自然観察さいたまフレンド(NPO法人)

クリックすると拡大表示になります

2017年度活動方針
自然保護につながる自然観察と調査を活動の原点として、見沼たんぼ地域を主要なフィールドに自然観察の輪を広げ、里やまの原風景を守り育てることに努め自然観察・環境調査・緑地保全のセンター的役割を果たします。

2018年度自然観察会の予定 (2018年4月ー2019年3月)

見沼の自然と史跡を訪ねてー常泉寺からヒガンバナの咲き誇る

見沼代用水東縁を歩く

未来に残そう!ふるさとの自然  大宮東小学校3年生総合学習

身近な自然の観察展示ー未来に残したい五感で

楽しむ自然展  
          9月11日-9月16日  大宮図書館

10月の活動風景・芝川と大宮第三公園

さいたまフレンドの会員を募集しています

どなたでもいつでも参加ができます。興味のある方は、集合場所へ
直接おいでください。

 早起きバードウォッチングにご参加ください   

クリックすると拡大表示になります

常泉寺の開山は1300年代までさかのぼるという、さいたま市でも古刹としての歴史ある寺院である。本堂には山岡鉄舟の山額「瑞谷山」が掲げられている。
墓地の中には、岩槻藩主阿部氏側室の墓をはじめ、朝鮮人慰霊碑その他蓄霊合祀塚などがおかれ、本堂にはご本尊の釈迦如来の涅槃図が掲げられている。

 月 日  集合時間    集合場所         内      容
  4/7   13:00
  氷川参道終点  見沼たんぼ緑地の自然観察会
  4/14   13:00
  市民の森正門  見沼の自然と史跡を訪ねて
  4/29   9:00
  大宮公園駅  春の七草とキンラン・ギンラン
  5/03  9:30
  東京駅丸の内北口  東御苑のキンラン・ギンランと江戸城  遺跡
  5/26   9:00
  浦和駅東口  見沼の自然と史跡を訪ねて
  6/10   9:30
  大宮第二公園  見沼たんぼ緑地の自然観察会
  7/15   8:30
 大宮駅東口埼玉りそな銀行前  行田・古代ハス、ムサシトミヨ保護セン ター
  9/24   9:00    大宮駅東口 子リスのトトちゃん前  見沼の自然と史跡を訪ねて 
 9/30  8:30   大宮駅東口埼玉りそな銀行前  栃木県塩谷町・尚仁沢湧水池を訪ねて
       
       

大和田緑地公園は芝川沿いの大宮体育館南側に広がる特別保全区域です。
会員の活動によって、絶滅危惧種などの希少植物も育つ自然豊かな場所となっています。

年間を通じも、様々な自然観察が行われ、大学や小学校の環境学習も実施されています。
左の写真は、一般募集の雑木林体験での一コマです。

連絡先は小野宅  Eメール t.ono@axel.ocn.ne.jp 

原則として毎月第1日曜日の午前7時に芝川に架かる石橋に集合です。

当日午前7時に大宮体育館近くの芝川に掛かる石橋においでください。

クリックすると拡大表示になります

従来までの「自然観察さいたまフレンド・フェア」を今回から新しい名称としてスタートしました。

植物や生き物の調査資料(パネル)や、会員個人の写真作品45点その他様々な創作作品を展示しました。

会員数 110名
年会費 3000円(同居の家族会員は無料)
     バスツアーを除いて、通常のイベントは参加費500円(会員は無料)