玄昭の間へ戻る

2017年10月26日 第43期棋聖戦 FT 1回戦         第三譜
黒)下地玄昭七段 対 白)谷宮絢子二段 
  第三譜(黒1~黒57まで)

地として大きいところがたくさんあります。
 
参考図1   
  参考図1:

右下黒1のカミ取りも大きい。

以下黒5まで黒地だけでも10目以上増えています。

ただ右上白6の先手から白10、12の二段バネで白14まで大きくまとまります。

こちらが大きいと判断して・・・ 
1図(1-5)   
  黒1、3です。

先手になれば打ち得。

よって右下白4ツギは当然の反発。

黒5のハネ出しは狙いのところで参考図2:
 参考図2  
  白1切りなら黒2、黒4と切り取ります。

白5の譲歩ならば黒6~10と白△一子を取って満足。

白5で白7とアテればコウ含みになるがいったん黒aと地を稼ぐ予定でした。
  
2図(6-19)   
  白6は驚き。黒に地を稼がせないという意図で部分的には得かもしれないが・・・

白12まで少なくない白地を得て一見白が頑張ったように見えますが、右上一帯の白数子がかなり薄くなっています。それが中の白地に影響する。

黒優勢から勝勢への道筋がはっきり見えた場面です。

なお最後の白12は省けない。手を抜くと黒先コウになります。詰碁通の方は考えて見て下さい。 

黒13と打てて勝ちが見えた感じ。

中の白地を守りながら右の白数子を助けるのは困難です。

白16に黒17と受ければコウにはならない。

谷宮二段は秒読み。私は1時間以上持ち時間がありました。形勢と時間に追われ苦しい相手は早打ちになるのは当然だが、影響されないよう盤に集中していました。

白18はやむを得ない。黒19で切りを誘います。


参考図3   
  参考図3:

白1が相場ですが黒2とツギます。

白3は右の白の応援を兼ねた受けですが、黒4の一本キカシが嬉しい。

そこで深追いせず黒6に回ります。

地合いはかなり差がついています。 
3図(20-33)   
  白20は無理ですが『座して負けるより乱戦で勝機を』との気持ちだと察します。

黒23、25を決め黒27の突き出しが厳しい。

対し白28の外しが唯一のシノギ手です。

白は黒二子を取って頑張っています。

よって黒も妥協出来ません。とことん追求します。



参考図4   
  ここで右下隅の黒の眼形具合を説明します。

参考図4:

仮に白1、3と分断されたとしても黒4で簡明に生きています。

白5の攻めには黒6~10まで。 
4図(34-40)   
  白40のハネに対し。

参考図5   
  参考図5:

黒1と切る手もありました。

白2のノビには黒3と連打します。

白4で仮に右下が死んでいても黒5と振り変わりで黒勝ち。

実戦は黒1よりも安全勝利の道を目指しました。
  
5図(41-43)   
  黒41のハネを選択。

瞬間白42を利かされましたが白困っています。


 
参考図6   
  参考図6:

白1なら安全ですが黒2で下辺は目一杯の黒地確定。 
6図(44- 57まで) 完  
  白48は投げ場を求めたもの。

黒57で投了されました。

黒中押し勝ち


◎序盤で相手に失着があって優勢になった碁を、かなりもたついての勝利でした。

反省多き一局。

内容良き棋譜を残すよう努めます。

ご観戦有難うございました。


ページの頭へ戻る