見沼たんぼ緑地の自然観察会(テーマ別グループ活動)

  ようこそさいたまフレンド

早起きバードウォッチングにご参加ください

自然観察ハイキング(丸ケ崎・深作田圃と深作多目的遊水地)

原則として、毎月第一日曜日の午前7時から9時30分まで、野鳥の観察と調査を行っています。
集合場所は芝川に掛かる「石橋」の左岸です。
朝早いのが難点ですが、野鳥の動きやすい時間ということになっています。
鳥好きの人間、十数名が楽しくやっています。
◎参加していただける方は、観察日に直接「石橋」 においでください

 9月07日(土)  10時-12時  見沼自然公園集合
 テーマ  見沼たんぼの昆虫観察 
  講師  埼玉昆虫談話会元会長牧林先生

大宮第三公園のアオサギ

大和田緑地もひっそりとしていて鳥の声もなく、アプラゼミとミンミンゼミの声だけが賑やかです。

今の時期ですと、ツクツクボウシも盛んに鳴くはずですが、今回はぬけがらも全く見当たりません。

空高くカワウが飛んでいきました。ツバメも飛んでいたといった声が聞こえましたが確認できません。第三公園に入ってようやく、ホオジロが出てくれました。かなり遠くてよく観察ができませんが、何かほっとした感じです。キジバトが3羽芝生の上にいました。水辺には、ダイサギ、アオサギ、ゴイサギがいました。カワセミがいるだろうと探しますが見当たりません。ゴイサギは体の一部分しか見せておらず、確認するまでかなりの時間がかかりました。

突然、「イソシギ」という声に一斉に双眼鏡で追いましたが、見た人はわずかでした。ここは場所も広く観察にはうってつけのところで、いろいろと話題が盛り上がります。
 小峯リーダーは、野鳥だけにこだわることなく、野草であれ昆虫であれまんべんなく丁寧に説明をしてくれます。これが多くの人を引き付ける魅力につながっているものと思われます。

2017年度活動方針
自然保護につながる自然観察と調査を活動の原点として、見沼たんぼ地域を主要なフィールドに自然観察の輪を広げ、里やまの原風景を守り育てることに努め自然観察・環境調査・緑地保全のセンター的役割を果たします。


常泉寺

アゼムシロ

キクモ

チョウジタデ

ミズワラビ

見沼塾(見沼たんぼの自然・文化を学ぶ講座)


アブラゼミ

オオヒラシデムシ

ヤマトシジミ

キリギリス

マキノ講師

見沼の自然と史跡を訪ねる観察会(埼玉県委託事業)

9月の観察会記録

 11月2日(土)  9時30分 合併記念見沼公園集合・解散
 テーマ  野草観察班と昆虫その他生き物班に分かれます。
  
 コース概略 集合場所から南部浄化センターあたりまで歩き、12時頃現地解散となります 
 参加費 参加費500円(中学生以下は100円)

さいたまフレンドの会員を募集しています

 9月15日(日)  9時  大宮駅東口「子リスのトトちゃん像前に集合
 テーマ   見沼の自然と史跡を訪ねて
 コース概略  常泉寺ー加田屋新田(ヒガンバナ)ー見沼自然公園
 10月13日(日)  9時00分 宇都宮線東大宮駅東口集合 
 テーマ  
  
 コース概略 春野図書館から丸ケ崎田圃、深作多目的遊水地まで歩き、12時頃現地解散になります
 参加費 参加費500円(中学生以下は100円)

連絡先は小野宅  Eメール t.ono@axel.ocn.ne.jp 

風車とさいたま自然の森

会員数 110名
年会費 3000円(同居の家族会員は無料)
     バスツアーを除いて、通常のイベントは参加費500円(会員は無料)

大和田特別保全地区

加田屋川