NGO市民科学京都研究所規約

2009125日施行
2013126日一部改訂
2019127日一部改訂
2020126日一部改訂


(名称)
1条 名称は
NGO市民科学京都研究所とする。

(目的)
2条 本研究所の目的は次のとおりである。
 イ 市民がかかえる諸問題(以下市民的諸問題)の解決に資する研究およびその普及。
 ロ 市民的諸問題の解決のための関連学問分野との交流および共同。
 ハ 市民的諸問題に関する国内外の学会その他の団体との協力。

(組織、専任研究員)
3条 
本研究所は第2条の目的のために設置されるとともに非政府組織(NGO)として運
 営を行う
。本研究所は所員で構成されるが、所員は研究員となることもできる。なお、所 員にとって本研究所の活動が大きなウエイトを有する場合、本人の理事会への申し出によ って専任研究員となることができる。

(活動)
4条 本研究所の主な活動は次のとおりである。
  イ 所員会議と市民科学研究会を開催する。研究会はこの他にも必要に応じて行う。
  ロ 『市民の科学』を随時編集・発行する。編集委員会運営および編集については別途
   定める。
  ハ 市民的諸問題に関する見解を公表する。
  ニ その他本研究所の目的を達成するために適当と認められる活動を行う。
(所員・所友)
5条 本研究所は市民的諸問題の研究および関連分野の問題に取り組む市民および研究者 をもって組織する。

6条 所員は毎年所員費を納めなければならない。所員費は内規で定める。

7条 本研究所に入会するためには所員1名の紹介によって理事会に申し込みその承認を 受けなければならな
い。

8条 退所を希望する所員は書面をもってその旨を理事会に申し出なければならない。

9条 所員が所員費を滞納した時あるいは本研究所の活動に重大な障害となる行為をおこ なった時は、所員会
の議決によって所員資格を喪失することがある。

10条 本研究所に所友をおくことが出来る。所友の入退会は理事会の承認を経るものとす る。所友は議決権を
有しない。所友費は内規で定める。

(会務と担当理事、理事会)
11条 本研究所の会務は以下のイ、ロ、ハの3つとし、それぞれ担当理事をおく。任期 は2年、兼務および再
任を認める。
   イ 代表<代表理事>1
   ロ 事務<事務理事(事務局長)>1名
   ハ 編集<編集理事>若干名

       編集委員長、特集編集長、「市民科学通信」編集担当、共同研究プロジェクト
     リーダーが編集担当理事となる。

12条 前条の理事は所員会議において選出する。なお、理事補充は理事会で行なう。任 期は残任期間とする。

第13条 担当理事によって理事会を組織し会務を運営・処理する。理事会の成立は理事数の 過半数とし、その議決は出席理事の過半数とする。

(事務局、編集委員会)
14条 本研究所に事務局、編集委員会をおく。
  イ 事務理事は本研究所の事務を処理する。
  ロ 所員会議の議を経て編集委員会を組織する。

15条 事務局員、編集委員は所員の中から理事会が委嘱する。

(会計監査)
16条 本研究所の会計監査は所員1名に所員会議が委嘱する。

(研究会)
17条 市民科学研究会を年2回以上開催する。この他にも必要に応じて行う。

(所員会議)
18条 所員会議は本研究所の重要事項を決定する機関であり年次活動方針の決定および 理事選出等を行う。

19条 本研究所は毎年1回所員会議を開催する。理事会が必要あると認める時および所員 の3分の1以上が請
求する時は、理事会は臨時の所員会議を招集する。

20条 理事会は所員会議の議事を事前に所員に通知しなければならない。

21条 理事会は所員会議において会務及び会計を報告する。

22条 所員会議における議決は第25条の場合以外は出席所員の過半数による。

23条 所員会議の議長は所員の中から選出する。

(会計年度)
24条 本研究所の会計年度は毎年11日に始まり同年1231日に終わる。

(規約の変更)
25条 この規約の変更は、理事会または所員2名以上の提案により、所員会議出席所員の  3分の2以上の賛成
を得なければ行うことが出来ない。

<附則>
26条 本研究所の運営に必要な内規は第22条の所員会議の議決によって定める。

27条 本研究所の事務局運営および事務処理および編集委員会および編集に関する必要な 細則は理事会が定
める。


《内規》
1. 新入所員および所友の選考に関する基準は、市民的諸問題およびその研究に関心をもっ ている者であること。
2.
所在地は
616-8012京都市右京区谷口垣ノ内町5-8におく。
3.
所員費は年6000円とする。なお院生・学生および定収入のない人は本人の申し出により 年3000円とする。所
友費は年2000円とする。なお、事務・編集等の専従スタッフをおく 場合はその所員費は免除する。
4. 3
年以上会費未納の場合は、自然退所となる。
5.
所友は本研究所に協力する個人あるいは団体とする。
6.
理事の選出にあたっては所員会議の議事で行なう。所員会議での立候補および前理事会 の推薦によって行なう。

              

  
       
           


        TOPへ