フォックストロットは大河の流れ

社交ダンス上達の道しるべ(5)


元セレクションダンサーズ所属・元港区立青年館ダンス講師   福頼静致 (フクヨリ セイチ)


一瞬も滞ることなく滔滔と
流れゆく大河の流れにたとえられるのが フォックストロット の踊りです。

日本では スロー と言ったり スロー・フォックストロット と言ったりしていますが、
ザ・ボール・ルーム・テクニック では フォックストロット です。


             < > は ザ・ボールルーム・テクニック の記述
     <特注 「ナチュラル」 及び 「リバース」 ターンについて、
  全ての "ナチュラル" ターンは右に、全ての "リバース" ターンは左に回転することである。 >
【フォックストロットの 根幹】
*足型1番 フェザー・ステップ *女子の踊り方 *フェザー・フィニイッシュ *フェザー・エンディング
* 文章表現には限界がある
* ザ・ボールルーム・テクニック は カリキュラム
* 足型2番 スリー・ステップ
* 足型3番 ナチュラル・ターン
* 足型4番 リバース・ターン

【進路を変える】
* 足型5番 クローズド・インピタス・アンド・フェザー・フィニッシュ
* 足型6番 ナチュラル・ウイーブ
* 足型7番 チェンジ・オブ・ダイレクション
* 足型11番 トップ・スピン
* 足型15番 ホバー・クロス
* 足型13番 ホバー・テレマーク
* 足型14番 ナチュラル・テレマーク
* 足型24番 ナチュラル・ホバー・テレマーク

【経路を短縮する】
* 足型12番 ホバー・フェザー

【最も短い左回転】
* 足型9番 クローズド・テレマーク
* 足型10番 オープン・テレマーク・アンド・フェザー・ エンディング

【上手にスイングすれば、女子のドレスも良く踊る】
* 足型16番 オープン・テレマーク, ナチュラル・ターン・ ツー・アウトサイド・スイベル
【リバース・ターンを中断し、中央よりに経路を変えてナチュラルヘ】
* 足型8番 ベーシック・ウイーブ

【リバース・ターン後半の左回転をしないで後退を続け、ヒール・プル】
* 足型19番 リバース・ウエーブ

【ナチュル・ターン 後半で PP に開き多様に展開する】
* 足型17番 オープン・インピタス
* 足型18番 ウイーブ・フロム・PP
* 足型22番 ナチュラル・ジグザグ・フロム・PP

【前進と後退を、男女が交代する】
* 足型21番 カーブド・フェザー・ツー・バック・フェザー

【入り口は一つ、出口は四つ】
*
足型20番 ナチュラル・ツイスト・ターン

【華やかな左回転】
* 足型23番 フォーラウェー・リバース・アンド・スリップ。ピボット
*
足型25番 バウンス・フォーラウェー・ウイズ・ウイーブ・エンディング

ライズ・アンド・フォール
  * ライズ  * アップ  * ロァー  * ダウン



足型1番フェザー・ステップ

誰もが フェザー・ステップ から踊り始めます。
しかし、大河のごとく流れるはずの フォックストロット が、
第一歩をステップしても流れません。

さらに、多数の男子が第二歩で左にそれて、流れの方向まで壊しています。

音楽が四拍子で、第一歩のカウントは「S」ですから、
二拍を使って「スローオー」 の感覚で動き、更に流れ続けるべきところを、
「スロッ」 のような一拍に近い感じの動きだけで、滞って流れません。

第一歩の右足前進をステップして、
その方向に流れ進むかと見えたとたんに流れを壊し、
左にそれて第二歩をステップしているのです。

後退で踊り始めた女子はそのまま真っすぐに後退を続けるでしょうから、
流れを壊すのが前進する男子であることは明らかです。

男子と女子が前進と後退を入れ替わった バック・フェザー を踊ると、
多くの女子が同じように左にそれて流れを壊します。

美しい フェザー が美しい フォックストロット を作る。』  ビル・アービン
大多数の足型の終わりの部分が、フェザー・ステップと同じ形になっています。

男子が右足を スロー の カウントで後退 (女子は左足前進) し、
左回転してフェザー・ステップの第 2-4 歩に続けるものを 「フェザー・フィニッシュ」 と呼び、
PP から前進して フェザー・ステップ に続ける場合には 「フェザー・エンディング」 と呼んでいます。

技術書ではフェザー・ステップを次のように示してあります。
     足型1番 フエザー・ステップ  (SQQS)
男子:
<1.右足LODに面して前進、 CBM、1の終わりでライズ、フットワークHT、スウェー直>
<2.左足LODに面して左サイド・リーディングでOPの用意をして前進、アップ、
 フットワークT、スウェー右>
OP は アウトサイド・パートナー。 パートナーの外側へ。

<3.右足LODに面してOPで CBMPに前進アップ、3の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー右>
<4.左足LODに面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>
[タイミング (日本ではカウントと言う):SQQS]

<註) フェザー・ステップは 壁斜め 又は 中央斜めにも 踊ることができる。>

女子:
<1.左足LODに背面して後退、CBM、1の終わりでライズ、 NFR、フットワークTH、スウェー直>
<2.右足LODに背面して右サイド・リーディングで後退、アップ、NFR、
 フットワークTH、スウェー左>

<3.左足LODに背面してCBMPに後退、アップ、NFR、3の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー左>
<4.右足LODに背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>

<註) 前方の足を支え足の方へ引き寄せ始める時、その前足のトーを
 フロアーから離す事は重要な事である。>


   女子の外側に進む用意ができない

部分的な変化は無視してごく大まかに全体的な流れだけを見たら、
LODの方向へ男子は前進するだけ、女子は後退するだけです。

前進する人が流を壊し、第二歩の左足を横にそれてステップするのですから、
それは、第二歩に示されてある

LODに面して左サイド・リーディングでOPの用意をして前進
ができないということです。

左サイド・リーディングでOPの用意ができなかったら、
第三歩の右足をステップしようにも、
相手が邪魔になって外側にステップすることができません。

だから、
第二歩の左足を真っすぐ進めず左によけて、
第三歩の右足が通る道をあけておくという踊り方を工夫しているわけです。

この問題の原因は、
日本人の普通の歩き方とボールルームダンスのウォークとが、
根本的に異なっているところにあります。

日本人の普通の歩き方のように第一歩の右足を広げて前に置き、
その足にのしかかるように体を乗せたのでは、

OPの用意に必要な左サイド・リーディングをしようにも、
左サイドを前に出すことができません。

   左サイド・リーディングというOPの用意ができていないから、
   第三歩をOPで前に進めることができないのです。

左サイド・リーディングができていたら、
流れに乗って素直に体を前進させるだけで右足はごく自然に振れて前に進み、
相手の外側にステップする結果となっています。

日本人の普通の歩き方のままでは
大河の流れのような動き (ムーブメント) を作ることができませんから、
そのことに気がつかないで、
昔から 「スローは難しい」 と言って過ごしてきました。

歩き方の違いに気がついてダンスのウォークを学び、
そのウォークがスイングに発展するまで根気よく練習したら、
ごく自然にフォックストロットの世界に入っていけるのだと、
私は確信しています。

日本人に初めて英国式社交ダンスの手ほどきをしてくれた大恩人、
   レン・スクリブナーは、
彼の著書 THE COMPLETE BALLROOM DANCER の中で次のように述べています。

『前方や後方へ正しクウォークすることはボールルームダンスの基礎である。
その中には体重の正しい配分と脚部の進め方が含まれ、
更に足先、足首、の用法が必要となる。

従って、ウォークをマスターした生徒は、少し練習すれば
ボールルームの全フィガーを手中にできると言っても過言ではない、』


*  フェザー・ステップの第一歩は、CBM を伴った 右足前進のウォークです。

支え足の左足が体を前方に送り出す時には、

体を持ち上げておく力と床を後ろに押す力に加えて、左の腰が前に出るように
腰を右に向ける (CBM) 力を使います。

体重を支えている左足のボールで、床を反時計回りにねじるようにすると、
腰が右に向きます。

体をねじってはいけません
胴体 (ボディー) の左右の腰と左右の肩をつないだ長方形の形を
一枚の鉄板のように壊さずに運ぶことが、ボールルームダンスの大原則です。

第一歩の終わりで、本物のトーでライズすることが重要です。

動き始めた体は少しずつ右に向きを変えながら前進しますので、
前に広げた右足が床に着く時には、
ごくわずかではありますが動き始めた時の方向から右にそれています。

この右足に 「床を引き寄せる力」 をかけて後ろにあった体を引き寄せ、
踵で受け取った体重が拇指球まで進んできた時に、

股関節が曲がらないように注意し、
「膝を前にほうりこむようにして踵を浮かせる」 と、体重がボールに乗ります。

ボールに体重を乗せたまま
「足首と膝を伸ばし踵を高く上げてライズ」 したら、体重を支える場所がトーに変わります。

* 日本では、ボールをトーだと誤解しているケースがとても多いのです。
ダンス体操一番を練習して、 本物のトーを使うことができるようにしてください。

*  トーに反時計回りのねじる力をかけたら、 左サイド・リーディングとなります。

体が壁斜めに向くくらいまで左体側 (サイド) が右体側よりも前に (リーディング) 出ます。

重力に支配された空間にあって、
ボディー(胴体)の形を変えずに移動したり回転したりするためには、
足の裏に何らかの力をかけることが必要なのです。

日本式の踊りを身につけた人には、
この、足の力によって作り出される体の動きだけに目を奪われ、

「ボディーの形を壊さずに運ぶ」  という ボールルームダンス の大原則に反して
「ボディー で何らかの操作をしようとする間違い」  がとても多いようです。

サイド・リーディングやCBMを実現するためには極めて重要なフットワーク
であるにもかかわらず、これまではほとんど意識されてこなかったと思われます。

* 左サイドリーディングのボディーをトーで支えている右の脚で、
水泳のクロールで水を掻くのと同様に床を後方に掻き抜く
と、
ボディーが前方の空間に放り上げられるようにスイングします。

左足は体の下に吊り下げるように保ち、トーで軽く床をさすっておくことが重要です。

* 第二歩左足
体が少し右に向いていますから、左足の向きも体の向きと一致して少し右に向いて着床します。

左サイド・リーディングで右にスウェーしたボディーを受け取ってスイングを続けます。

第一歩でライズしていますから、体重はトーで受け取ります。


スイングの結果、
脚を大きく開いた第二歩の左足に乗り切って右足が揃った時点で体は最高点に達し、
この後は下降して行きます。

* 第三歩の右足はフォロースルーです。

右足が股間節を曲げて勝手に前に出て行かないように、
第二歩をステップする時よりも、もっと吊り下げておく感覚が必要です。

左サイドが前に出て少し右に傾いている体には、
スタートの時点で、LOD の方向へ動くように力をかけていますから、

振り子は振れ始めたらまっすぐに振れていくのと同じように、
LOD の方向へ動く惰力を持っています。

左足で床を後方へ掻き抜いたら体は惰力に乗って LOD に進み、
右足は左足の前を横切って (CBMPに) 女子の外側を (OP) 進み、
体の向きと一致して少し右向きで着床します。

すでに下降し始めている体をトーで受け取り、
足首を曲げてヒールを降ろし、膝をわずかに曲げてロァーを完了します。

* 第四歩の左足は、CBMを伴った前進のウォークです。

支え足の右足が少し右に向いていますから、左足はその方向へ前進することとなり、
フェザー・ステップ 全体として緩やかに右にカーブを描きます。


女子の踊り方

* 女子は第一歩から第四歩まで全部、 フットワーク TH の後退のウォークです。
男子と向き合って組んでいるのですから、
男子の第一歩に CBMがあったら、女子の第一歩にも当然 CBMがあります。

男子が第二歩左足を左サイド・リーディングで前進したら、
女子は当然右サイド・リーディングで右足後退をします。

男子が第三歩右足を女子の右外側にステップしたら、
後退する女子の左足は当然 CBMP になります。

これは、完全に男子の責任によって行われるものです。


女子の重大な責任は、正しい後退のウォークをすることです。

後退した足のヒールは
前足が揃うのに同調させて、ゆっくりとコントロールして降ろさなければなりません。

このヒールをガクンと降ろされたら、
いかに上手な男子でもスイングすることは不可能なのです。

第二歩と第三歩をトーで踊る間違った踊りを見ることがありますが、
それでは伸びやかな流は作ることができません。

第一歩の終わりでノーフット・ライズ (NFR) したら、
第二歩も第三歩もNFRで高い姿勢を保ち、
次の足に体重を渡したらトーを床から離して引き寄せることが重要なポイントです。

後退のウォークが身についていないと、これができません。

ダンスを文章で表現するには限界があります

音楽が絶え間なく流れるように、
音楽を表現するダンスは絶えず変化し続ける身体運動ですから、
それを文章で表現するのは容易なことではありません。

ザ・ボールルーム・テクニックという技術書は、
ダンスをステップごとに区切って、その瞬間に主として視覚で捉えることのできる特徴を
アレックス・ムーアによって採用されたチャート式によって記述してあります。

日本語版を日本ボールルームダンス連盟が発行していますけれども、
日本語だけでは原書の英語が持つ微妙なニュアンスを読み取るのは困難な点があります。

*  最も誤解が多いのは 「面して」 を 「正対して」 と解釈することです。

フェザー・ステップの第一歩は
「右足前進、LOD に面して」 ですが、同時に 「CBM」 と記してあります。

ここでの CBM は左の体側を前に出すことですから、
LOD に正対したままでは左の体側を前に出して体を右に向けることは不可能です。

第二歩は 「左サイド・リーディングで前進、LOD に面して」 ですから、
体はもっと右に向いて、ほとんど壁斜めに向いているのに、
LOD に正対ということはあり得ません。

原文は 「facing LOD」 ですから、
facing の持つ意味の 「面して、- -に向かって」 から、
進行方向をさす 「--に向かって」 と解釈すべきだと考えます。

  *  英語でも微妙な変化までは表現することができません。

第二歩と第三歩のタイミング (カウント) はQ,Qですが、
実際の踊りでは
「クイック」「クイック」 と機械的に 1/2拍, 1/2拍 と踊るのではなく、

「クイーック」「クイック」 というように、
第二歩のQを長めに、第三歩のQを短めに踊ります。

また、ライズ・アンド・フォールでは、
「1の終わりでライズ、2アップ、3アップ、3の終わりでロァー」 と示してありますが、
これは階段状の高さの変化を表したものではありません。

第一歩の終わりでは上昇して高くなってはいますが、
最高点は第二歩Qの前半ぐらいで、後半には下降が始まり、

第三歩のQでは
下降途中の体を軟着陸させるように受け取ってロァーを完了するというように、
なだらかなカーブを描いて踊ります。

*  「ライズ」 という一つの言葉が二つの意味を持っています。

その一つは、体を高い位置に持ち上げる動作を表ししていて、
ワルツのナチュラル・ターン第一歩では
「1の終わりでライズを始める」 と示してあります。

もう一つのライズは
体が高い位置に置かれた状態を示しているもので、
フェザー・ステップの第一歩は 「1の終わりでライズ」 と示してあって、

第一歩の終わりでは体を持ち上げる動作がほとんど終わって、
体が高い位置におかれていることが必要です。

ナチュラル・ターンやリバース・ターンの第一歩も同じで、
ワルツと同じライズをしたら女子は第二歩を開くようにリードを受けて、
ヒール・ターンを踊ることができません。


ザ・ボールルーム・テクニックは、
約60年の歳月を費やして培ってきた
ボールルーム・ダンスの基本原理が凝縮して完成された技術書です。

奥深い内容を、磨き上げた簡潔な文章によって記述してありますから、
これを読み取るためには充分な知識と技術が必要です。

一流の踊り手のダンスをしっかり観察し、
優れた指導者の教えを受けながら使えば、とても貴重な教科書となります。

ザ・ボールルーム・テクニックはカリキュラムです。

この本は単なる技術の説明書ではなく、冒頭には 「教師試験の指導法」 が記述してあり、
次に 「ボールルーム・ダンスの前提条件とも言うべき ポイズ と ウォーク を説明」 してから
足型に進んでいます。

その足型も教師試験の四段階のレベルに合わせて区別され、
番号順に足型を配列してある カリキュラムです。

ボールルーム・ダンスは本来社交的な娯楽ですから、
一般の踊り手たちが、トッププロの踊りを見て目を惹かれた足型を真似てみる、
といった楽しみ方も有るでしょう。

しかし、本物のボールルーム・ダンス上達を目指すのであったら、
順を追って習得していくのが一番の早道です。

若い番号の足型は、
その種目のダンスを構成する根や幹の部分
に相当する極めて重要なものです。

上級の選手がその足型そのものを踊っていないからと言って省略すると後でたたります。

造花は一見華やかに飾り立てることはできても所詮作り物ですから、
種から育てて丈夫な茎に咲かせた命ある花の美しさには到底かないません。

競技を目指す人にとっては勝つための、特に上級に昇進するための重要なポイントです。

   ミルコ・ゴッゾリ の言葉

全英選手権で三連覇を果たし、日本インターナショナル選手権でも四回優勝している
イタリアの選手ミルコ・ゴッゾリが、NHKのインタビューに応じて次のように答えました。

『勝利のコツというのは教えることができませんから、その代わりにアドバイスをします。
ベイシックな足型の質の良さを、そして自分の踊りの質の良さを
確信できるように練習することです。』


足型2番スリー・ステップ (QQS)

先行する足型はいろいろありますが、
どの足形も終わりの部分はフェザー・ステップの第三歩と同じで
「右足 OP で CBMP に前進」、第四歩「左足前進、フットワークH」です。

中には「フェザー・フィニッシュ」と名づけられたものもあります。

先行した足型の最終歩左足をフツトワークHTで前進したら、
続くスリーステップの第一歩も右足前進HTで、

ロァーした低い位置で歩幅の広いウォークが二歩続くという、
大きな流れの見られる特徴的な踊り方です。

     足型2番 スリー・ステップ (QQS)
男子:
<1.右足LODに面して前進、1の終わりでライズ、フットワークHT、スウェー左>
<2.左足LODに面して前進、アップ、2の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>
<3.右足LODに面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>
  <タイミング(カウント):QQS>

<註)スリーステップは壁斜めに踊ることができる。
壁斜めに踊る時は、壁斜めに面して終わるか、左にカーブして LOD に面して終わる。
表には書いてないが、第一、第二歩で少し右サイド・リーディングを用いること。>


女子:
<1.左足LODに背面して後退、1の終わりでライズ、NFR、フットワークTH、スウェー右>
<2.右足LODに背面して後退、アップ、NFR、2の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー右>
<3.左足LODに背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>
<タイミング(カウント):QQS>

<註)第一、第二歩で少し左サイド・リードを用いる。

*前方の足を、支え足の方へ引き寄せ始める時、
 その前足のトーをフロアーから離すことは重要なことである。>



近頃の競技会では、早く中央に入って目立ちたいという思惑もあって、
多くの選手が中央斜めに面して踊り始め、
フェザー・ステップからリバース・ターンに続けることが多くなっています。

しかし、初級のうちからこのまねをするのは得策ではありません。

フェザー・ステップの第三歩では、
左サイド・リーディングで、右足を女子の外側にステップして、
右にスウェーして、アップの状態にあります。

カウントがQの短い時間の中でこれらの条件を解消して通常のスクエアに戻した上、
更にリバース系に続けるための
CBM まで準備するというのは、かなり難しい仕事です。

技術書で一番、二番、三番と示されたとおりに、
フェザー・ステップ、次にスリー・ステップ、続いてナチュラル・ターンを踊るのが
順当な練習方法です。

これを踊りながら、フォックストロットの根底にある自然な流れを体得します。

直線的な前進でなく、
フェザー・ステップの終わりで緩やかに右にカーブ、
スリー・ステップでは緩やかに左にカーブ、
そしてナチュラル・ターンでまた右にカーブするという、
微妙なカーブの変化を覚えます。


ライズ・アンド・フォールが単調な繰り返しにならないように、

たとえばフェザー・ステップで小高い丘を越えて下り、
スリー・ステップで谷を渡って、
ナチュラル・ターン では高い丘を越える と言うように

起伏に富んだ表現を目指して練習します。

リバース・ターン はそれからで決して遅くありません。技術書では3番です。


足型3番ナチュラル・ターン (SQQSSS)

LOD に面して始めても良いし、壁斜めに面して始めても良い回転の足型です。
先ず フェザー・ステップ を踊ってから、その後に続けて踊ります。

ほとんどの人は、すでに ワルツ の ナチュラル・ターン を習って踊っているでしょう。

名前が同じで、動きも同じように右足前進して三歩で踊る右回転でありながら、
フォックストロット の ナチュラル・ターン は ワルツ の ナチュラル・ターン と比べて、
どこがどのように違うのか、はっきりと理解して踊ることが重要です。

第一歩の最も大きな違いは、「ライズの仕方」 と 「タイミング」 です。

ワルツ では、第一歩の終わりで ライズ を始めて、第三歩までにだんだん高くなっていきます。
フォックストロットは、第一歩の終わりで ほとんど ライズを完了 していなければなりません。

ワルツ と同じ仕方で ライズ したら、女子は ヒール・ターン ができなくて足を開いてしまいます。

第三歩を閉じないで開くのも、不断に流れ続ける フォックストロット ならではの特徴です。
上下に波打つような動きが特徴のワルツでは、カウント3でライズの頂点を作るのですから、
フォックストロットのように開いてはいけません。

タイミング は、ワルツの三歩は一拍ずつですが、
フォックストロット では、第一歩が二拍、第三歩と四歩が一拍ずつとなります。

第一歩を、意識して 「スローオー」 と長く カウント し、
第一歩の終わりでは体をしっかりと高く トーで支えている
ことを確認して踊らなければなりません。

     足型3番 ナチュラル・ターン (SQQSSS)

男子: LOD に面して始めても良いし、壁斜めに面して始めても良い。
<1.右足 LOD に面して前進、CBM、右回転を始める1 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
この足型の CBM は回転のための CBM ですから、
フェザーー・ステップ や スリー・ステップ の CBM よりも、強くしなければなりません。
LOD に面して始める場合には、CBM を強くしないと 1/2 回転することができません。

<2.左足 中央斜めに背面して横へ、1-2 の間で 3/8 右回転、アップ、
 フットワークT、スウェー右>
<3.右足 LOD に背面して後退、2-3 の間で 1/8 右回転、アップ、3 の終わりでロァー
 フットワークTH、スウェー右>

<4.左足 LOD に背面して後退、CBM、右回転を始める、フットワークTH、スウェー直>
<5.右足 中央斜めに面して小さく横へ、 (ヒール・プル)、4-5 の間で 3/8 右回転、
 フットワークH,足の IE, WF, 次いで左足のIE、スウェー左>
<6.左足 中央斜めに面して前進、CBM、体を左へ回転、フットワークH、スウェー直>

< 註) ナチュラル・ターンを壁斜めに始める時は、
  1-2 の間で 1/4、2-3 の間で 1/8 右回転。

  もし、コーナーで終わる時は、4-5 の間で 1/4 回転してLOD に面するか、
  又は、1/8 回転して新 LOD の中央斜めに面する。

LOD に面していれば、フェザー・ステップ から ナチュラル・ターン に、
中央斜めに面していれば、フェザー・ステップ から リバース・ターン に続けます。

女子:
<1.左足 LOD に背面して後退、CBM、左回転を始める、1 の終わりで少しライズ、NFR、
 フットワークTH、スウェー直>
<2.右足 LOD に面して左足にクローズ、(ヒール・ターン)、1-2 の間で 1/2 右回転、
 ライズ継続、フットワークHT、スウェー左>
<3.左足 LOD に面して前進、アップ、3 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>

<4.右足 LOD に面して前進、CBM、右回転を始める、フットワークHT、スウェー直>
<5.左足 中央斜めに背面して横へ、4-5 の間で 3/8 右回転、
 フットワークTH, 次いで右足T の IE、スウェー右>
<6.右足 中央斜めに背面して、左足にブラッシュ して後退、体を左へ回転、
 フットワークT、スウェ直>

「ブラッシュ」 は、
ポディの右回転の動きをコントロールして、滑らかに継続させるための重要な技術です。


足型4番リバース・ターン (フェザー・フィニッシュを含む)

中央斜めに面してフェザー・ステップを踊った後に続けて踊ります。

技術書に示されているように、左回転で第一歩が左足と変わるだけで、
前半の三歩に関しては、ナチュラル・ターンを壁斜めに面して始めた場合の技術と全く同様です。

男子と女子がずれて組んでいる関係で、
トップレベルの競技技術では、厳密には同じと言えない点がありますけれども、
一般のレベルでは、全く同じと考えて支障はありません。

アラインメント (方向) に関する微妙な問題ですから、先ず
右回転も左回転も同じように確実に身に付けるよう練習するのが賢明です。

     足型4番 リバース・ターン (SQQSQQS)
男子:
<1.左足 中央斜めに面して前進、CBM、左回転を始める、1 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<2.右足 壁斜めに背面して横へ、1-2 の間で 1/4 左回転、アップ
 フットワークT、スウェー左>
<3.左足 LOD に背面して後退、2-3 の間で 1/8 左回転、アップ、3 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー左>

<4.右足 LOD に背面して後退、CBM、左回転を始める、4 の終わりでライズ、
 フットワークTHT、スウェー直>
<5.左足 壁斜めに向けて横少し前へ、4-5 の間で 3/8 左回転、体の回転を少なく、アップ
 フットワークT、スウェー右>
<6.右足 壁斜めに面して OP で CBMP に前進、アップ、6 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー右>
<7.左足 壁斜めに面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>

女子:
<1.右足 中央斜めに背面して後退、CBM、左回転を始める、1 の終わりでライズ、NFR、
 フットワークTH、スウェー直>
<2.左足 LOD に面して右足にクローズ (ヒール・ターン)、1-2 の間で 3/8 左回転、
 ライズ継続、フットワークHT、スウェー右>
<3.右足 LOD に面して前進、アップ、3 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー右>

<4.左足 LOD に面して前進、CBM、左回転を始める、4 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<5.右足 壁に背面して横へ、4-5 の間で 1/4 左回転、アップ、
 フットワークTH、スウェー左>
<6.左足 壁斜めに背面して CBMP に後退、5-6 の間で 1/8 左回転、アップ、NFR、
 6 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>
<7.右足 壁斜めに背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>

< 註) 第七歩で右足が後退し始める時、
  ヒールはフロアーにコンタクトさせておかねばならない。
  これは重要な事である。


最も伸びやかな後退の動きは、
フットワーク 「トーヒール,トーヒール」の 「後退のウォーク」によって作られます。


進路を変更する


クローズド・インピタス・アンド・フェザー・フィニッシュ  (SQQSQQS)

ナチュラル・ターンを第六歩まで踊り終わったら中央斜めに面しますから、
フェザー・ステップを踊ってリバース・ターンに続けることのできる体勢となりますが、

都合により、はしょって、もっと早くリバース・ターンを踊りたいような場合には好都合の足型です。

足型5番 クローズド・インピタス・アンド・フェザー・フィニッシュ
男子:
<1.左足 LOD に背面して後退、CBM、右回転を始める、フットワークTH、スウェー直>
<2.右足 中央斜めに面して左足にクローズ (ヒール・ターン)、1-2 の間で 3/8 右回転、
 2 の終わりでライズ、フットワークHT、スウェー左>
<3.左足 逆中央斜めに背面して横少し後ろへ、2-3 の間で1/4 右回転、アップ、
 3 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー直>
<4.右足 逆中央斜めに背面して後退、CBM、左回転を始める、4 の終わりでライズ、
 フットワークTHT、スウェー直>
<5.左足 中央斜めに向けて横少し前へ、4-5 の間で 1/4 左回転、体の回転を少なく、
 アップ、フットワークT、スウェー右>
<6.右足 中央斜めに面してOP で CBMP に前進、アップ、6 の終わりでロァー、
 フットワークT、スウェー右>
<7.左足 中央斜めに面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>
女子:
<1.右足 LOD に面して前進、CBM、右回転を始める、フットワークHT、スウェー直>
<2.左足 中央斜めに背面して横へ、1-2 の間度 3/8 右回転、2 の終わりでライズ
 フットワークHT、スウェー右>
<3.右足 逆中央斜めに面して、左足にブラッシュして斜め前へ、2-3 の間で 1/4 右回転、
 アップ、3 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー直>
<4.左足 逆中央斜めに面して前進、CBM、左回転を始める、4 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<5.右足 LOD に背面して横へ、4-5 の間で 1/8 左回転、アップ、
 フットワークTH、スウェー左>
<6.左足 中央斜めに背面してCBMP に後退、5-6 の間で 1/8 左回転、体の回転を少なく、
 アップ、NFR、6 の終わりでロァー、スウェー左、>
<7.右足 中央斜めに背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>


ナチュラル・ウイーブ

壁に沿ってフェザー・ステップを踊ろうと思ったら、あいにくと前がふさがっています。

このような時に、一旦中央よりに動いた後、
改めてもとのコースに入ることができます。

     足型6番 ナチュラル・ウイーブ (SQQQQQQS)
男子:
<1.右足 LOD に面して前進、CBM、右回転を始める、1 の終わりでライズ、
 フツトワークHT、スウェー直>
<2.左足 ほぼ中央斜めに背面して横へ、1-2 の間で 3/8 右回転、アップ、
 フットワークT、スウェー右>
<3.右足 中央斜めに背面して右サイド・リーディングで後退、2-3 の間で少し右へ回転、
 アップ、フットワークT、スウェー直>
<4.左足 中央斜めに背面して CBMP に後退、アップ、フットワークT、スウェー直>
<5.右足 中央斜めに背面して後退、CBM、左回転を始める、アップ、
 フットワークT、スウェー直>
<6.左足 壁斜めに向けて横少し前へ、5-6 の間で 1/4 左回転、体の回転を少なく、アップ、
 フットワークT、スウェー右>
<7.右足 壁斜めに面して OP で CBMP に前進、アップ、7 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー右>
<8.左足 壁斜めに面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>
< 註) 第 1-2 歩の間で回転を少なくすることもできるが、第 2-3 歩の間で回転を継続
  する事は最も大切である。

  第4歩のフットワークは 「TH」 でもよく、この場合続く第5歩のライズは 「アップ。NFR」
   となる。>

女子:
<1左足 LOD に背面して後退、CBM、右回転を始める、1 の終わりで少しライズ、NFR、
 フットワークTH、スウェー直>
<2.右足 中央斜めに面して左足にクローズ (ヒール・ターン)、1-2 の間で 3/8 右回転、
 ライズ継続、フットワークHT、スウェー左>
<3.左足 中央斜めに面して左サイド・リーディングで OP の用意をして前進、アップ、
 フットワークT、スウェー直>
<4.右足 中央斜めに面して OP で CBMPに前進、アップ、フットワークT、スウェー直>
<5.左足 中央斜めに面して前進、CBM、左回転を始める、アップ、フットワークT、スウェー直>
<6.右足 壁に背面して横へ、5-6 の間で 1/8 左回転、アップ、フットワークTH、スウェー左>
<7.左足 壁斜めに背面して CBMP に後退、6-7 の間で 1/8 左回転、体の回転を少なく、
 アップ、NFR、7 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>
<8.右足 壁斜めに背面して後退、フットワークT、スウェー直>

< 註) ナチュラル・ウイーブは PP から始める事もでき
  この場合女子はヒール・ターンを省略し、第二歩目の右足は斜め前へ。


     
チェンジ・オブ・ダイレクション
足型の名前そのもの 「方向変換」 のための足型です。
壁斜めに面して前進したものを、中央斜めに前進する体勢に変換します。

コーナーでは
1/2 回転して新LOD の中央斜めに面する、
3/8 回転して新 LOD に面する
こともできます。
     足型7番 チェンジ・オブ・ダイレクション (SSS)
男子:
<1.左足 壁斜めに面して前進、CBM、左回転を始める、フットワークHT、スウェー直>
<2.右足 壁斜めに、右T を LOD の方向へ向けて右サイド・リーディングで斜め前へ、
 フットワークTのIE・H、1-2 の間で1/4 右回転、
 左足 体重をかけずに右足の少し前にクローズ、フットワークTのIE、
 中央斜めに面して終わる、スウェー左>
<3.左足 中央斜めに面して CBMP に前進、CBM、フットワークH、スウェー直>
< 註) コーナーでは 3/8 又は 1/2 回転することもできる。>
女子:
<1.右足 壁斜めに背面して後退、CBM、左回転を始める、フットワークTH、スウェー直>
<2.左足 壁斜めに背面して左サイド・リーディングで斜め後ろへ、1-2 の間で 1/4 左回転、
 中央斜めに背面して終わる、フットワークT,TのIE・H、スウェー右、
 右足 体重をかけずに左足の少し後ろにクローズ、フットワークTのIE、スウェー右>
<3.右足 中央斜めに背面して CBMP に後退、CBM、フットワークT、スウェー直>


トップ・スピン

リバース・ターンの六歩を踊って右足を女子の外側へステップしたら、もう目の前がコーナー。
こんな時に素早く方向転換して、新LOD の中央斜めに入ることができます。
     足型11番 トップ・スピン (QQQQS)
男子:
<1.左足 逆LOD に背面して CBMP に後退、先行歩と1の間で左へ 1/8 回転、アップ、
 フットワークT、スウェー直>
先行歩をトーでステップしたら、ロァーしないままで続けます。
<2.右足 逆壁斜めに背面して後退、CBM、1-2 の間で 1/8 左回転、アップ、
 フットワークT、スウェー直>
<3.左足 新LOD の中央斜めに向けて横少し前へ、2-3 の間で 1/4 左回転、
 体の回転を少なく、フットワークT、スウェー右>
4.右足 中央斜めに面して OP で CBMP に前進、アップ、4 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー右>
<5.左足 中央斜めに面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>

< 註) 第一歩のフットワークは 「TH」 とすることもできる。
  こうすると、より柔らかな流れるようなムーブメントを生み出すことができるる。
  又、このフットワークを用いると、第二歩のライズは 「アップ。NFR」 となる。

  先行歩のリバース・ターンの第六歩目の時、右足と体は壁斜めに面する。そして、
  女子の左足と体は壁斜めに背面する。>

女子:
<1.右足 逆LOD に面して OP で CBMP に前進、先行歩と1の間で左へ 1/8 回転、アップ、
 フットワークT、スウェー直>
<2.左足 逆壁斜めに面して前進、CBM、1-2 の間で 1/8 左回転、アップ、
 フットワークT、スウェー直>
<3.右足 新LOD に背面して横へ、2-3 の間で 1/8 左回転、アップ、
 フットワークTH、スウェー左>
<4.左足 中央斜めに背面して CBMP に後退、3-4 の間で 1/8 左回転、体の回転を少なく、
 アップ、4 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>
<5.右足 中央斜めに背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>


ホバー・クロス

ダンスの技術では、
「緩やかに回転し、浮き上がるように緩やかにライズする動作」をホバーと呼びます。


コーナーの近くで右足前進した時、浮かんで漂うような動きで方向を変換し、
新LOD の中央斜めに進むための足型です。
     足型15番 ホバー・クロス (SQQQQQQS)
男子:
<1,右足 壁斜めに面して前進、CBM、右回転を始める、1 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<2.左足 中央斜めに背面して横へ、1-2 の間で 1/4 右回転、アップ、
 フットワークT、スウェー右>
<3.右足 新LOD 壁斜めに向けて横へ、2-3 の間で 1/2 右回転、体の回転を少なく、
 アップ、フットワークT、スウェー直>
<4.左足 新LOD の壁斜めに面して左側 OP で CBMP に前進、体を右へ回転、
 アップ、フットワークT、スウェー左>
< 註) 第4歩で少しロァーしてもよいが、左ヒールはフロアーにつけてはいけない。
  又、第4歩で体を回し過ぎてはならない。>
<5.右足 逆中央斜めに背面して、CBMP で後ろに体重を移す、CBM、左回転を始める、
 アップ、フットワークT、スウェー直>
<6.左足 中央斜めに向けて横少し前へ、5-6 の間で 1/4 左回転、体の回転を少なく、
 アップ、フットワークT、スウェー右>
<7.右足 中央斜めに面して OP で CBMP に前進、アップ、7 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー右>
<8.左足 中央斜めに面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>

女子:
<1.左足 壁斜めに背面して後退、CBM、右回転を始める、1 の終わりで少しライズ、NFR、
 フットワークTH、スウェー直>
<2.右足 LOD に面して左足にクローズ (ヒール・ターン)、1-2 の間で 3/8 右回転、
 ライズ継続、フットワークHT、スウェー左>
<3.左足 新LOD に背面して横へ、2-3 の間で 1/4 右回転、アップ、
 フットワークT、スウェー直>
<4.右足 新LOD の壁斜めに背面して CBMP に後退、3-4 の間で 1/8 右回転、
 体の回転を少なく、アップ、フットワークT、スウェー右>
<5.左足 逆中央斜めに面して、左側 OPで CBMP で前に体重を移す、CBM、
 左回転を始める、アップ、フットワークT、スウェー直>
< 註) 女子は 4-5 歩で頭を右に回してもよい。>
<6.右足 LOD に背面して横へ、5-6 の間で 1/8 左回転、アップ、
 フットワークTH、スウェー左>
<7.左足 中央斜めに背面して CBMPに後退、 6-7 の間で1/8左回転、体の回転を少なく、
 アップ、NFR、7 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>
<8.右足 中央斜めに背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>


ホバー・テレマーク

チェンジ・オブ・ダイレクション は、緩やかな流れで方向変換をするのに対して、
この足型は、岸に突き当たり、打ち上げて流れる向きを変えるかのような方向変換をします。
     足型13番 ホバー・テレマーク (SQQS)
男子:
<1.左足 壁斜めに面して前進、CBM、左回転を始める、1 の終わりでライズを始める、
 フットワークHT、スウェー直>
<2.右足 LOD に面して横へ、左足を右足の方向へブラッシュ、1-2 の間で 1/8 左回転、
 ライズ継続、フットワークT (右足),次いで左足TのIE、スウェー左>
< 註) この特殊なライズに注目すること。>
「ホバー」 をしっかりと見せるために、徐々に高くなるワルツのライズを行います。
両膝を内側に引き締めながらブラッシュシするのがコツです。

<3.左足 中央斜めに向けて横少し前へ、2-3 の間で 1/8 左回転、体の回転を少なく、
 アップ、3 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー直>
<4.右足 中央斜めに面して OP で CBMP に前進、CBM、フットワークH、スウェー直>
この右足を、フェザー・ステップ の第一歩とすることができます。

女子:
<1.右足 壁斜めに背面して後退、CBM、左回転を始める、1 の終わりでライズを始める、NFR、
 フットワークTH、スウェー直>
<2.左足 LOD に背面して横へ、右足を左足の方向へブラッシュ、1-2 の間で 1/8 左回転、
 ライズ継続、フットワークT(左足),次いで右足のTのIE、スウェー右>
<3.右足 中央斜めに背面して横少し後ろへ、2-3 の間で 1/8 左回転、体の回転を少なく、
 アップ、3 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー直>
<4.左足 中央斜めに背面して CBMP に後退、CBM、フットワークT、スウェー直>


ナチュラル・テレマーク

この足型は、岸に突き当たって渦を巻いて流の向きを変えていきます。

     足型14番 ナチュラル・テレマーク (SQQQQS)
男子:
<1.右足 壁斜めに面して前進、CBM、右回転を始める、1 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<2.左足 中央斜めに背面して横へ、1-2 の間で 1/4 右回転、アップ
   フットワークT、スウェー右>
<3.右足 中央斜めに面して横へ (小さく)、2-3 の間で 1/2 右回転、アップ
 フットワークT、スウェー直>
<4,左足 中央斜めに面して、左サイド・リーディングで OP の用意をして斜め前へ、
 アップ、フットワークT、スウェー左>
<5.右足 中央斜めに面して OP で CBMP に前進、アップ、5 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー直>
<6.左足 中央斜めに面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>
< 註) コーナーでは 1/2 回転して新LOD の中央斜めに面し、又は、
  5/8 回転して新LOD に面することができる。

女子:
<1,左足 壁斜めに背面して後退、CBM、右回転を始める、1 の終わりで少しライズ、NFR、
 フットワークTH、スウェー直>
<2.右足 LOD に面して左足にクローズ (ヒール・ターン)、1-2 の間で 3/8 右回転、
 ライズ継続、フットワークHT、スウェー左>
<3.左足 中央斜めに背面して横へ、右足を左足の方向へブラッシュ、2-3 の間で 3/8 右回転、
 アップ、フットワークT、スウェー直>
<4.右足 中央斜めに背面して右サイド・リーディングで斜め後ろへ、アップ、
 フットワークTH、スウェー右>
<5.左足 中央斜めに背面して CBMP に後退、アッブ、NFR、5 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー直>
<6.右足 中央斜めに背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>
< 註) 回転量が少ない時も、女子は常に 1-2 の間では 3/8 回転となる。>


   ナチュラル・ホバー・テレマーク

この足型は、岸に突き当たった流が渦を巻き打ち上げて流の向きを変えていきます。
表情が豊かなだけに、技術的にはかなり難しいものです。

      足型24番 ナチュラル・ホバー・テレマーク (SQQSQQS)
男子:
<1.右足 壁斜めに面して前進、CBM、右回転を始める、1 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<2.左足 中央斜めに背面して横へ、1-2 の間で 1/4 右回転、アップ、2 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー右>
<3.右足 中央斜めに面して横へ (ヒール・プル)、2-3 の間で 1/2 右回転、3 でダウン、
 3 の終わりでライズ、フットワークH,足のIE,WF、スウェー左>
<4.中央斜めに面して 左膝を内側へ向ける、体を少し回転、アップ
 フットワークT (右足),左足TのIEでプレッシャー、スウェー左>
<5.左足 中央斜めに面して、左サイド・リーディングで OP の用意をして斜め前へ、
 フットワークT、スウェー左>
<6.右足 中央斜めに面して OP で CBMP に前進、アップ、6 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー直>
<7.左足 中央斜めに面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>

女子:
<1.左足 壁斜めに背面して後退、CBM、右回転を始める、1 の終わりで少しライズ、NFR、
 フットワークTH、スウェー直>
<2.右足 LOD に面して左足にクローズ、 (ヒール・ターン)、1-2 の間で 3/8 右回転、
 ライズ継続、NFR、フットワークHT、スウェー左>
<3.左足 中央斜めに背面して横へ、2-3 の間で 3/8 右回転、3 でダウン
 3 の終わりでライズ、フットワークT、スウェー右>
<4.右足 中央斜めに背面して左足にブラッシュ、体を少し右へ回転、アップ、
 フットワークT (左足),右足TのIE、スウェー右>
<5.右足 中央斜めに背面して、右サイド・リーディングで斜め後ろへ、アップ、
 フットワークTH、スウェー右>
<6.右足 中央斜めに背面して CBMP に後退、アップ、6 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー直>
<7.左足 中央斜めに背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>
 


経路を短縮する

ホバー・フェザー

正規の踊り方だと、ナチュラル・ターン が六歩、
これに フェザー・ステップ を続けると四歩加わって合計十歩になりますが、

ナチュラル・ターンの最後とフェザーステップの最初をカットして八歩で踊ることができます。
     足型12番 ホバー・フェザー (QQS)
男子:
< 註) 先行の ヒール・プル で体を少し右へ オーバー・ターン する。
  この場合のヒール・プルのフットワークは、
  「1 TH, 2 H,足のIE,WF,次いで右足T,左足TのIEでプレッシャー」
<1.左足 中央斜めに面して、OP の用意をして左サイド・リーディングで斜め前へ、
 先行歩のヒール・プルの終わりでライズ。アップ、フットワークT、スウェー左>
<2.右足 中央斜めに面して OP で CBMP に前進、アップ、2 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー直>
<3.左足 中央斜めに面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>
女子:
< 註) 先行の ブラッシュ・ステップ で体を少し右へ オーバー・ターン する。
  女子はブラッシュ・ステップの終わりでボールからライズをする。
  左ヒールはフロアーにつけてはいけない。
<1.右足 中央斜めに背面して、右サイド・リーディングで斜め後ろへ、
 ブラッシュ・ステップの終わりでライズ。アップ、フットワークT、スウェー右>
<2.左足 中央斜めに背面して CBMPに後退、アップ、NER、2 の終わりでロァー
 フットワークTH、スウェー直>
<3.右足 中央斜めに背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>


最も短い左回転

     足型9番 クローズド・テレマーク  (SQQS)

<クローズド・テレマークのテクニックの詳細は、ワルツの足型18のチャートに記されている。
フォックストロットで踊る時のカウントは、「SQQS」 である。
(19) ワルツ

 足型10番 オープン・テレマーク・アンド・フェザー・エンディング
                                (SQQS QQS)
男子:
<1.左足 中央斜めに面して前進、CBM、左回転を始める、1 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<2.右足 壁斜めに背面して横へ、1-2 の間で 1/4 左回転、アップ、フットワークT、スウェー左>
<3.左足 壁斜めに向けて、体は壁に面して PP で横少し前へ、2-3 の間で 1/2 左回転、
 体の回転を少なく、アップ、3 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー直>
<4.右足 壁斜めに向けて、体は壁に面して PP で CBMP に前進、CBM (少し)、
 4 の終わりでライズ、フットワークHT、スウェー直>
<5.左足 壁斜めに面してOP の用意をして斜め前へ、アップ、フットワークT、スウェー右>
<6.右足 壁斜めに面して OP で CBMP に前進、アップ、6 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー右>
<7.左足 壁斜めに面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>

女子:
<1.右足 中央斜めに背面して後退、CBM、左回転を始める、1 の終わりで少しライズ、NFR、
 フットワークTH、スウェー直>
<2.左足 LOD に面して右足にクローズ (ヒール・ターン)、1-2 の間で 3/8 左回転、
 ライズ継続、フットワークHT、スウェー右>
<3.右足 LOD に向けて PP で右サイド・リーディングで斜め前へ、体を少し左へ回転、
 アップ、3 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー直>
<4.左足 LOD に向けて (壁斜めに動く)、PP で CBMP にアクロスして前進、CBM、
 左回転を始める、4 の終わりでライズ、フットワークHT、スウェー直>
<5.右足 壁に背面して横少し後ろへ、4-5 の間で 1/4 左回転、アップ
 フットワークTH、スウェー左>
<6.左足 壁斜めに背面して CBMPに後退、5-6 の間で 1/8左回転、体の回転を少なく、
 フットワークTH、スウェー左>
<7.右足 壁斜めに背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>


上手にスイングすれば、女子のドレスも良く踊る

上手にスイングして踊ると、回転をチエックする時には、女子のドレスが大きくなびきますが、
下手な踊りでは女子のスカートがしぼんだままで開きません。

競技の世界では、「ドレスが踊らない」と言います。

この足型は、上手にスイングして女子のドレスを踊らせるには最適なものです。

男子が、オープン・テレマークの第2歩から第3歩にかけての動きと、
アウトサイド・スイベルの、後退から前進への動きの切り替えに留意して練習すると良いでしょう。

   足型16番 オープン・テレマーク、
       ナチュラル・ターン・ツー・アウトサイド・スイベル・
               アンド・フェザー・エンディング

                  (SQQ SQQ SSQQS)
男子:   オープン・テレマーク (SQQ)
<1.左足 中央斜めに面して前進、CBM、左回転を始める、1 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<2.右足 壁斜めに背面して横へ、1-2 の間で 1/4 左回転、アップ、フットワークT、スウェー左>
<3.左足 逆壁斜めに面して PP で横へ、2-3 の間で 1/4 左回転、
 アップ、3 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー直>
女子:   オープン・テレマーク (SQQ)
<1.右足 中央斜めに背面して後退、CBM、左回転を始める、1 の終わりで少しライズ、NFR、
<2.左足 壁斜めに面して右足にクローズ(ヒール・ターン)、1-2 の間で 1/4 左回転、
 フットワークHT、スウェー右>
<3.右足 壁斜めに面して PP で斜め前へ、アップ、3 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー直>

     ナチュラル・ターン (SQQ)
男子:
<4.右足 逆壁斜めに面して (壁へ動く) 前進、CBM、右回転を始める、4 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<5.左足 LOD に背面して横へ、4-5 の間で 1/4 右回転、フットワークT、スウェー直>
<6.右足 壁斜めに背面して右サイド・リーディングで後退、5-6 の間で 1/8 右回転、
 アップ、6 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー直>
女子:
<4.左足 壁斜めに面して (壁へ動く) PP で CBMP にアクロスして前進、4 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<5.右足 壁斜めに面して前進、アップ、フットワークT、スウェー直>
<6.左足 壁斜めに面して左サイド・リーディングで OP の用意をして前進、
 アップ、6 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー直>

     アウトサイド・スイベル (SS)
男子;
<7.左足 壁斜めに、Tを内側に向けて CBMP に後退、CBM、右足を体重をかけずに前に交叉、
 PP で中央斜めに面して終わる、右へ1/4 回転、
 フットワークTH、右足Tでプレッシャー、スウェー直>
<8.右足 中央斜めに面して (中央へ動く) PPで CBMP にアクロスして前進、CBM、
 8 の終わりでライズ、フットワークHT、スウェー直>
< 註) 第7歩で右足を前に交叉し始める時、フロアーへのコンタクトは、
  ヒール又はトーのどちらでもよい。
   そして、終わりはトーをフロアーにコンタクトし、右足を真っすぐに伸ばし
  ヒールが少し上げられる。

  ウイーブ・フロム・PP を第7歩から続けることができる。
女子:
<7.右足 壁斜めに面して OP で CBMP に前進、CBM、左足を体重をかけずに少し後ろにクローズ、
 PP で逆中央斜めに面して終わる、右 1/2 回転、
 フットワークHTH,左足TのIEでプレッシャー、スウェー直>
<8.左足 逆中央斜めに面して (中央へ動く) PP で CBMP にアクロスして前進、CBM、
 8 の終わりでライズ、フットワークHT、スウェー直>

     フェザー・エンディング (QQS)
男子:
<9.左足 中央斜めに面して左サイド・リーディングで OPの用意をして斜め前へ、
 フットワークT、スウェー右>
<10.右足 中央斜めに面して OP で CBMP に前進、アップ、10 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー右>
<11.左足 中央斜めに面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>
女子:
<9.右足 LOD に背面して横少し後ろへ、8-9 の間で 1/8 左回転、アップ
 フットワークTH、スウェー左>
<10.左足 中央斜めに背面して CBMP に後退、8-9 の間で 1/8 左回転、アップ、NFR、
 10 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>
<11.右足 中央斜めに背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>


リバース・ターンを中断し、中央よりに経路を変えてナチュラルへ

ベーシック・ウイーブ
リバース・ターンの 1-4 歩を踊って壁斜めに背面したところで後退をやめ、チェックして始めます。
     足型8番 ベーシック・ウイーブ (QQQQQQS)
男子:
<1,左足 逆中央斜めに面して前進、CBM、左回転を始める、1 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<2.右足 LOD に背面して横へ、1-2 の間で 1/8 左回転、アップ、
 フットワークT、スウェー左>
<3.左足 中央斜めに背面して CBMP に後退、2-3 の間で 1/8 左回転、アップ、
 フットワークT、スウェー左>
< 註) 第三歩のフットワークは 「TH」 を用いることもできる。
  こうすると、より柔らかい流れるようなムーブメントを生み出すことができる。
  そして第四歩のライズは 「アップ。NFR」 となる。
<4.右足 中央斜めに背面して後退、CBM、左回転を始める、アップ、
   フットワークT、スウェー直>
<5.左足 壁斜めに向けて横少し前へ、4-5 の間で 1/4 左回転、体の回転を少なく、アップ、
 フットワークT、スウェー右>
<6.右足 壁斜めに面して OP で CBMP に前進、アップ、6 の終わりでロァー
 フットワークTH、スウェー右>
<7.左足 壁斜めに面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>

女子:
<1.右足 逆中央斜めに背面して後退、CBM、左回転を始める、1 の終わりでライズ、NFR、
 フットワークTH、スウェー直>
<2.左足 中央斜めに向けて横へ、1-2 の間で 1/4 左回転、体の回転を少なく、アップ、
 フットワークT、スウェー右>
<3.右足 中央斜めに面して OP で CBMP に前進、アップ、フットワークT、スウェー右>
<4.左足 中央斜めに面して前進、CBM、左回転を始める、アッブ、
 フットワークT、スウェー直>
<5.右足 壁に背面して横へ、4-5 の間で 1/8 左回転、アップ、フットワークT、スウェー左>
<6.左足 壁斜めに背面して CBMP に後退、5-6 の間で 1/8 左回転、体の回転を少なく、
 アップ、NFR、6 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>
<7.右足 壁斜めに背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>
< 註) より上級者の女子は、もし希望するならば、
  先行歩でボールからホール・フットを用いることができる。>


リバース・ターン後半の回転をしないで後退を続け、ヒール・プル

リバース・ウエーブ
基本として示された方向のほかにも、<註> として
<中央斜めにも、壁斜めにも 始めることができる> と示してあります。

この場合には 1-3 歩の間の回転量と、4-6 歩の間の回転量を加減します。
上手に使うとコーナーに入って折れ曲がるのではなく、斜めに ショート・カット して進むことが可能となります。

     足型19番 リバース・ウエーブ (SQQ SQQ SSS)
男子:
<1.左足 LOD に面して前進、CBM、左回転を始める、1 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<2.右足 壁に背面して横へ、1-2 の間で 1/4 左回転、アップ、
 フットワークT、スウェー左>
<3.左足 壁斜めに背面して後退、2-3 の間で 1/8 左回転、アップ、
 3 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>

<4.右足 壁斜めに背面して後退、CBM、左回転を始める、フットワークTH、スウェー直>
<5.左足 LOD の方向へカーブして後退、4-6 の間で 1/8 左回転、5 の終わりでライズ、
 フットワークT、スウェー右>
< 特註)   第5歩で左足のトーからライズが行われるが、
      第6歩で右足が後退し始める時、
      その右足のヒールはフロアーにコンタクトしていなければならない。
<6.右足 LOD に背面して後退、アップ、6 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー右>

<7.左足 LOD に背面して後退、CBM、右回転を始める、フットワークTH、スウェー直>
<8.右足 中央斜めに面して小さく横へ (ヒール・プル)、
 フットワークH,足のIE,WF、次いで左足のIE、スウェー左>
<9.左足 中央斜めに面して前進、体を左へ回転、CBM、フットワークH、スウェー直>

女子:
<1.右足 LOD に背面して後退、CBM、左回転を始める、1 の終わりで少しライズ、NFR、
 フットワークTH、スウエー直>
<2.左足 壁斜めに面して右足にクローズ (ヒール・ターン)、1-2 の間で 3/8 左回転、
 ライズ継続、フットワークHT、スウェー右>
<3.右足 壁斜めに面して前進、アップ、3 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー右>

<4.左足 壁斜めに面して前進、CBM、左回転を始める、フットワークH、スウェー直>
<5.右足 LOD の方向へカーブして前進、4-6 の間で 1/8 左回転、5 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウエー左>
<6.左足 LOD に面して前進、アップ、6 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>

<7.右足 LOD に面して前進、CBM、右回転を始める、フットワークHT、スウェー直>
<8.左足 中央斜めに背面して横へ、7-8 の間で 3/8 右回転、
 フットワークTH,次いで右足TのIE、スウェー右>
<9.右足 中央斜めに背面して、左足にブラッシュして後退、体を左へ回転、
 フットワークT、スウェー直>


ナチュラル・ターン 後半で PP に開いて多様に展開する

PP に開くことによって、
続行の踊り方を多様に選択することが可能となります。

     足型17番 オープン・インピタス (SQQS)

<オープン・インピタス の テクニック の詳細は、 ワルツ の足型21に記されている。
フォックストロット で踊る場合のカウントは 「SQQS」となる。>
<続行可能の足型は次のとおり。>

*フェザー・エンディング   *ナチュラル・ウイーブ・フロム・PP    *ウイーブ・フロム・PP
*ナチュラル・ジグザグ・フロム・PP  *カーブド・フェザー・ツー・バック・フェザー


     足型18番 ウイーブ・フロム・PP  (SQQQQQQS)
男子:
<1.右足 中央斜めに向けて、体は LOD に面して PP で C に前進、1 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<2.左足 中央斜めに面して前進、CBM、左回転を始める、アップ、
 フットワークT、スウェー直>
<3.右足 壁斜めに背面して横少し後ろへ、2-3 の間で 1/4 vq@ltewy<アッブ、
 フットワークT、スウェー左>
<4.左足 LOD に背面して CBMP に後退、3-4 の間で 1/8 左回転、アップ、
 フットワークT、スウェー左>
<5.右足 LOD に背面して後退、CBM、左回転を始めるアップ、フットワークT、スウェー直>
<6.左足 壁斜めに向けて横少し前へ、5-6 の間で 3/8 左回転、体の回転を少なく、
 アップ、スウェー右>
<7.右足 壁斜めに面して OP で CBMP に前進、アップ、7 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー右>
<8.左足 壁斜めに面して前進、CBM、CBM、フットワークH、スウェー直>
< 註) 第4歩のフットワークは 「TH」 でも良い。
  この場合第5歩のライズは 「アップ。NFR」 となる。
女子:
<1.左足 中央に向けて (中央斜めに動く)、 PP で CBMP にアクロスして前進、CBM、
 左回転を始める、1 の終わりでライズ、フットワークHT、スウェー直>
<2.右足 中央斜めに背面して横少し後ろへ、1-2 の間で 3/8 左回転、アツプ、
 フットワークT、スウェー直>
<3.左足 LOD に向けて横少し前へ、2-3 の間で 3/8 左回転、体の回転を少なく、アップ、
 フットワークT、スウェー右>
<4.右足 LOD に面して OP でCBMP に前進、アップ、フットワークT、スウェー右>
<5.左足 LOD に面して前進、CBM、左回転を始める、アップ、フットワークT、スウェー直>
<6.右足 壁に背面して横へ、5-6 の間で 1/4 左回転、アップ、フットワークTH、スウェー左>
<7.左足 壁斜めに背面して CBMP に後退、6-7 の間で 1/8 左回転、体の回転を少なく、
 アップ、NFR、7 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>
<8.右足 壁斜めに背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>
     足型22番 ナチュラル・ジジザグ・フロム・PP  (SQQQQS)
男子:
<1.右足 壁斜めに面して (LOD に沿って動く)、PP でCBMPにアクロスして前進、CBM、
 右回転を始める、1 の終わりでライズ、フットワークHT、スウェー直>
<2.左足 中央に背面して横へ、1-2 の間で 1/8 右回転、アップ、フットワークT、スウェー直>
<3.右足 中央に背面して CBMP に後退、CBM、左回転を始める、アップ、
 フットワークT、スウェー直>
<4.左足 壁斜めに向けて横少し前へ、3-4 の間で 1/8 左回転、体の回転を少なく、
 アップ、フットワークT、スウェー右>
< 註) 第 3-4 歩で男女が違う方向へ踊ることに注意すること。>

<5.右足 壁斜めに面して OP で CBMP に前進、アップ、5 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー右>
<6.左足 壁斜めに面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>

女子:
<1.左足 中央斜めに面して (LOD に沿って動く)、PP で CBMP に前進、CBM (少し)、
 1 の終わりでライズ、フットワークHT、スウェー直>
<2.右足 中央斜めに面して、左側 OP の用意をして斜め前へ、アップ、
 フットワークT、スウェー直>
<3.左足 中央斜めに面して、左側 OP で CBMP に前進、CBM、左回転を始める、アップ、
 フットワークT、スウェー直>
<4.右足 壁に背面して横へ、3-4 の間で 1/8 左回転、アップ、
 フットワークTH、スウェー左>
<5.左足 壁斜めに背面して CBMP に後退、4-5 の間で 1/8 左回転、体の回転を少なく、
 アップ、NFR、5 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>
<6.右足 壁斜めに背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>


前進と後退を、男女が交代する

     足型21番 カーブド・フェザー・ツー・バック・フェザー
                                     (SQQ SQQS) 男子:
<1.右足 LOD に面して前進、CBM、右回転を始める、1 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
<2.左足 壁斜めに面して左サイド・リーディングで OP の用意をして斜め前へ、アップ、
 フットワークT、スウェー右>
<3.右足 壁に面して OPで CBMP に前進、CBM、2-3 の間で 1/8 右回転、アップ、
 3 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー右>

<4.左足 中央斜めに背面して CBMP に後退、CBM、3-4 の間で 1/8 右回転、
 4 の終わりでライズを始める、NFR、フットワークTH、スウェー直>
<5.右足 LOD の方向へカーブして右サイド・リーディングで後退、ライズ継続、
 フットワークT、スウェー左>
<6.左足 LOD に背面して CBMP に後退、4-6 の間で 1/8 左回転、アップ
 6 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>
<7.右足 LOD に背面して後退、CBM、フットワークT、スウェー直>
< 註) バック・フェザーでは緩やかなライズが使われることに注意すること。
  普通の終わり方は フェザー・フィニッシュ である。

女子:
<1,左足 LOD に背面して後退、CBM、右回転を始める、1 の終わりでライズ、NFR、
 フットワークTH、スウェー直>
<2.右足 壁斜めに背面して右サイド・リーディングで後退、1-2 の間で 1/8 右回転、アップ、
 フットワークT、スウェー左>
<3.左足 壁に背面して CBMP に後退、CBM、2-3 の間で 1/8 右回転、アップ、
 3 の終わりでロァー、フットワークTH、スウェー左>

<4.右足 中央斜めに面して OP で CBMP に前進、CBM、3-4 の間で 1/8 右回転、
 4 の終わりでライズを始める、フットワークHT、スウェー直>
<5.左足 LOD の方向へカーブして左サイド・リーディングで前進、ライズ継続、
 フットワークT、スウェー右>
<6.右足 LOD に面して OP で CBMP に前進、アップ、6 の終わりでロァー、
 フットワークTH、スウェー右>
<7.左足 LOD に面して前進、CBM、フットワークH、スウェー直>
< 註) 男女とも、第 2-3 歩の間の足の位置とフットワークに注意。
  女子は第2歩で右ヒールをロァーすることもでき、そして第3歩のロァーは遅らせること。>
フットワークが正しかったら、
壁に背面して後退した第3歩のロァーが終わるまでの間にも回転が続いて、
第4歩はごく自然に中央斜めの方向に前進することができます。


入り口は一つ、出口は四つ

第一歩はナチュラル・ターンと同じでありながら、
終わり方は四通りあるという珍しい足型です。

しかも、終わり方の一つはオープン・インピタスと同じですから、
多様な続行を選択することができます。

同じ場所で全回転に近い回転をしますから、女子のスカートを躍らせるにはもってこいの足型です。
 
     足型20番 ナチュラル・ツイスト・ターン  (SQ& QS QQS)  男子:
< 註) 最初の三歩には上方へのスイング (ライズ) はない。>
<1.右足 LOD に面して前進、CBM、右回転を始める、フットワークHT、スウェー直>
<2.左足 中央斜めに背面して横へ、1 -2 の間で 3/8 右回転、フットワークTH、スウェー右>
<3.右足 LOD に背面して左足の少し後ろに交叉、2-3 の間で 1/8 右回転、
 フットワークTH、スウェー右>
ここまでのカウント 「SQ&」

<4-5. 両足で ツイスト、中央斜めに面して ヒール・プル と同様に終わる、
  4-5 で 3/8 右回転、体の回転を少し多く、
  4.フットワーク 両足フラットで、右足Tと左足Hで ツイスト、体重右足で終わる、スウェー直、
  5.フットワーク T (右足),左足TのIE、スウェー右>
< 註) 第5歩で体をオーバー・ターンすることに注意。>
カウント 「QS」
「ツイスト」 とは、交叉している両脚が普通の状態に戻るように力をかけて回転することです。

女子:
<1.左足 LOD に背面して後退、CBM、右回転を始める、フットワークTH、スウェー直>
<2.右足 LOD に面して左足にクローズ (ヒール・ターン)、1-2 の間で 1/2 右回転、
 フットワークHT、スウェー左>
<3.左足 ほぼ壁斜めに面して左サイド・リーディングで OP の用意をして前進、
 フットワークT、スウェー左>
<4.右足 壁斜めに面して OP で CBMP に前進、CBM、2-4の間で 1/8 右回転、
 フットワークT、スウェー直>
<5.左足 中央斜めに背面して横へ、右足を左足にブラッシュ、4-5 の間で 1/4 右回転、
 フットワークT (左足),右足TのIE、スウェー右>
< 註) 第5歩で体をオーバー・ターンすることに注意。

男子:,女子:
<6,7,8. ホバー・フェザーを行う。>
     ナチュラル・ツイスト・ターン・ウイズ・
          ナチュラル・ウイーブ・エンディング
男子:
<1-3. ナチュラル・ツイスト・ターンと同じ、 「SQ&」>
<4,5. 両足でツイスト、LOD に面して右足前少し横で終わる、 「QS」 >
< 註) この足型の場合、第5歩のスウェーは省略される。>

<6.  左足 ほぼ中央斜めに背面して横少し後ろへ、 「Q」 >
<7-12. ナチュラル・ウイープの 3-8 を続ける、 「QQQQQS」 >

<1-4. ナチュラル・ツイスト・ターンと同じ、 「SQ&Q」 >
<5.  左足 LOD に背面して横少し後ろへ、 「S」 >
< 註) この足型の場合、第5歩のスウェーは省略される。>

<6.  右足 中央斜めに面して斜め前へ、 「Q」 >
<7-12. ナチュラル・ウイーブの 3-8 を続ける、 「QQQQQS」 >
     ナチュラル・ツイスト。ターン・ウイズ
          クローズド・インピタス・アンド・
               フェザー・フィニッシュ・エンディング
男子:
<1-5. ナチュラル・ツイスト・ターンと同じ、 「SQ&QQ」 >
<6.  右足 逆中央斜めに背面して横少し後ろへ、「Q」 >
<7-10. 右足 後退からフェザー・フィニッシュ、「SQQS」 >
女子:
<1-5. ナチュラル・ツイスト・ターンと同じ、 「SQ&QQ」 >
<6.  右足 左足にブラッシュして、逆中央斜めに斜め前へ、 「Q」 >
<7-10. 左足 前進からフェザー・フィニッシュ、「SQQS」 >
     ナチュラル・ツイスト・ターン・ウイズ・
          オープン・インピタス・エンディング

男子:
<1-5. ナチュラル・ツイスト・ターンと同じ、 「SQ&QQ」 >
<6.  左足 中央斜めに向けて、体は LOD に面して、
    PP で左サイド・リーディングで斜め前へ、 「Q」 >
<7.  右足 中央斜めに向けて、体は LOD に面して、
    PP で CBMP に前進、 「S」 >

女子:
<1-5. ナチュラル・ツイスト・ターンと同じ、 「SQ&QQ」 >
<6.  右足 中央に向けて (中央斜めに動く)、PP で横へ、 「Q」 >
<7.  左足 中央に向けて (中央斜めに動く)、PP で CBMP にアクロスして前進、「S」 >


華やかな左回転

  足型23番 フォーラウェー・リバース・アンド・スリップ・ピボット

フォーラウェーでPPに開き、 スリップ・ピボット で閉じて流れ続ける華やかさばかりか、
五種類の タイミング (日本ではカウント) が認められていますから、
自分の情感に従って表現を楽しむには最適でしょう。
< タイミング: (SQQS)  (SQQ&)  (SQ&Q)   (S&QQ)  (QQQQ) >

男子:
< スウェー: なし >
<1.左足 中央斜めに面して前進、CBM、左回転を始める、1 の終わりでライズ、
 フットワークHT>
<2.右足 壁斜めに背面して (LOD に動く)、右サイド・リーディングでフォーラウェーに後退、
 1-2 の間で 1/4 左回転、アップ、フットワークT>
< 註) 第2歩のフットワークに注意。
  もし右ヒールがロァーしてしまうと、ウエイトが後ろへ行き過ぎてしまう。>
<3.左足 LOD に背面してフォーラアゥーで CBMP に後退、2-3 の間で 1/8 左回転、
 体の回転を少なく、アップ、3 の終わりでロァー、フットワークTH>
第2歩に体重を乗せたら、第3歩はボディを右に動かさないで足だけステップするのが、
うまく踊るコツです。
  (3)ピボットで説明しました。

<4.右足 中央へ、Tは内側へ向けて後退、CBM、左足を CBMP に保つ、
 3-4 の間で 1/4 左回転、4 で 1/4 又は 1/8 (ピボット) 左回転、
 LOD 又は壁斜めに面して終わる、フットワークTHT>
< 註) 第4歩で右足を動かす時、その足はフロアーをしっかりプレスしなければならない。>

女子:
< スウェー: なし >
<1.右足 中央斜めに背面して後退、1 の終わりでライズ、NFR、フットワークTH>
<2.左足 中央斜めに背面して (LOD に動く)、左サイド・リーディングでフォーラウェーに後退、
 アップ、フットワークT>
<3.右足 中央斜めに背面して、フォーラウェーで CBMP に後退 (小さく)、CBM、
 左足を CBMP に保つ、3 で左へ 5/8 回転 (ピボット)、中央に面して終わる、アップ、
 3 の終わりでロァー、フットワークTH>
第3歩の右足は、左足に触るくらい小さくステップするのが、うまく踊るコツです。

<4.左足 中央へ CBMP に前進、CBM、右足を CBMP に保つ、
 4 で左へ 1/4 又は 1/8 回転 (ピボット)、フットワークTH>
< 註) しっかりしたフォーラウェー・ポジションは、女子が頭を左へ回している事により
  易しく作ることができる。>

続行:
< チェンジ・オブ・ダイレクション。  ホバー・テレマーク。  リバース・ウエーブ。
 フォーラウェー・リバース・アンド・スリップ・ピボット。
(反復)
 コーナーでは、  ベーシック・ウイーブ。  オープン・テレマーク。 >
< 註) この足型をコーナーで踊る時は、壁斜め又は LOD に始め、
  上記のリバース系足型を新LOD の中央斜めに続ける。

 足型25番 バウンス・フォーラウェー・ウイズ・
               ウイーブ・エンディング
 (S&QQQQQQS)

浮き沈みを繰り返し、フォーラウェーで長い流を作ります。

この足型ならではの 「浮き沈み」 という特色を欠いて、
単にフォーラウェーでの長い移動のように見える踊りをする人が多いのが残念です。

     男子:
<1.左足 中央斜めに面して前進、CBM、左回転を始める、1 の終わりでライズ、
 フットワークHT、スウェー直>
『スロー』で高く浮き上がる。
<2.右足 壁斜めに背面して (LOD に動く)、右サイド・リーディングでフォーラウェーに後退、
 1-2 の間で 1/4 左回転、ライズ、2 の終わりでロァー、フットワークT、スウェー直>
『&』で高い位置で受け取って直ぐ沈む。
<3.左足 壁斜めに背面して (LOD に動く)、右サイド・リーディングでフォーラウェーで、
 CBMP に後退、ダウン、3 の終わりでライズ、フットワークT、スウェー直>
『クイック』で再び浮き上がる。
<4.右足 壁斜めに背面して横少し後ろへ、アップ、4 の終わりでロァー、
 フットワークT、スウェー直>
『クイック』で高い位置で受け取って直ぐ沈む。
< 註) 第2歩と4歩では少し膝のゆるみがある
  ヒールはフロアーの方へロァー、そしてフロアーに軽くタッチしても良い。
<5.左足 LODに背面してCBMP に後退、4-5 の間で 1/8 左回転、
 ダウン、5 の終わりでライズ、フットワークT、スウェー直>
『クイック』で三回目の浮き上がり。
<6-9.回転の多い ベーシック・ウイーブ の 4-7 歩 >
     女子:
<1.右足 中央斜めに背面して後退、1 の終わりでライズ、フットワークTHT、スウェー直>
『スロー』で高く浮き上がる。
<2.左足 中央斜めに背面して (LOD に動く)、左サイド・リーディングでフォーラウェーに後退、
 アップ、2 の終わりでロァー、フットワークT、スウェー直>
『&』で高い位置で受け取って直ぐ沈む。
<3.右足 中央斜めに背面して (LOD に動く)、左サイド・リーディングでフォーラウェーで、
 CBMP に後退、ダウン、3 の終わりでライズ、フットワークT、スウェー直>
『クイック』で再び浮き上がる。
<4.左足 LOD に向けて横少し前へ、3-4 の間で 3/8 左回転、体の回転を少なく、
 アップ、4 の終わりでロァー、フットワークT、スウェー直>
『クイック』で高い位置で受け取って直ぐ沈む。
< 註) 男子の註を参照 >
<5.右足 LOD に面して OP で CBMP に前進、体を少し左回転、
 ダウン、5 の終わりでライズ、フットワークT、スウェー直>
『クイック』で三回目の浮き上がり。
<6-9.回転の多い ベーシック・ウイーブ の 4-7 歩 >


ライズ・アンド・フォール

ボールルームダンスを解析して、ダンスを構成する要素の一つとして捉えられた
<ライズ・アンド・フォール> と呼ばれる運動があります。

ザ・ボールルーム・テクニックには、 <足、脚、及びボディーを通して行われる上下運動である。>と説明してあります。

この運動を説明する時に、次の四つの用語を使ってあります。
<ライズ>  <アップ>   <ロァー>  <ダウン>

<ライズ> 「体を高い位置に持ち上げる動作」、および、
        「高い位置に置かれた状態」 の二通りを表します。
<アップ> 「高い位置に持ち上げた状態を保つ」 場合を現します。
<ロァー> 「体の位置を、より低くする動作」 を表します。
<ダウン> 「ロァーの動作によって低い位置に置かれた状態」 を表します。

昔から ライズ よりも ロァー が難しいと言われています

ロァー の時に不用意に力を抜いたら、重力の働きでストンと落ちてしまいますから、
力をコントロールして、必要なより低い体の位置を作るように注意しなくてはなりません。

バウンス・フォーラウェー を踊って少しでも不自由を感じたら、 『 ダンス体操一番の練習 』をしてください。


「社交ダンス上達の道しるべ」

(6)競技会・・・より美しく



 PAGE TOP
Home page Top