、めまい、耳鳴り、耳が詰まった感じ、手のしびれなど全身に様々な症状が現れます。

○ 顎関節のしくみ

顎関節は、側頭骨と頬骨の2つの骨でできている穴と下顎の両端にある関節頭、骨同士の間に関節円板というクッションからできています。顎の動きが正常な場合は大きく口を開けると下顎の関節頭が、関節窩から前の方に抜け出てくると同時に関節円板も常に骨と骨の間にあるように動きます。

顎関節のしくみ

口を開けるときには、開口筋(主に外側翼突筋と舌下筋群)の収縮がおこり、顎関節頭が前と下に移動します。口を閉めるときには、閉口筋(主に内側翼突筋、咬筋、側頭筋)の収縮が起こり、関節頭が後ろ上に戻っていきます。

このときも関節円板は常に関節頭を覆うように動きます。なので、この関節円板が前方にずれたままになってしまうと、口を開いたり閉じたりするときに音が鳴ったり、開けづらくなったりします。

○ 顎関節症の4つの種類

<Ⅰ型> 顎を動かす筋肉に障害が起こるもので、主に咀嚼筋に痛みが生じます。咀嚼筋とは口を閉じる筋肉でこめかみの辺りにある”側頭筋”や頬骨の下にある”咬筋”などがあります。口を開ける筋肉の、顎の後ろにある「顎二腹筋」や、首や肩の筋肉が痛むこともあります。

顎関節症の種類

<Ⅱ型> 顎関節を覆っている関節包や靱帯に障害が起こるものです。顎関節周辺に大きな負荷がかかって、ねんざを起こしたような状態になり、炎症による痛みが生じます。

<Ⅲ型> 関節円板が本来の位置より前にずれてしまうために起こるものです。口を開閉すると「カクン」と音がしたり、口を開けにくくなったりします。

<Ⅳ型> 骨に障害が起こるものです。顎関節に大きな負荷が繰り返しかかえって骨が変形します。下顎の骨の上部が削り取られたり、出っ張ったりし、口を開閉すると「ジャリジャリ」と音がしたり、物理的な刺激や炎症による痛みが生じたりします。

○ 鍼灸治療で使うツボや筋肉

顎関節症 ツボ

・下関(げかん)・・・頬骨弓中央で口を閉じるとくぼみ、口を開くと なくなる。対応する筋肉は咬筋、外側翼突筋。特に口の開閉に違和感があるときに有効。

・頬車(きょうしゃ)・・・耳たぶの下垂と下顎角の間。対応する筋肉は咬筋。ここも下関同様、顎関節症治療の特効穴。

・天容(てんよう)・・・下顎角の後ろで胸鎖乳突筋の前縁にある。このツボは特にストレスや精神的緊張によって硬くなる場合がある。ここを緩めることによって、症状が緩和されます。

・扶突(ふとつ)・・・のど仏の外3寸、下顎角の下1寸の所。対応する筋肉は胸鎖乳突筋。

顎関節症 ツボ

・側頭筋・・・特に、食いしばりや歯ぎしりなどが原因の場合は、ここがこわばることが多いので、鍼をすることで緊張を緩めることができる。

・咬筋(こうきん)・・・特に、上記のⅠ型の場合、ここに強く症状が出てるので治療ポイントになります。

顎関節症 ツボ

腕のしびれ ツボ

・手三里(てさんり)・・・肘の曲がり目から下に2寸いった所。上記の局所治療以外に全体治療として使用。他に、首・肩のこりや腕のだるさ、胃腸の不快感などにもよく効く。

・合谷(ごうこく)・・・手の甲、親指と人差し指の間。顎関節症にはもちろん他に頭痛、めまい、眼精疲労、歯痛など首から上のすべての症状に効く。

他に後頭骨にある「天柱・風池」や肩周りのツボなども使っていきます。このように鍼灸治療では、上記のようなツボや筋肉にアプローチすることによって、顎関節周りの筋の緊張やコリをほぐし、血流を良くすることで症状を改善していきます。

また、自分でできる対策法としては、口を無理に大きく開けない、頬杖をつきすぎない、片側だけで食べない、硬いものを食べない、アゴをマッサージするなどが挙げられます。

鍼灸 顎関節症