愛知県板金総合職業訓練協会訓練施設
                     
愛知県板金技能専門校
     

〒451-0035 名古屋市西区浅間2-3-14

         愛知県職業訓練会館3F

電話・FAX 052-532-0262

       
        役職者名簿  

1.開校の目的

本校は、職業能力開発促進法に基づく事業内訓練を実施する事により、板金業に携わる若者の能力を開発向上させるとともに、訓練終了後の資格取得によって社会的身分の擁立を図り、板金技能者としての誇りと責任感を高め、ひいては業界の発展に寄与することを目的として昭和29年5月に開設されました。

 

2.沿革

昭和29年5月   労働基準法に基づき、全国に先駆け板金の職業訓練校として

             「愛知県板金工技能者共同養成所」を開設。(初代所長 山口音吉氏)

            <所在地> 名古屋市熱田区西郊道り3-3

昭和33年4月   職業訓練法の施行により 「愛知県板金共同高等職業訓練所」に改称。

昭和33年12月  愛知県知事より 事業内職業訓練認定を受ける。 (認定職種 板金科)

昭和35年1月   愛知県知事より優良職業訓練所として知事表彰を受ける。

昭和35年10月  労働大臣より優良職業訓練所として大臣表彰を受ける。

昭和39年4月   愛知県板金共同職業訓練所 所長 山口音吉氏が退任し、2代目所長に

            柴田嘉一氏が就任した。 (所在地) 名古屋市千種区今池町2丁目51番地 

            に移転

昭和48年4月   職業訓練法の改正により 「愛知県板金高等職業訓練校」と改称。 

            (校長 柴田嘉一氏)

昭和54年4月   愛知県板金高等職業訓練校校長柴田嘉一氏が逝去に付き、退任。

            訓練校運営母体として 「愛知県板金総合職業訓練協会」 を創立、

            初代会長に長谷川信俊氏が就任した。

            愛知県板金高等職業訓練校校長に羽柴弘和氏が就任。

            (所在地) 名古屋市千種区今池3丁目6番6号に移す。

昭和56年3月   愛知県板金総合職業訓練協会 会長長谷川信俊氏が退任し、

            2代目会長に伊藤昭作氏が就任した。

昭和58年4月   愛知県板金高等職業訓練校 校長羽柴弘和氏が退任し、

            4代目校長に長谷川信俊氏が就任した。

昭和59年5月   訓練校創立30周年祝典を名古屋ターミナルホテルで開催した。

昭和60年5月   愛知県板金総合職業訓練協会 会長伊藤昭作退任し、3代目会長に

              羽柴弘和氏 が就任した。 (所在地)西区八坂町2-7 に移す。

昭和60年11月  中央職業能力開発協会長より優良職業訓練団体として感謝状を受ける。

昭和61年11月  愛知県知事より優良職業訓練団体として表彰を受ける。

昭和62年8月   (所在地)名古屋市西区浅間2丁目10-4 に移す。

平成1年4月   訓練施設名を 「愛知県板金技能専門校」 と改称。(校長 長谷川信俊氏)

平成6年2月   訓練校創立40周年祝典を名鉄ニューグランドホテルにて開催した。

平成10年4月  職業能力開発促進法の施行規則第33条の規定により建築外装系建築板金科

           に変更した。

平成15年5月  愛知県板金総合訓練協会 会長 羽柴弘和氏 退任し、4代目会長に

           長谷川信俊氏が就任した。  訓練施設「愛知県板金技能専門校」

           校長 長谷川信俊氏が退任し、5代目校長に 井藤和美氏が就任した。

平成15年11月 厚生労働大臣より技能振興推進優良団体として表彰を受ける。

平成16年6月  訓練校創立50周年祝典を名鉄ニューグランドホテルにて開催した。

平成18年11月 全国技能士会連合会会長より優良団体として表彰をうける。

平成23年8月  (所在地)名古屋市西区浅間2丁目3-14 愛知県職業訓練会館3F に移転。

 

3.教育訓練 

各教科について80%以上の出席が必要。一部科目では研修、見学、セミナー、等の行事参加で単位取得。実技指導は訓練校のほか、職業訓練指導員事業所で日常作業を通して基礎実技と専攻実技を履修、単位を取得していただきます。

                     
  訓練校トップへ     平成21年度・役職者名簿   授業の様子