足型には基礎の足型がある

社交ダンス上達の道しるべ(9)


BASIC FIGURS
[STUDENT TEACHER]

元セレクションダンサーズ所属・元港区立青年館ダンス講師  福頼静致・政子 (フクヨリセイチ・マサコ)


聳え立つ東京スカイツリーを眺めて、どんなに頑丈な基礎なのだろうかと
思う人がいるでしょうか。 建築専門の人を除けば皆無と言えるでしょう。
土台は最も重要であるのに、表には出ないので目に付かないのです。

世界のトップクラスのプロ選手が、日本インターナショナル選手権競技会で少し
変わった踊り方をすると、すぐに日本のアマチュア選手がそのまねをします。

それら選手の大多数が、ワルツのクローズドチェンジや
タンゴのプログレッシブ・サイド・ステップを習ったことが無い
というのが、日本ダンス界の悲しむべき現実です。

足型には基礎の足型があります。その足型をベイシック・フィガーと言います。
立派な基礎が無ければ立派な踊りをすることはできないのです。



ザ・ボールルーム・テクニックではこのベイシックフィガー二段階に分けて示し、続いて
スタンダード・フィガー (リバイズド・テクニック では スタンダード・バリエーション でした)を
示してから ネームド・バリエーション へ進みます。

詳細を規定して足型を区分したこの名前に、ボールルームダンス発展の足跡が残されています。

この他にもテレスピンとかタンブルターンのように、名前が付けられていて
選手たちにはポピュラーだけれども、詳細を規定したものが無い足型がたくさんあって、
英国ではネーミング・フィガーと呼んでいます。

これらの足型は、一流の選手たちが基本を充分にマスターした上で、独自の新しい世界に
挑戦し続ける中から生み出されたものであることを理解しておかなくてはなりません。


全英選手権で三連覇を果たし、日本インターナショナル選手権でも三度優勝した
イタリアの選手ミルコ・ゴッゾリが語りました。

『勝利のコツと言うのは教えることができませんから、その代わりにアドバイスをします。
ベイシックな足型の質の良さを、そして、自分の踊りの質の良さを
確信できるように練習することです。』


  銘記しておきましょう。


日本のボールルームダンスの現状は

月刊誌ダンスファン (04年 6月号) に、タンゴをテーマとして行ったインタビューで、
スチーブン・ヒリア (1986-87年 全英チャンピオン、現在は審査員・コーチャー) に受けた

厳しい指摘が掲載されました。
重大な警鐘と受け止めた人がどのくらいいたでしょうか。

『日本ではエデュケーションに少し問題を感じます。
 不幸にして間違ったことを覚えてきた人は、それを捨て、正しい教えを受けてください。
 一度ついてしまった癖は、長ければ長いほど直すのに時間がかかります。』

『競技で勝つために、「ホールドをガンと張って、ボディーを固めて踊れ」
 などと現在も教えるコーチャーがいると聞きましたが、言語道断な話です。』

約60年にわたって培われてきた基本原理を学び、正しいテクニックを身に付けたものが勝つのです。
 また、そうした審査 がなされなければなりません。』


『選手、コーチャー、審査員が一丸となり、もっと視野を広げ 知識を得ることに貪欲になって、
 正しいものを見極める力をつければ強くなれるでしょう。』

お楽しみ本位の日本式社交ダンスは別として、競技にも通じる英国式ボールルームダンスの現状は、
・・・強くなれるでしょう』 と言うことは、 『現在のままではだめ』 ということです。

それが日本におけるボールルームダンスの現状です。


約60年にわたって培われてきた基本原理』 が結晶して完成したのが、 『ザ・ボールルーム・テクニック』 です。

ザ・ボールルーム・テクニックのチャート式の記述は、とても簡潔明確な記述方法ですが、
充分な知識と技術が身につくまでは、その奥深い内容を読み取ることが困難なのも確かです。

ステップに備わる要素を一歩ごとにまとめて示すとかなり分かりやすくなりますので、
入門の当初から正しい知識が得られるように、ベィシック・フィガーの最初の段階を記述しました。

タンゴについては、すでに多用されている足型のよりどころを示すために、
この範囲を超えて記述しました。

お楽しみ本位ではなくて、本物のボールルームダンスを覚えたい、競技で
 勝ちたいと願う人は、先ずベイシック・フィガーを正しく理解して、充分に踊りこなして下さい。


『忘れてはならない鉄則は、数多くの複雑なステップを下手に踊るよりも、
2〜3のフィガーを充分に踊りこなす方が優れているということである。』

レン・スクリブナー




基礎足型集
Waltz
Tango
Foxtrot
Quickstep

ダンス用語集



「社交ダンス上達の道しるべ」  (10)社交ダンス入門初期の練習計画

PAGE TOP
Home page Top