本文へジャンプ
 藪沢ルート(重幸新道)  
   
標準コースタイム  4時間    
涼味満点の 藪沢から馬ノ背尾根を経由し頂上から広がる藪沢カールを辿るルート
 
    登山口は、北沢峠から長野県側へ10分程下った東大平に
 建つ大平山荘の右手奥。
 南アルプス林道バス利用の場合は、予め伝えておくと、
 北沢峠手前の大平山荘で下車できます。
 峠の喧騒を離れ、静かなたたずまい。山荘の前からは、
 北アルプスが望めます。
    小さな沢を渡り、しばらくはゆるやかな樹林の中を行く
 気分のいい森歩き
 
    つづら折りの急登が滝見台までつづく
  滝見台からは、木々の間に藪沢の大滝が望める
    滝見台から少し登ると藪沢の右岸に出て、
 道はゆるやかになり、トラバース気味に進む
 崩落箇所があり、避けるために高巻く道ができている。

 
  高巻きを下ると藪沢が近付き、丸木橋で左岸に渡る
  ここからは、藪沢の流れに沿った沢筋ルートになる


         
    数年前に崩落した箇所は、その後踏まれて、道ができて
 いますが、狭いので慎重に通過してください。
 
 

 水音を聞きながら、ゆるやかに登る
 立ち止まれば、可憐な花々との出会いがあります

 
        
 
   

 涼味満点、対岸の滝


        
   

 ザレ場は、上部からの落石の心配があるので、
 注意してください。

      
        
    五合目、大滝ノ頭からのトラバースルートと合流
  ここから藪沢と離れ、馬ノ背尾根に向かって登る
  途中、樹林の中に馬ノ背ヒュッテがあるので、一休み
    丹渓新道との合流点、馬ノ背尾根に出る

       
    樹林帯を抜けると、平坦な尾根道になり、
  展望が開け、正面に藪沢カールを広げた頂上が、
  大きく望めるようになる
    馬ノ背尾根から藪沢カールに入ると、小屋まではハイマツ
 帯の急登になる。小屋に着いたら荷物を預けて、頂上を
 目指すのもいいでしょう。小屋から頂上までは、30分程
 です。
    

 小屋からモレーンを下に見ながら登り、地蔵尾根分岐を
 過ぎると、稜線へ出る。

    
         
 
   

 稜線の先に頂上が近づく


         
    
 頂上直下