フィラリア症の予防

犬フィラリアとは

犬フィラリア(犬糸状虫)は、犬の心臓や肺動脈に寄生する寄生虫です。
このフィラリアの寄生を受けるとその犬はフィラリア症となり様々な心臓・循環器障害が発生し、結果として死に至る恐ろしい病気です。

フィラリア症の比較的よく見られる症状として

  • 食欲減退
  • 無気力
  • 体重の減少
  • 運動をして倒れる
  • 呼吸が速くなる
  • お腹が大きくなる(腹水) などがあります。

    これらの症状は心臓・肺・肝臓・腎臓などの主要臓器が急性あるいは慢性的にフィラリア虫体によって障害を受けた結果です。

 

 

フィラリアのライフサイクル

フィラリアの成虫には雄と雌があり、犬の血液中で子虫(ミクロフィラリア)を生みます。
子虫(ミクロフィラリア)はそのままでは成虫になることはありません。
蚊が犬を吸血すると血液中の子虫(ミクロフィラリア)は蚊の体内に移行し感染幼虫に変態します。
感染幼虫を持った蚊が次に犬の吸血をする際、感染幼虫は犬の体内に侵入します。
犬に侵入した感染幼虫は、約2ヶ月間は蚊に刺された場所の近くの皮下組織や筋肉内に留まり、ここでさらに発育・変態し血管内へと移行します。
血管内に移行したフィラリアは最終的な寄生部位である心臓や肺動脈に移行し、
成虫となり子虫を生みます。
このように蚊の吸血により感染幼虫が犬の体内に侵入してから成虫(親虫)になり、子虫(ミクロフィラリア)を生み始めるまでには約6ヶ月かかります。

 

フィラリアの予防

この病気は予防が第一となります。
フィラリアの感染には必ず蚊がその仲立ちをしますから、最良の予防方法は蚊に絶対に刺されないことですが、日常生活の上ではこれはまず不可能です。
現在の予防方法は蚊に刺された際に犬の体内に侵入してきた感染幼虫を血管内に侵入する前に殺菌・駆虫することでフィラリア寄生の予防を行っています。
すなわちこの予防法はワクチンによる免疫とは違い日々の寄生虫感染の駆虫により発症予防を行うものです。
感染期間は蚊の出現している4月頃から11月頃までとなりますが、地域・気温・生活環境によってさらに長期にわたり感染する可能性があります。

予防期間は蚊の吸血開始1ヶ月目から吸血終了1ヶ月後までが予防期間となることから、一般的には5月から12月までが投薬による予防期間となります。
しかし、少しでも蚊の吸血が考えられる場合は、期間を延長して予防を行うことは飼い主の方の判断となります。

フィラリアの予防薬

当院では次の中から予防薬をお選びいただけます。詳しくは獣医師にお尋ねください。
  • おやつタイプ(チュアブルタイプ)
  • 注射薬
  • 錠剤薬
  • 散剤薬

検査の必要性

予防薬の投薬を始める前に、まず犬の心臓や肺動脈内にフィラリアの寄生がおこっているかどうか検査による判断が重要です。
寄生した場合、前述したように多くの臓器がダメージを受ける結果となるからです。
フィラリア感染の有無は血液検査により行いますが、子虫(ミクロフィラリア)の検出により間接的に成虫の存在を知る方法と、免疫学的に成虫から出る抗原検出の検査があります。
今まで多くの場合は、簡単な子虫(ミクロフィラリア)の検出により感染の有無を調べていましたが、成虫寄生が起こりながら子虫(ミクロフィラリア)の産生がない場合や単性寄生(雄虫・雌虫のみの寄生)の場合などの検査結果は陰性となり、不十分なことから、さらに精度の高い検査方法である抗原検出検査も行います。
成虫自体の存在を調べる抗原検査は、わずか0.15mlの血液で検査結果が得られることから、子虫(ミクロフィラリア)の検査と同時検査でもわずか1ml程度の採血で済みます。
しかし、この検査にも限界はあり、寄生しているフィラリアの数が極端に少ない場合(2,3匹以下)や、フィラリアの雄ばかりの寄生の場合には残念ながら確認することはできませんので、感染を疑う場合は他の臨床検査を組み合わせて判断することになります。