ようこそさいたまフレンド

北アルプスの五竜岳に4月頃よりより明確に表れる雪形で菱型が4つ表れます。

戦国の武将武田家の家紋「武田菱」に類似することから、多くの人々の関心を集めており、白馬連邦の雪形でも一番分かりやすく誰でも理解しやすいものです。

 会員のタカノさんが撮影しました。

観察会アルバム

原則として、毎月第一日曜日の午前7時から9時30分まで、野鳥の観察と調査を行っています。
集合場所は芝川に掛かる「石橋」の左岸です。
朝早いのが難点ですが、野鳥の動きやすい時間ということになっています。
鳥好きの人間、十数名が楽しくやっています。
◎参加していただける方は、観察日に直接「石橋」 においでください

早起きバードウォッチングにご参加ください

さいたまフレンドの会員を募集しています

 4月14日(日)  13時00分 さいたま市市民の森正門集合・解散
 テーマ  見沼たんぼ緑地の自然観察会
 グループ別テーマ   春の花、樹木調べ、生き物いろいろ(春の虫)
   ※ 希望するテーマ別に3グループ編成になります
 参加費 参加費500円(中学生以下は100円)
 3月23日(土)  9時00分 さいたま新都心駅集合  中山神社にて現地解散
 テーマ  見沼の自然と史跡を訪ねて
 コース概略  新都心広場-上山口新田(春の七草)-圓蔵院(シタレザクラ)-中山神社(境内林)
 参加費 参加費500円(中学生以下は100円)

自然観察会のご案内

会員情報

2017年度活動方針
自然保護につながる自然観察と調査を活動の原点として、見沼たんぼ地域を主要なフィールドに自然観察の輪を広げ、里やまの原風景を守り育てることに努め自然観察・環境調査・緑地保全のセンター的役割を果たします。

連絡先は小野宅  Eメール t.ono@axel.ocn.ne.jp 

先日発行の「みちくさ」において紹介をされていた、ベニマシコです。毎年のように見沼たんぼで見られますが、茂みに隠れていることが多くなかなか姿を見せません。                                        撮影者ササキ

風車とさいたま自然の森

会員数 110名
年会費 3000円(同居の家族会員は無料)
     バスツアーを除いて、通常のイベントは参加費500円(会員は無料)

大和田特別保全地区

加田屋川

 4月27日(土)  9時00分 大宮公園駅(アーバンパークライン)集合・解散
 テーマ  見沼たんぼの春の七草と斜面林キンラン・ ギンラン
    ※絶滅危惧種、ウラシマソウ、キンラン、ギンラン、シュンラン、ワニグチソウの観察
 コース概略 大宮公園駅-見沼代用水西縁-芝川-大和田緑地-大宮公園駅 
 参加費 参加費500円(中学生以下は100円)
 4月20日(土)  13時00分 さいたま市市民の森正門集合・解散
 テーマ  見沼の自然と史跡を訪ねて
 コース概略  市民の森-防風林(クサイチゴ)-小島家長屋門-見沼公園(サトザクラ)-神明社-市民の森
 参加費  参加費500円(中学生以下は100円)