ステップ・アンド・スイング

社交ダンス上達の道しるべ


元セレクションダンサーズ所属 元港区立青年館ダンス講師   福頼静致 (フクヨリ セイチ)


1955年、日本ダンス界の要請により英国から派遣されて、レン・スクリブナー
(1950-1952 全英チャンピオン)が指導と講演のために来日した。

日本を訪れた初の英国ダンス人であって、それまでは乏しい文献と映像などをたよりにして
ダンスを踊っていた日本人の目前で、本格的な英国風チャンピオンダンスを踊ってみせた。
その素晴らしさに人々はただ圧倒され驚嘆するばかりであった。

彼の単独審査による日本舞踏選手権大会の順位では、プロの上位に地すべり的な
変動があるなど、プロに対しても勉強のやり直しを迫る結果となった。
まさに日本ダンス界の夜明けであった。

その後66年と75年にも招いて指導を受けており、わが国のボールルームダンスの
急速な進歩に及ぼした影響は、計り知れなものがある。

スクリブナーは競技ダンスの最高峰を極めたばかりでなく、デモンストレーター、教師、
審査員、講演者、著述者として偉大な足跡を残した文字通りの巨人であった。

現在踊られている英国式タンゴは、彼によって完成されたと認められている。
英国では彼の功績を記念して、スクリブナー杯を設けている。

スクリブナーの没後、彼の書斎に残された著作や講義録、未発表の原稿などが、盟友
ブライアン・アレンの手によって一冊の本にまとめられ JUST ONE IDEA と名づけられた。

その 第三章 基礎理論 ステップ・アンド・スイング を要約して記述する。

"スイング"

という用語は、ボールルーム・ダンスに携わる人々にとって特別の意味を持っている。
一流を目指す人は等しくその意義と、実地への適用方法を理解しておかねばならない。

モダン(現在はスタンダード)部門の各種目(タンゴを除く)が、その基本的な運動理論を
"ステップ&スイング"の原理に立脚していることからも、上記の必要性は受容されるだろう。
これらの種目はスイング・ダンスと呼ばれている。

"ステップ&スイング"とは、ウォークの後をボディーのスイングが引き継ぐことをいう。

上体のスイングと脚部のスイングは別個の構成要素であるが、前者は支配的、
後者は従属的である。

ボディー・スイングを体得したら、レッグ・スイングはそれに感応して自然に実現する
ものだから、スイングという用語は上体のムーブメントを指して用いることが多い。

"スイング"という用語から、大多数の人は振り子運動を思い浮かべることだろう。

辞書によれば、一点あるいは複数の点で固定され、他の部分が自由に動く物体、例えば
" ドアは蝶番を支点としてスイングする"とある。

ダンスにおけるスイングと同列ではないが、ここでは、ランニングや縄跳びのような
直接推進力を受ける運動と、一旦加速された体重を利用して自由に移動する運動との
相違を認識してもらいたい。

では、 ステップ&スイングの原則は、どのように実技に適用されるだろうか。

基本フィガーを構成する一群のステップの第一歩は前進あるいは後退のウォークであり、
それはボディー・スイングへの準備である。


ウォークに続くボディー・スイングが、各グループの残りの部分に足を運ぶのを助けて
グループが完結する。


多くのフィガーは複数個のステップ&スイング運動から成り立っている。
ワルツのナチュラル・ターンは、その典型的な例である。
多種多様のライズ&フォール(ノー・フット・ライズを含む)が用いられ、ボディー・スイ
ングも側方や回転の動きを含んで複雑多岐にわたる。

このように多彩な変化にもかかわらず、ステップ&スイングの主題は、寄せては返す波の
ように繰り返される。
それはボールルーム・ダンスを他の舞踏様式から峻別させる基本的な運動様式なのだ。

すなわち、ボディー・スイングとは運動表現の手段として、また、リズム表現を創出する
主役として、ボールルーム・ダンスの真髄なのである。




前に述べたとおり、ボディー・スイングと脚部のスイングは同調する。
また、 スイングを行うためにはライズの助けが必要である。

ここで注意すべき原則は、脚部をスイングするためには、先ずボディー・スイングを
要するということである。
この前後関係を取り違えてはならない。

プッシュ & プル

"ステップ & スイング"原理をより完全に理解するためには、
筋肉の プッシュ & プル (押しと引き) 運動を
肉体的感覚として身に付けなければならない。


ウォークは先ず支え脚の"押し"(推進)から始動する。

それはまず上体を推進し、上体の進行は一方の脚に進行を促す。
支え足の膝は屈曲を必要とし、その結果、始動の段階で上体はロァーする。

進行歩が伸び切って着床したところから"引き"の動作
に移ってウォークが完結するが、

この動作は上体をライズさせる。



日本式では、ほとんど英国式の反対
* 体重の無い足を前に運ぶことから始動する。
* 支え足を伸ばす。従って始動の段階で上体はロァーしない。
* 進行歩が伸びきって着床したら、"引き"ではなく前方へ"押し付ける"動作となる。
* その結果、上体はライズではなくロァーする。
* ボディーはスイングしないから、第二歩を改めてステップする。

社交ダンス上級の目安
床をねじる
ステップ・アンド・スイング
CBM と CBMP


 PAGE TOP
Home page Top