近隣の風景


大田原市、湯津上光丸山、神仏混合で木製の天狗の面は特に有名、写真は西行桜、栃木県で一番古い桜(しだれ桜)です。
 


お寺の境内で、春の山野草展
那須烏山市、曹洞宗高林寺の檀家の愛好家で展示会風景(檀家の皆さんに根洗い作りを教えました)

 



小川のカタクリ山公園(那珂川町三輪)、広さは関東最大級(2万平方b)で見渡す限りのカタクリの花が見事、ほかにショウジョウバカマ、ミズバショウなど群生しています 


旧黒羽両郷にある磯上の山桜、推定樹齢300年・周囲43m高さ17m山桜では栃木県内第一 
那須連山周辺からの春夏秋冬    左クリックで画像が拡大します
  小左:激しい雷と猛烈な雨が降って、あっという間に通り過ぎ何層もの虹が

右:大きな蜘蛛(約7cm)が自分の縄張りを(畳で約四畳)つくり、獲物を狙っています



この道のの奧に大治年間(1126〜1131)に開基された雲厳寺がある、二度焼失するも1849年(嘉永2年)に再建されて、築300年の仏堂がある。
松尾芭蕉の立ち寄った寺としても有名です。



雲厳寺、引き戸の向こうに三仏堂がある、モミジが黄色く紅葉している


大山巌元帥(侯爵)の墓所のある公園、正面に戦没者慰霊塔がある、京都嵐山のモミジ


スカイブルーの青空に水面に映える紅葉、那須連山の北側に甲子温泉があり、甲子トンネルを抜けて左に道を折れると神秘的な観音沼が

御殿山(市内佐久山)の土佐楓、那須泰隆が築城(城址公園)


燃えるような大山参道の紅葉のトンネル
 那須連山、熊見曽根と隠居倉ポイント  
那須連山、熊見曽根と隠居倉ポイント
中央は姥ヶ平、南月山方向
 
那須連山、熊見曽根と隠居倉ポイント
左は茶臼山の山頂が見えます
 

観音沼の周辺の紅葉はモミジをはじめ多種類の樹種が紅葉しますな観音沼が



暮れから、工事中の東京スカイツリーが見えます(やや左、すっきり見えませんが)


近くの早朝の牧場風景、ケヤキのシルエットが印象的です
 


旧黒羽、御亭山(標高512.9m)山頂から朝日に輝く富士山、この場所から富士山まで214kmの距離、見えるビルは宇都宮市街(約60km)、栃木県庁や、市役所が確認できる H24


市内に流れる蛇尾川、早朝の冷えた空気に触れ川面から朝霧が立って、水墨画を見ているよう(湯津上片府多付近)
 
H27.12.29日の出の時
 
左と同日、日の出後10分
 
H27.12.29日の出の時
画像中央にスカイツリー
sukaituri
 
左の画像をトリミング



  トップへ    前5週に掲載へ      根洗いの作り方へ   
 
盆栽協会那須支部 第50回那須支部盆栽展 工事中