AUTOBACS NEXT Scavenger And Quiz Rally 2011
          大会写真(小池様提供)はこちら    SAQR専用掲示板はこちら

区間別ダイジェスト


CP間毎の各チームの活躍・浮沈をドラマチックにダイジェスト形式で書いてみました。

1ST スタート〜1CP
 1CP到着までの7問を上位陣は殆ど減点なくこなしたが、1CPでのクイズUb(猿島までの距離)でやや差がついた。前々回優勝するも前回は下位に甘んじたカーオリバトラーズと、PDccクイジーマップのほのぼのクラスで優勝し波にのるダンガンはマチマルなヒーローが、ここを減点0で切り抜け暫定首位に立った。

 田中家の面々の田中さんは13回目の出場を誇るベテランだが、今回初めてファミリーでの参戦だ。その立ち上がりは好調で同点4位につけた。一方田中さんの仲間チームであるパダヤへGo!は、どうしたことかこの区間最下位となってしまった。「核」の文字数を数え漏れるなど、らしくないミスが響いた。

 好不調の波が交互に訪れるジンクスがあるチーム立体は、ジンクスを破れず13位といきなり低迷してしまった。前回初出場ながら上位に入賞したK&Iマリモスターズは、2年目のジンクスか、やはり11位と出遅れてしまった。

 初出場組のうち、チームSACHIはまずまずのスタートを切ったが、ty8は遠征疲れか調子がまだ出ない様子で、明暗を分けた。


1CP〜2CP
 この区間は距離は短いのだが、引っかけがあるクイズTf(浦賀の渡し)や、時間制限付き歩測(クイズUd)があり、この区間だけで20点も差がつく結果となった。

 区間トップを獲ったのはつれづれの山本さんだ。ドライブラリーSAQR10番外編で準優勝した勢いを維持し、通算でも単独トップに躍り出た。続いたのはチームカスMIXで、この区間を4位でまとめ通算で2位に浮上し、前回3位の実力を発揮してきた。

 この区間を共に減点1に抑え2位で通過したあまぐり2号エクレア1号は、それぞれ順位を13位→8位、10位→4位と上げてきた。

 連覇を狙うスバル555アウトバックは、前回ピタリ賞だった歩測クイズであろうことか減点9をたたき、順位を大きく落としてしまう。それ以上に順位を落としたのはカーオリバトラーズで、この区間のクイズすべてで減点となり区間最下位、1CPではトップだったのに2CPでは12位に後退してしまった。カーオリバトラーズも前々回の歩測クイズではピタリ賞ながら前回は最大減点だった。これもジンクスだろうか。


2CP〜3CP
 この区間は今回最もクイズが多い。特にポイントとなったのは走行中の注意力が問われる、クイズTg(海抜看板)とTi(公害監視装置)だ。この両者を正解したチームが上位に踏みとどまる形となった。

 そしてこの区間を制したのは、何と前の区間で最も低迷した2チーム、スバル555アウトバックカーオリバトラーズとなったのだから、驚きだ。

 驚きと言えばもう1つ。何とチームカスMIXがみかん狩りを楽しむという余裕を見せながら区間4位にまとめ、首位に並んできた。

 ここで上位陣がやや絞られてきた。同点首位のつれづれチームカスMIX、安定した成績を残す佐賀県迷走元ランナーズダンガンはマチマルなヒーロー、前回覇者のスバル555アウトバック。この6チームが8点差以内で競っている。ルート自体も三浦半島中央部で折り返すところであり、勝負はいよいよ後半に突入していく。



3CP〜4CP
 この区間は素直なクイズで構成され、差がつきにくい。それだけに凡ミスは大きく響く。ここまでトップのつれづれは、距離計測で減点3を受け3位に後退、代わってチームカスMIXが遂に単独トップに躍り出た。また迷走元ランナーズがすかなごっそ(クイズTn)を見落とし、上位陣から一歩後退した。


4CP〜5CP
 いよいよ1ST最後の区間を迎えた。クイズは少ないものの、意外と難問となったクイズTo(区画番号)や記憶力クイズがあり、若干の順位変動があった。

 チームカスMIXが区画番号に引っかかり首位から3位へ後退してしまう。ここで首位に立ったのは佐賀県だ。終始安定した戦いぶりで徐々に順位を上げてきた。しかし1点差でつれづれ、僅差でチームカスMIXスバル555アウトバック、後半浮上してきたチームSACHIが続いており、勝負は2STへもつれこむことになった。


2ST
 表彰式会場内でプロジェクタにて出題される形式。大逆転までは期待できないものの、上位も下位も僅差が多いだけに小逆転は起きる気配。

 まず中下位陣ではどうか。あまぐり2号がトップを獲り、順位を1つ上げた。パダヤへGo!ty8も好成績だったが順位を上げるには至らなかった。元全日本ラリースト対決を制しチームSACHIが5位入賞、敗れた迷走元ランナーズの大塚さんは、これで3年連続7位となった。

 そして優勝は・・・1STトップの佐賀県は2STが振るわず、つれづれに逆転を許してしまった。という訳で、つれづれの山本さんが見事な逆転優勝を飾った。佐賀県はまたしても2STが鬼門となってしまい、2年連続で惜しくも準優勝となった。

 今回は随所にジンクスを感じる大会となった。大会自体はジンクスに関係なく、今後も継続発展させていきたいと思っている。