競技用足型・・・どうしてできないの?

社交ダンス上達の道しるべ(6-1)


元セレクションダンサーズ所属・元港区立青年館ダンス講師   福頼静致 (フクヨリ セイチ)


ボールルームダンス競技のトップクラスの選手たちは、充分に基本をマスターした上で、
長い年月にわたって独自の世界を切り開く挑戦を続けてきました。

その過程で創り出された、
技術書には記載されていないけれども名前も付けられて、
上級の選手たちにはポピュラーな数々の足型があります。

英国では、これらの足型をネーミングフィガーと呼んでいます。

目を惹かれても、すぐには真似して美しく踊ることができないものも少なくありませんから、
それらの足型について重要なポイントを説明します。 



<>は ザ・ボールルーム・テクニックの記述
* バリエーションとは
* ランニング・ウイーブ
* タンブル・ターン
* テレスピン
* ライト・ランジ (PPからスタートして)
* トラベリング・コントラ・チェック
* カーブド・フェザー・ツー・バック・フェザー (基本の点検)
* リバース・ウエーブ
* シャッセ・ロール・ツー・ライト から オープン・インピタス
     (17)競技で勝つ取り組みに続く



バリエーションとは
バリエーションは文字通り変化ですから、 広い意味では、
英国の教師協会ISTDが教師試験の基準として示してある

ザ・ボールルーム・テクニックに各種目の足型として詳細を示してある踊り方
以外の踊り方をすれば全てバリエーションと言えるわけですが、
むやみに変化させて良いと言うものではありません。

競技の場合には、厳しい目を持った審査員や観衆を納得させるだけの説得力が必要です。

バリエーションは次のようにして作られます。

[ある種目の足型を他の種目に転用して踊る]
リバイズド・テクニックが基準であった頃は、フォーラウェーリバース・アンド・スリップ・ピボットは
フォックストロットの足型でしたから、ワルツやタンゴでこの足型を踊ればバリエーションでした。

[正規のタイミング(カウント)を変更して踊る]
ワルツのナチュラル・スピン・ターン後半を「1&23」に変更して踊ることによって
ランニング・スピン・ターンが作られました。

「1&」で機敏に動いて「23」でホバーするのが持ち味ですから、
「12&3」と踊ったのでは、せせこましくてワルツの雰囲気を壊すだけとなります。

[足型を途中でカットし、他の足型に連結して踊る]
タンゴで多用されるフォーラウェー・ウイスクは、
ナチュラル・プロムナード・ターンを第三歩まで踊り、ワルツのフォーラウェー・ウイスクに
連結して作られました。

[全く新しい足型を創作して踊る]
私が駆け出しの選手だった頃、英国の選手が創作して「ペパーポット」と名づけた
クイックステップのバリエーションが雑誌で紹介されましたが、現在は
「ペンデュラム」「ペパーポット」という名前で盛んに踊られています。




ランニング・ウイーブ
上手か下手かではなく、できるかできないか、はっきり決まってしまう足型があります。

ワルツのダブル・リバース・スピンやフォックストロットのホバー・クロスなどがそれですが、
競技選手が愛用する足型にもあります。

見た目に簡単そうだからと思って真似してみても、男子と女子の動きがかみ合わなくて
うまく踊ることができません。

ワルツのランニング・ウイーブはその代表的なものでしょう。
日本式の欠陥が表面化して決定的な妨げとなる代表的な足型といえます。

女子は前に向かって真っすぐ走るように前進するだけですから、うまくいかない原因が
男子の側にあることは明らかです。


問題は、オープン・インピタスの第三歩などで左足に体重を置いたPPから、その足を
アクロスして中央斜めに前進した第一歩、右足の働き方にあります。

第二歩では、女子とスクエア(正対)となって中央斜めに背面し、左足を後ろ少し横に
ステップしなくてはなりません。

第一歩と第二歩の間で、女子の前進を妨げずに1/4右回転をしなければならないのです。

日本式の踊り方で、右足を置いてのし掛かる様に体重を乗せたのでは、
この仕事はできません。


多数の男子が強引に踊って、女子に横移動を要求して男子をよけて前進させたり、
カウントを12&3 に変更して、せせこましく動いたりしています。


*  左足が体重を送り出す時にはロァーを完了した状態で、
しっかりと CBMP を意識してPPが開き過ぎないように 注意し、更に、 CBMを作る。

*  右足はしっかりと「フットワーク HT」を意識し、体重を持ち上げながら右回転して女子と
スクエアになる。

第二歩までのカウントが"1&"ですから、
正しいフットワークと強い足の力で機敏に動くことの可能な技能が要求されます。

第三歩右足 右サイド・リーディングで後退して、女子を外側に前進させる用意。カウント2。
第四歩左足 女子を外側にしてCBMPに後退。カウント3。

1の高速右回転で右にスウェーしたものを&で垂直に戻しますから、
その惰力で2と3では左にスウェーします。

2を時間的にも長めにホバーするように踊ると、 ワルツらしい雰囲気を描き出すことができます。


後続は、タンブル・ターン- - スローアウェー・オーバースウェーを踊る人が多いようですが、
タンブル・ターン - - レフト・ウイスクという踊り方もできます。

それに続けて スタンディング・スピンを踊ったら、ずいぶん見栄えがします。


タンゴで愛用される フォーラウェー・ウイスクは、
第三歩までがナチュラル・プロムナード・ターンと同じですが
、 左足をアクロスして壁斜めに CBMPに前進する第二歩右足で、全く同じ注意が
必要です。

[踊り全体を通して「第一歩は上から下へ踊るな。下から上へ踊れ。」 これが鉄則です。]

タンブル・ターン
タンブル・ターンは、フェザー・フィニッシュ・タンブル・ターンという形で、
フォックストロットのバリエーションとして創り出されたものが、
ワルツでも使われるようになったものです。

フォックストロットのフェザーフィニッシュは、女子のフットワークが TH、TH です。

これを T、T で踊らせるように、
男子が右足後退(S)に続くフェザー・フィニッシュの二歩を高くライズして踊り(Q&)、
それに続けて強いCBMを作り、
左足トーで小さく前進してトー・ピボット(Q)で 1/2 左回転します。

ワルツの場合には、カウントが 「12&3」 となります。

回転の終わりで左にスウェーしてロァーし、右足で後退します。

この部分の動きが「転げ落ちる(tumble)」 ように見える というので、
タンブル・ターンと名づけられました。

[表現を考えて踊るレベルの人は、
「左スウェーして後退」の部分を研究することが重要です。]

テレスピン
うまく踊ることができない人は、
回転が連続しているように見える動きの途中に、重要な横移動がある
ことに気づいていません。

ワルツについて説明します。
先ずオープン・テレマークを踊ります。
男子:
<1.左足 中央斜めに面して前進、左回転を始める、CBM、1 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<2.右足 壁斜めに背面して横へ、1-2 の間で 1/4 左回転、アップ、
 フットワークT、スウェー左 >
<3.左足 壁斜めに向けて、PPで横少し前へ、体は回転を少なく壁に面して、
 2-3 の間で 1/2 左回転、アップ、3の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー直 >

女子:
<1.右足 中央斜めに背面して後退、左回転を始める、CBM、1の終わりでライズ、
 NFR、フットワークTH、スウェー直 >
<2.左足 LODに面して右足にクローズ(ヒール・ターン)、1-2の間で 3/8 
 左回転ライズ継続、フットワークHT、スウェー右 >
<3.右足 LODに向けてPPで右サイド・リーディングで斜め前へ、体を少し左へ回転、
 アップ、3の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー直 >


この後の女子のステップは、
[カウント "&(1の前半)" 左足 男子の左側に回りこむように前進、左回転を始める、
フットワークHT ]
[カウント "1(1の後半)"右足 男子と正対するように回転し、中央に背面して前少し横へ、
フットワークT]

[2.左足を右足にクローズ、回転を継続してLODに面する、フットワークT]

[3.右足 回転を継続し壁に背面して横に、フットワークTH]

[1,左足 壁斜めにCBMPに後退してナチュラル・ターンに続く]

男子にとって最も重要なのが、カウント "&" で女子を自分の左側に前進させるリードです。

オープン・テレマークの第三歩で左足をステップしたら、カウント「3&1」の間はその左足が
支え足で体重の移動はありません。

左足に乗り切ってしまったら、もう、回転することしかできないのです。

回転ばかり意識している人は、
左足を後ろに残している女子の体を回転させようとして二人が絡みついてしまいます。


テレスピンを踊りたい時には、オープン・テレマークの第三歩を変更しなければなりません。

[3.左足 壁斜めに向けて横少し前ではなく、横少し後ろにステップし、ボールに圧力をかけて、
体重を右足に残し気味にしてロァーします。]

[&で、女子が自分の左側に前進するように、下方そして前方に強く送り出しながら、その後ろに
ついていくつもりで左足に全体重を移します。]


この横移動が有るか無いかで、テレスピンの成否が決まります。
女子を先行させて後を追うように踊るのが重要なポイントです。


[1.女子の動きによって自然に左足のボールで回転が始まります。]

[2.右足 回転を継続しLODに背面して横に、フットワークT。]

[3.左足 回転を継続し、トーを壁斜めに向けて横少し前に、体は壁に面する、フットワークTH。]

[1.右足 壁斜めに女子の外側にCBMPに前進してナチュラル・ターンに続ける。]


* PPで終わりたい時には、2の回転量を壁斜めに背面する程度に少なくして、3の回転量を
多くします。

* オーバースウェーに続けたい時は、先ずタンゴで踊ってコツを掴むのが賢明です。
その場合のカウントは、テレスピンが QQS&QQ となります。

ライズがありませんので、上手になった女子は第五歩に第六歩を閉じる時にヒール・ターンと
なります。
[テレスピンで重要なのは 「お先にどうぞ、ついていきます」 の感覚です。]

  
ライト・ランジ (PPからスタートして)
シャッセ・フロム・PPの後にランジを踊ろうとしてうまくいかず、
悪戦苦闘しているペアを見ました。
無理です。シャッセではありません ロックです。
うまく踊れるはずがありません。

シャッセ・フロム・PPは壁斜めに面してLODに沿って動きますから、
動きの方向は体に対して左斜め前です。

ランジは右斜め前にステプしますから、
左斜め前に動いた体を急に右斜め前の動きに変えるのは無理です。
LODに沿って動いている間に、
体の向きを LODに面するように変えなければなりません。


[第一歩右足 シャッセ・フロム・PPと全く同じですが、
終わりで体をLODに向け始めます。]

[第二歩左足 壁斜めと LODの中間に向けてステップ。]

[第三歩右足 LODに向けて左足の後ろに交差。]

[第四歩左足 LODに面して前進、終わりでロァー。]

[女子は左足歩を右足の前に交叉して 3/8回転し、LODに背面となります。]


これでランジに入ることのできる体勢が整います。

カウントは 「12&3」、フットワークは 「 HT、T、T、TH 」 で、
シャッセ・フロム・PP と全く同じですから見間違う人がいるのでしょう。

ライト・ランジ
ランジはフェンシングの 「突き」 です。相手の胸元をめがけて剣を突き出します。

ダンスでホールドした形から右足を踏み出して膝を曲げたら、
剣先が下がって床をついた形になります。

相手の胸を突いた形を作る工夫が必要です。

先行した足型の最後、カウント 「3 の後半」 を 「と」 とカウントして、
[&.体重を支えている左足の膝を曲げ、同時に左にスウェーして、
通常よりも低くロァーします。]

[1.右足を右斜め前にステップし、
体重を移すのと同調させて左膝の曲がりを右膝に移し、
左脚と左体側をほぼ真っすぐにします。]

[右足はフラットで膝が大きく曲がっていても、体重はボールで支えて、
体を伸ばしていなければなりません。

  『ダンスには、低いラインフィガーは無い。
  膝の曲がりの程度が異なったハイラインがあるだけである。』  ボビー・アービン

  [股関節が折れて体が前傾しないように注意が必要です。]

  [右の肱が剣先のつもりで真っすぐに突き出します。突きが決まるまでは、
  右に回転してはいけません。]

  [体重の移動に合わせて頭を右に回し女子の顔を見ます。]

  [体重の移動が終わった時の女子の形は、
  右足先から右体側を通って頭の右側面までが一直線となります。]

男子が女子の顔を見る時に注意しなければならないのは、顔を前に傾けないことです。
顔が前に傾くと、暗い弱弱しい感じのランジになります。

プロの上級選手の間には 「目で見るな。鼻で見ろ。」と言う教えがありました。

[&(1の後半). ランジの形が決まったら、腰を右に回転させます。
手を使って女子を回してはいけません。

女子の上体と頭が円を描くように動くのでロールと言います。]

[2.体重を後ろの左足に移してホバーするようにライズし、終わりでロァーします。]

[3.右足を後退してリバース・ピボットを踊り、リバース系の足型に続けます。]


カウントは最も基本的なものを示したのであって、競技レベルの踊りでは美しく見えることが第一ですから、
小節数にはこだわらずに、緩急織り交ぜて自由に表現することが可能です。

かっこいいランジを踊るには 
[ランジで床を突くな。] [女子の顔を目で見るな、鼻で見ろ。]


トラベリング・コントラチェック
競技の際には、自分のルーティン通りに進んだら他のペアと衝突するので、
方向変換をしなければならないことが少なくありません。

そのためにもぜひ覚えておきたいのがトラベリング・コントラ・チェックです。

衝突を避けるために、ワルツではよくチェックしてナチュラル・ターンを使うでしょうが、
方向を変えることはできても大きく場所を変えることはできません。

シャッセ・フロム・PPで移動するには先ずウイスクを踊らなくてはなりませんから、
右側がふさがっていたらお手上げです。

トラベリング・コントラ・チェックは
「 左足前進、右足をクローズしてライズしながらPPに開く、シャッセ などで移動する」
ですから、
機敏に方向を変換して機敏に移動するという目的をかなえてくれる
大変便利な足型です。

注意しなければならないのは、
[コントラ・チェックと言う言葉に惑わされてコントラ・チェックを踊ってはいけない]
ことです。

予備の動作でロァーし左にスウェーしてから左足で前進するまではコントラ・チェックと同様です。

[1.左足を CBMPにステップし、両膝をわずかに緩めます。左スウェーのままです。
フットワークHT。]

コントラ・チェックはここで垂直又は少し右スウェーとなりますが、
この足型は左スウェーを保つことが重要です。


[2.ライズを始め、右足を閉じてライズを継続し、
垂直にもどりながら次の進行方向に合わせて
回転量を調節します。フットワークT。]

[3.女子をPPに開かせて左足を横にステップします。フットワークTH。]


[女子は、平仮名の 「の」の字を書くように動くと上手に踊れます。]

*
フォックストロットやクイックステップでも使いますが、クイックステップでは
ボディーのスピードが大きいので 「1.前進、2.前進、3.PPで横」 と変わります。

*初めて取り組む人はナチュラル・スビン・ターンの回転量をいろいろ変えて、
その後に続けて使い方を覚えると良いでしょう。
*シャッセ・ツー・ライトからトラベリング・コントラ・チェック
続いてPPからスタートしてランジという組み合わせも楽しいと思います。
*「組み合わせ」 のことを 「アマルガメーション」 と言います。


カーブド・フェザー・ツー・バック・フェザー (基本の点検)
技術書で、フォックストロットの足型21番としてネームド・バリエーションの段階に記述してある足型です。
男子が前進、女子が後退で作った流を、女子が前進男子が後退と立場を入れ替えて大きく流れ続ける
というバリエーションです。

踊り手が基本をマスターしているか否かが判明する足型でもあります。

フェザー・ステップを LODに面して踊り始め、右に回転して壁に面する第三歩までは誰にもできます。
正しくは 「できたつもりになれます」 と言うべきでしょう。

[第四歩で、左足後退の方向が自然に 「中央斜め」 になっていた人は合格です。]

[中央斜めではなくて 「中央寄りの方向」 だった人は不合格です。基本を勉強する必要があります。]

カーブド・フェザー (SQQ)
男子
<1.右足 LODに面して前進、CBM、右回転を始める、1の終わりでライズ、フットワークHT、スウェー直>
<2.左足 壁斜めに面して左サイド・リーディングでOPの用意をして斜め前へ、1-2の間で 1/8右回転、
 アップ、フットワークT、スウェー右>


基本の点検
 フェザー・ステップの第二歩を左にそれてステップする癖のついている人は、
  ここでしっかり直してください。
 第二歩がうまくいかないのは第一歩が悪いのですから、間違えないで第一歩を点検してください。

 ・体重を支える基準点が拇指球よりも前にあること。
  正しいポイズがボールルーム・ダンスの前提条件です。

 ・トーの向きが体の向きと一致していること。
  足を揃えるというのはインサイド・エッジを平行に揃えることです。

 ・右足が正しく前進のウォークをしていること。

 ・終わりでライズ、フットワーク HT を、親指と拇指球の前縁で体重を支えた
 ・右足で床を後方に掻き送って、ボディーをスイングしていること。

 ・スイングする時には、体重の無い足が勝手に前に出て行かないように吊り下げてあること。

 ・前に振れて動く足はいつでも体重を受け取ることができるように床をさすり、
  全身にトーンを保っていること。

<3.右足 壁に面してOPでCBMPに前進、CBM、2-3の間で 1/8右回転、アップ、3の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー右>

女子

<1.左足 LODに背面して後退、CBM、右回転を始める、1の終わりでライズ、 NFR
 フットワークTH、スウェー直>
<2.右足 壁斜めに背面して右サイド・リーディングで後退、1-2の間で 1/8右回転、アップ、
 フットワークT、スウェー左>
<3.左足 壁に背面してCBMPに後退、CBM、2-3の間で 1/8右回転、アップ、3の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー左>


男子前半のここまでは、一歩ごとに股間節を曲げて足を前に運ぶ踊り方であっても可能です。
しかし、
右足をステップしたらそれ以上右に回転はしませんから、第四歩は中央の方向に後退することとなります。

後半は [ LODの方向にカーブしてバック・フェザー] ですから、
第四歩で中央斜めの方向に後退しておかないとLODに沿ってバック・フェザーを踊ることができません。

この足型が楽に踊れなかった場合には、ボールルーム・ダンスの基本を点検してやり直すのが賢明です。
ボールルーム・ダンスはスイングで踊るものです。

スイングが身についていないから楽に踊れないのであって、正しいスイングで踊った場合には
第三歩をトーで壁に面してステップしたら、
ロァーが終わるまで自然に惰力で回転が続いて逆壁斜めに面します。


[ このロァーは、次の後退を意識して体重が後ろに降りやすいロァーですから、
 膝を突き出すように曲げて、トーの中にロァーすることが重要です。]


本物のトーを理解して使えるようになることが困難なのが、日本人に共通の弱点です。
[ 足の甲と向こう脛が真っすぐになるように踵を高く上げ、親指と拇指球の前の縁で体重を支えて
床をコツンコツンと突くように歩くことのできるのが本物のトーです。]



  第四歩を後退する時には、第三歩で壁に面して前進した体が逆壁斜めに面するまで回転していて、
  中央斜めに背面して後退する体勢となっています。

バック・フェザー (SQQS)
男子
<4.左足 中央斜めに背面して CBMPに後退、CBM、3-4の間で 1/8右回転、
 4の終わりでライズを始める、NFR、  フットワークTH、スウェー直>
<5.右足 LODの方向へカーブして右サイド・リーディングで後退、ライズ継続、フットワークT、スウェー左>
<6.左足 LODに背面して CBMPに後退、4-6の間で 1/8右回転、アップ、6の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー左>
<7.右足 LODに背面して後退、CBM >


女子
<4.右足 中央斜めに面して OPで CBMPに前進、CBM、3-4の間で 1/8右回転、
 4の終わりでライズを始める、フットワークHT、スウェー直>
<5.左足 LODの方向へカーブして左サイド・リーディングで前進、ライズ継続、
 フットワークT、スウェー右>
<6.右足 LODに面して OPで CBMPに前進、4-6の間で 1/8右回転、アップ、6の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー右>
<7.左足 LODに面して前進、CBM >


サイド・リーディングができない、カーブがうまくいかないと言う人が少なくありません。
無理にそれをやろうとして体のねじれている人も多く見られます。

[ 重力に支配された地球上で床の上に立っている体の向きを変えるためには、
 床と接触している足の裏で床に対してねじりの力を加えなければなりません。]

* 先行する足型は
 スリー・ステップ。 クローズド・テレマークから OP で。
 コーナーでは ナチュラル・ターン。 チェンジ・オブ・ダイレクション。 ホバー・テレマークから OP で。

コーナーで PP になって続ける時には
 ホバー・テレマーク・ツー・PP。 アウトサイド・スイベル。 オープン・インピタス。

* フェザー・フィニッシュで終わることができますが、
リバース・ウエーブの第四歩に続けて、より大きな流を作ることも可能です。



リバース・ウエーブ (SQQS QQS SS)
技術書で、
フォックストロットの足型19番としてスタンダード・フィガーの段階に記述してある足型です。
技術書がリバイズド・テクニックだった時代には、
スタンダード・バリエーションと呼ばれていました。

「フォックストロットは大河の流れ」 
この言葉通り、よどみの無い大きな流を可能にしてくれる足型ですが、
よどんで流れないペアが多い足型でもあります。

流れない原因ははっきりしています
男子の後退ウォークができていないか、女子の前進スイングができていないか、
最悪の場合は両者共に不出来であるか です。

基本の形としては、LOD の方向にフエザー・ステップを踊った後に続けて踊り、
第四歩の初めまではリバース・ターンと同じです。

   男子
<1.左足 LODに面して前進、CBM、左回転を始める、1 の終わりでライズ、
 フットワーク HT、スウェー直>
<2.右足 壁に背面して横へ、1-2の間で 1/4左回転、アップ、フットワーク T、スウェー左>
<3.左足 壁斜めに背面して後退、2-3の間で 1/8左回転、アップ、3の終わりでロァー、
 フットワーク TH、スウェー左>
<4.右足 壁斜めに背面して後退、CBM、左回転を始める、スウェー直、
[ライズの有無とフットワークが異なります。] >

[ リバース・ターンの場合にはフットワーク THT で、ライズし、]
3/8 左回転して フェザー・フィニッシュ に続けます。

[ リバース・ウエーブの場合には フットワーク TH で、ライズはしないで]
LOD の方向にカーブして後退を続け、伸びやかな流を作ります。
後退のウォークが二歩連続します。

<5.左足 LOD の方向へカーブして後退、4-6の間で 1/8 左回転、5の終わりでライズ、
 フットワーク T、スウェー右>
<6.右足 LOD に背面して後退、アップ、6の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー右>

<7.左足 LOD に背面して後退、CBM、右回転を始める、フットワークTH、スウェー直>

  [ ここから、クローズド と オープンの インピタス や、バック・フェザー や、 シャッセ・ロール
  などに続けることも可能です。]

<8.右足 中央斜めに面して小さく横へ( ヒールプル)、7-8 の間で 3/8 右回転、
 フットワーク H, 足の IE, WF, 次いで左足の IE、スウェー左>
<9.左足 中央斜めに面して前進、CBM、体を左に回転、フットワークH、スウェー直>

<特注) 第五歩で左足のトーからライズが行われるが、第六歩で右足が後退し始める時、
 その右ヒールはフロアーとコンタクトしていなければならない。>


別の言い方をすれば、
第五歩左足のトーが体重を受け取る時には、第四歩右足のトーを床から離さなければならない
ということです。

* 最も重要なポイントは、第三歩と第六歩のロァーはトーの中にロァーしなければならないことです。
それができなかった時には、第四歩と第七歩の後退ウォークの歩幅が小さくなります。

後退のウォークをする時に重要なのは、トーに体重を置いて始めることと、
後退した足のヒールは、前足が揃うのにあわせてゆっくりとロァーさせることです。

* 少しでも不自由を感じたら、ダンス体操一番と二番をしっかり練習してください。

リバース・ウエーブを踊る時には、
体が後退の動きを持っていますから、後退した足のトーで体重を受け取ったら、
体の動きに負けないで
体重がトーの後ろに移動しないうちに、足首を曲げ、
膝を突き出してロァーを完了しなければなりません。

* 脚を大きく後ろに開き、その足のトーで体重を支える練習が重要です。

女子
<1.右足 LODに背面して後退、CBM、左回転を始める、1の終わりで少しライズ、 NFR
 フットワークTH、スウェー直>
<2.左足 壁斜めに面して右足にクローズ( ヒール・ターン)、1-2の間で 3/8 左回転、
 ライズ継続、フットワークHT、スウェー右>
<3.右足 壁斜めに面して前進、アップ、3の終わりでロアー、フットワークTH、スウェー右>
<4.左足 壁斜めに面して前進、CBM、左回転を始める、フットワークH、スウェー直>


第四歩の初めまではリバース・ターンと同じですが、その後ライズはしないで、
伸びやかに前進ウォークを続けて、第五歩右足のヒールに体重を渡します。

* お行儀よく正座する機会が多い女性には、
膝から下が後ろに出るだけで、太腿が後ろに伸びにくい人が多く見られます。

伸びやかな前進の流を作るためには、
らくらくと太腿を後ろに広げ、体を前方に運ばなければなりません。

練習の方法を「特注・脚を後ろに開く」に記述しました。

<5.右足 LOD の方向へカーブして前進、4-6の間で 1/8 左回転、5の終わりでライズ、
 フットワークHT
、スウェー左>
*
第四歩でウォーク、第五歩でもウォーク、そして前進のスイングです。

<6.左足 LOD に面して前進、アップ、6の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>
<7.右足 LOD に面して前進、CBM、右回転を始める、フットワークHT、スウェー直>
<8.左足 中央斜めに背面して横へ、7-8の間で 3/8 右回転、
 フットワークTH,次いで右足 T の IE、スウェー右>
<9.右足 中央斜めに背面して左足にブラッシュして後退、CBM、体を左へ回転、
 フットワークT、スウェー直>


*リバース・ウエーブの第七歩にバック・フェザーを続けることができます
逆にバック・フェザーにリバース・ウエーブを続けることができます。
また、それを反復し、大きな流れを作って踊ることも可能です。

*どちらの足型にもカーブとスウェーがありますから、その分量を加減して、
単調な繰り返しにならないように工夫して楽しむと良いでしょう。

*後ろには目が付いていませんから、衝突には充分注意しなくてはなりません。

*女子には男子の後ろが見えますから、踊るスペースが無いと見たら
男子の腕に置いてある左手の指先で男子の上腕の後ろを押さえて 「後ろがだめ」 のサイン
を送ります



シャッセ・ロール・ツー・ライト
このバリエーションが日本でも広く踊られるようになったのは、
十数年昔、レターサービスで 「競技用足型」 として紹介されてからでしたが、
現在も良く使われています。

* コーナーの近くで左足後退をする時、
きびきびと動いて新しい LOD に入るのにとても都合の良い踊り方です。

* 上手に表現して踊ると、スピーディーで、美しくて、目を惹きます。

ワルツ と フォックストロット の両方で使われますが、
ここではフォックストロットで、前に記した
「リバース・ウエーブの第七歩左足後退」 を 「シャッセ・ロールの第一歩」 として説明します。

大まかに述べますと、

・1-4 歩、左足後退し、右に 3/8 回転して右へシャッセ。 「S Q&Q」
・4 歩、シャッセの終わりにピボットで 3/8 右回転。ランジ・ロールのような風情があります。
・5-7歩、 新 LOD に背面してオープン・インピタス。 「SQQ」


となります。

* コーナーの近くで中央斜め、つまり、新 LOD の壁斜めに面して立ち、
右にシャッセを踊ることは誰でもらくらくとできます。

* ところが、 LOD に背面して左足で後退し、右に 3/8 回転して同じことを踊る場合には、
らくらくと踊れない人がたくさんいます。
特に、女子をシャッセに導くことがうまくできません。

うまく踊れない男子の形を見ると
お尻が後ろにはみ出しています。

左足後退のステップをする時にトーで体重を受け取った後、
その体重を支える点がボールよりも後ろに移動してしまったら、
回転してシャッセにつなぐことが難しくなります。

* このバリエーションを踊りこなすための重要なポイントは、
第一歩左足後退とシャッセのつなぎ方にあります。

一歩ごとに詳しく説明します。

[1.左足 LOD に背面して後退、CBM、右回転を始める、 1 の終わりでライズ、
 フットワークTHT、スウェー直]


リバース・ターン後半で、右足後退からフェザー・フィニッシュにつなぐ時と同じライズの仕方
そのライズをするためのフットワークと同じであることを理解して、
ワルツとは異なった踊り方をしなければなりません。

・ワルツは波が打ち上げるように徐々に高くなりすから、
 ここはフットワーク TH でノーフット・ライズをします。

・フォックスとロットは、浮き上がって流れていくのが特質ですから、
 フットワークは THT で、ライズを完了しておかなければなりません。

* どちらも、左足のトーで体重を支えておかなくてはうまく踊ることができません。

[2.右足 中央斜めに向けて横へ、1-2 の間で 3/8 右回転、体の回転を少なく、アップ、
 フットワークT、スウェー左]


回転量は体ではなく、足と足の間で測りますから、誤解の無いように注意してください。
足の向きと体の向きが一致している時は 「面して」、
一致していない時には 「向けて」 と言います。

[3.左足 中央斜めに面して右足にクローズ、体の回転を完了、アップ、
 フットワークT、スウェー左]
[4.右足 新 LOD の壁斜めに面して横少し前へ、強いCBM、3/8 右回転 (ピボット)、
 アップ、終わりでロァー、フットワークTH、スウェー直]


うっかりして ヒールから踏む間違いが起きやすいステップです。
右足を広げないで、送り出した体の下にトーを突き刺すつもりになると上手な ピボット
を踊ることができます。

ランジ・ロールのように腰を右に回すことはしていませんが、
体全体が右に回転していますので、女子の体がランジ・ロールのような動きをします。

  女子のステップは

[1.右足 LOD に面して前進、CBM、 右回転を始める、1 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直]
[2.左足 中央に背面して横へ、1-2の間で 1/4 右回転、アップ、フットワークT、スウェー右]
[3.右足 中央斜めに背面して左足にクローズ、2-3 の間で 1/8 右回転、アップ、
 フットワークT、スウェー右]
[4.左足 新 LOD の壁斜めに背面して横少し後ろへ、強いCBM、3/8 右回転 (ピボット)、
 アップ、終わりでロァー、フットワーク TH、スウェー直]


意識して上体を左に伸ばし、ロールのような動きを強調します。

オープン・インピタス は 差がつきやすい
* 単に、女子が回転してPPに開いただけ としか見えないものから、
* 円を描き浮き上がって溢れて流れ出す ように見える ものまで、
     大きく差がつく足型です。


なぜ、フォックストロットにはナチュラル・スピンターンが無いのか
その理由を熟考すると、
フォックストロットでオープン・インピタスを踊る時の、踊り方のヒントを得ることができます。

ザ・ボールルーム・テクニック の フォックストロット17番、ワルツでは21番として
スタンダード・フィガー に含まれているこの足型の記述を確認します。

男子
<1.左足 LOD に背面して後退、CBM、 右回転を始める、フットワークTH、スウェー直> 
「ライズが無い」 ことに注意。
<2.右足 中央斜めに面して左足にクローズ ( ヒール・ターン)、1-2 の間で 3/8 右回転、
 2 の終わりでライズ
 「終わり」 が重要。
 フットワークHT、スウェー左>
<3.左足 中央斜めに向けて、PPで左サイド・リーディングで斜め前へ、体を少し回転、
 体はLOD に面して、アップ、3 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー直>

女子
<1.右足 LODに面して前進、CBM、右回転を始める、フットワークHT、スウェー直>
<2.左足 中央斜めに背面して横へ、1-2 の間で 3/8右回転、2 の終わりでライズ、
 フットワークT、スウェー右>
<3.右足 左足にブラッシュして、中央に向けて、PP で横へ、中央斜めに動く
 2-3 の間で 3/8 右回転、体の回転を少なく、アップ、3 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー直>


オープン・インピタスは、男子が女子を振り回すのだと考えている人がいますが、
大変な間違いです。

その名前のとおり、
男子は、前進する女子が自分の前を通過するはずみ (インピタス) で回転するのです。

もちろん、女子の動きは男子のリードにフォローして行われるものですが、
リードとフォローについては、英国の先輩が述べた有名な言葉があります。

          ピーター・イーグルトン (1967-'68年 全英チャンピオン)
『男子はムーブメントを示唆しなければならない。
   女子はそれを実行しなければならない。
     そして、男子は女子にフォローしなければならない。』

『男子は、極上のシャンパンを満たした高価なクリスタルグラスを載せた盆を持っていて、
 一滴もこぼさないように運ばなければならない。』

オープン・インピタス 第一歩

・オープン・インピタスの第一歩で男子は、
 女子に前進を促し、CBM を作って左足 後退のウォークをします。

強引に女子を引っ張ってはいけません。

体重を支えている右足の膝を前に突き出すように曲げてトーの中にロァーし、
その足で床を前方へ押して体を後ろへ動かし始めます。

女子が男子の動きを感じ取って前進を始めたら、その動きに同調して
左足後退のウォークをします。

スイングは前進する人が主であり、後退する人が従であることを忘れると
うまくいきません。

・前進を促された女子は、
 男子を押しのけてでも進むつもりで右足前進のウォークをし
さらに、トーを乗り越えて、体を前方へ進めなければなりません。

ナチュラル・スピン・ターンの左足後退は、
 ピボットのために強いCBM を伴いますから、
 左足が左斜め後ろに着床する結果となりますが、

・オープン・インピタスの回転の主な部分は
 女子が男子の前を通過した後 第二歩から第三歩までの間で行われますので、
 女子の前進を妨げないように CBM を小さくすることが必要です。

オープン・インピタス 第二歩

・男子は、女子が通過するはずみ (インピタス) によってヒール・ターンをします。

* 名前は同じヒール・ターンですが、
 女子が踊るヒール・ターンとは、かなり内容に違いがあります。

・先ず、第一歩で後退した左足に ノーフット・ライズがありませんし、
 第二歩で右足をクローズしても、直ぐにはライズをしません。

ヒールターンは、靴底の全面に体重が分散していたのでは回転ができませんから、
親指で体重を支えた形のまま、背筋を伸ばしてヒールを床に押し付けることが必要です。
この力の練習を、ダンス体操四番で説明しました

・女子のヒール・ターンでは、第二歩のヒールに体重が移ったら直ちに、
 その体重をトーに移して前方へ送り出しますが、

* オープン・インピタスの第二歩、男子の右足は、ヒールに体重が移っても前方へ進めず
 逆にトーで床を押さえて、その圧力をブレーキとして使い、
 ホールドした右手に、女子の体を引き戻すような力をかけます。

 この力を受けることで、女子の LOD に前進する動きが止まり、
 上体を後ろに反らせて円を描くような動きに変わります。

* 女子の円運動が終わる頃、ゆっくりと浮き上がるようにライズをします。

 [このような、ゆるやかに回転しゆるやかにライズする動作を ホバー と言います。]



オープン・インピタス 第三歩
中央斜めに進まなくてはならないのですが、体を進めにくい条件が揃っています。

* 男子はヒール・ターンで、踵で回転するために体重を支える軸が体の中心にあり、
右足のトーでライズする時には、
女子の回転によって壁の方向に引っ張られています。

思わず左足だけを中央斜めの方向に広げやすい状況にあります。

女子をリードして、自分の体も中央斜めに進めるためには、
右足でしっかり床を右に押して、
体の左サイドを中央斜めに動かさなければなりません

* 女子は右足でブラッシュの動作をした続きで、
うかつにその右足だけを動かしてしまいがちなところです。

ライズするために下向きに加えていた左足のトーの力を
はっきり意識して左横方向へ押す力に切り替え
体を中央斜めに進めなければなりません。

**フォックストロットのオープン・インピタス は、カウントが「SQQ」ですが、
そのカウントでは、女子が回転し ホバー する部分が忙しすぎるので
上級者は、ワルツのカウント「1.2.3」と同様に踊ります。

**また、第二歩にある左スウェーをしないで、
先行歩にあった右スウェーを残したままで第一歩の左足後退を行い、
第二歩の終わりで、あおるようにホバーして垂直にもどることを好む人もいます。

 

「社交ダンス上達の道しるべ」

(7)社交ダンスの出発点



 PAGE TOP
Home page Top