ようこそさいたまフレンド

浮間公園の野鳥観察             

見沼たんぼ緑地の自然観察会(テーマ別グループ活動)

大和田緑地公園

皆さんこんにちは。芝川沿いの斜面林や大宮公園の桜並木もうっすらと紅葉し始めて参りました。樹木によってはずいぶん葉を落としたものもあって、秋本番を感じる季節となりました。いよいよ野鳥の姿も見つけやすくなる、バードウォッチングにはベストなシーズンの到来ですね! 

スタート地点である石橋から歩き始めてまもなく、周囲から「あっ!」「おおっ!」「あら〜!」という歓声が突然

あがりました。なんと下流に向かってカワセミ4羽が川面を低空飛行していったのです。しばらく歩を進めていく

間に、今度は川上に向かって2羽、また2羽と戻っていきます。親が子に飛び方を教えているのでしょうか?雄雌つがいで餌場を探しているのでしょうか?みんなが色々な意見を楽しそうに交わしています。

再びカワセミが2羽川下に向かって飛んで行きました。カワセミの姿が現れるたびごとに歓声が上がります。

1羽がちょうど川辺のヨシの枝先で休んでくれたおかげで、全員でゆっくりカワセミのきれいな容姿を観察することができました。

地再生保護区内の雑木林は地面いっぱいに枯葉が敷きつめられ、ドングリがいっぱい落ちていました。

佐々木さんの説明では、今年はドングリが豊作とのことです。参加されている大江さんのお子様二人も大きなドングリを見つけて大喜びでした。そしてここにもカワセミが!谷地の池の中程に立つ止まり木に1羽がやって来ました。ちょっと小太りな体型です。ここでもあちこちから歓声が上がりました。 

第3公園にある野鳥観察池には冬の水鳥たちが集まって来ていました。コガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、オオバンそして珍しくキンクロハジロの姿も発見!でも未だ成鳥の羽色ではなくキン半クロハジロと言ったところです。

早起きバードウォッチングにご参加ください

 11月23日(土)  9時  大宮駅東口「子リスのトトちゃん像前に集合
 テーマ   見沼の自然と史跡を訪ねて
 コース概略  氷川参道ー氷川神社ー大宮公園ー大宮駅  ※ 雨の中の観察会となりました

原則として、毎月第一日曜日の午前7時から9時30分まで、野鳥の観察と調査を行っています。
集合場所は芝川に掛かる「石橋」の左岸です。
朝早いのが難点ですが、野鳥の動きやすい時間ということになっています。
鳥好きの人間、十数名が楽しくやっています。
◎参加していただける方は、観察日に直接「石橋」 においでください

2017年度活動方針
自然保護につながる自然観察と調査を活動の原点として、見沼たんぼ地域を主要なフィールドに自然観察の輪を広げ、里やまの原風景を守り育てることに努め自然観察・環境調査・緑地保全のセンター的役割を果たします。

 12月7日(土)  9時30分 埼京線浮間舟渡駅集合・解散
 テーマ  野鳥観察入門
  
 コース概略 浮間公園の中央に広がる浮間ヶ池を一周しながら、カモの群れを中心に樹木や野草の観察も実施しました。 
 参加費 参加費500円(中学生以下は100円)

アオサギ

カンムリカイツブリ

キンクロハジロ

ヒヨドリ

ユリカモメ
 11月2日(土)  9時30分 合併記念見沼公園集合・解散
 テーマ  野草観察班と昆虫その他生き物班に分かれました。
  
 コース概略 集合場所から南部浄化センターまで歩き、12時頃現地解散となりました。 
 参加費 参加費500円(中学生以下は100円)

ガマズミ

昆虫班

南部浄化センター

合併見沼自然公園

見沼の自然と史跡を訪ねる観察会(埼玉県委託事業)


大宮公園

イイギリ

オオバン

オナガガモ

アカシデ

キンクロハジロ

マツグミ

本年度の行事報告

11月の観察会記録 レポーター梅津さん

さいたまフレンドの会員を募集しています

カワセミ
コサギ

連絡先は小野宅  Eメール t.ono@axel.ocn.ne.jp 

風車とさいたま自然の森

会員数 110名
年会費 3000円(同居の家族会員は無料)
     バスツアーを除いて、通常のイベントは参加費500円(会員は無料)

大和田特別保全地区

加田屋川