草 物 盆 栽


次のページは
前5週掲載
した画像を
載せています



草物盆栽
(根洗い)

の作り方


次のページは
近隣の風景
画像を載せて
います


日本盆栽協会
那須支部
概要



第51回
那須支部
盆栽展




展示会及び
講習会





 
ミニバラほか 3年
 
黄金フウチソウ 6年

文山草
goo
ブログ



草物盆栽(根洗い)は、普段生活をしている身近にある植物を使って、自然の景色を彷彿させるような風景を心に描き山野草と小さな樹木を寄せ植えして、根洗い風に作り込みます。

鉢の表面に自然発生した苔(コケ)を最大限に生かし短期間で格調高く、しかも垢抜けした作品に造りあげ、席飾りの主木や添え草(下草)として、床の間や玄関先、食卓のテーブルなどあらゆる場所で飾れるよう造ります。

鉢の表面に自然発生した苔(コケ)を最大限に生かし短期間で格調高く、しかも垢抜けした作品に造りあげ、席飾りの主木や添え草(下草)として、床の間や玄関先、食卓のテーブルなどあらゆる場所で飾れるよう造ります。

草物盆栽を飾るときは、植木鉢の代用として地板や水盤、陶板などを用い、床飾り、席飾り、一般の陳列などと飾りますが、草物盆栽はテーブルの一隅に置くだけでも様になります。いつも身近に置いて動物のペットのように扱うことが出来ます。

飾りの意義は培養技術の表現と審美の発露でもあり、限定された場で空間を生かし飾られた作品が自然の宇宙間になにものかを連想させるごとき、具現の楽しみと醍醐味に接するところに大きな魅力が存在します。 更に、飾りには「間」を最重要に尊び、数多く並べ立てることを厳しく戒め主従の間を充分にとり、それよって空間美を現出し格調高く飾ることが真髄であります。

本HPでは、創作した草物盆栽から時季折々の季節と自然の情景を心に感じて頂ければ幸いです。
                                           文 山 草(山根文男)
      
この画像の更新日は6月11日です
 「上」
あやめ(光源氏)ほか/高さ58cm/作6年/陶板(益子焼 明石正作)
アヤメは草原などの乾いた土地、30~60cm程度、花びら(花弁)の付け根に黄色と紫の網目状の模様、葉脈は目立たず
写真の花はアヤメの新しい品種で「光源氏」です画像のいます。
ブルー系統の色は、青色が心身の興奮を鎮め、感情を抑える色なので、心身が落ち着き、感情にとらわれず冷静に物事を判断しやすくなります。
これは青の光が「副交感神経」を刺激し、脈拍や体温が下がり、呼吸もゆっくりと深くなるためと考えられます。
また、心身を落ち着かせ、長時間の集中力を助けます。
「中」
左:薄ピンクのミニバラ、大きな葉はナンキンハゼなどです、秋にも楽しめます。
右:黄金フウチソウ、少しづつですが年々増えて全体に葉が覆われてきました
 「下」
ミヤマヨメナほか/高さ32cm/作9年/陶板(益子焼 長豊陶苑 長棹豊)
多年草,本州〜九州の山地の渓谷沿いや落葉樹林下に群生する。栽培されるミヤコワスレの原種。茎は叢生し、高さ15〜55cm。根生葉は花の頃も残り、翼のある長い柄がある。茎葉は互生し、柄がなく、長さ3.5〜6cmの長楕円形で両面に毛があり、大きな鋸歯がある。枝の先に直径3〜4cmの頭花を1個つける。舌状花は青紫〜白色で、管状花は黄色。そう果に冠毛がない。花期は5〜6月。


                                  





 心と体を癒す「草物盆栽」
  那須連山が望める豊かな自然、春から夏~秋から冬へと四季が変化する中で生活をしているうちに、とりまく自然や 風景を手元に引き寄せ手近で楽しむ「盆栽」を、いつしか日常生活の一部としての趣味になっていました。

  趣味として始めた盆栽、特に「根洗い」を作り始めたころ、ケト土を練って大きな土団子を盆栽棚に並べ置いたのを、ほかの人が見て怪訝に思われました。

  人がなんと言おうと、たとえそれが時代遅れであろうと、流行に反しようと、ひたすら自分の想い描いた盆栽作りに没頭し、専念し、我を忘れ、現実を忘れて無為の時間を過ごすことがあります。こんな時空が日常生活のアクセントになって潤いと安らぎを感じます。

  花や緑には人間の心と体を癒す効果があるといわれています、趣味の盆栽を通じて、今日のような情報化社会でストレスを多く感ずる現代には、時として無為の時間を過ごすことも良いのではないでしょうか。

  盆栽は、便宜的に松柏・雑木・花実もの・草ものなどに大別されます。
  とりわけ短期間で飾れるようになる、身近で無限で丈夫な山野草を主材とした「草物盆栽」を、お勧め致します。       
                                           文 山 草(山根文男)