備前牛窓本連寺

経王山と号す。延暦年中最澄の旧跡ともいう。
牛窓の最初の法華宗の道場として、大覚大僧正が法華堂を建てたことに始まる。
 ※大覚大僧正中国弘通のため西下、三備の第一歩を記したのがこの牛窓であろうと推測される。
三備の第一歩を記した大覚大僧正はこの地の石原佐渡守を教化、法華堂を建立する。これが後の本蓮寺に発展する。
 2001/12/29撮影:門  前 題 目 碑
永享年間(1429-40)に本能寺日隆上人が西国に布教し、日暁上人を備前に派遣する。
牛窓の豪族石原道高は日暁上人に帰依し本蓮寺の開基檀越になり、法華堂を本蓮寺(日隆上人が第1世)と改号する。
道高は第2子を出家(日澄上人・第2世)させ、兄石原伊俊と共に本蓮寺本堂(明応元年<1492>、桁行5間・梁間5間、寄棟、本瓦葺、重文)を造立する。 以降西国筋の八品派の拠点の一つとなる。
 2001/12/29撮影:本 連 寺 本 堂

2017/10/23追加:
「第42章 大覺大僧正妙實上人」(「岡山市史 巻2」岡山市役所編、昭和11年 所収) より
○本蓮寺蔵・元禄16年(1703)折本縁起:
開巻第一、備前牛窓、本門法華宗本蓮寺来歴之事の条
一、当寺草創開基者、大覚和尚、是即後醍醐天皇第三宮大覚寺殿御事也、・・・・、大覚寺殿與日像師数在御参会毎度及法論其後日像を屈尊而被仰師範由申伝事。
一、・・・・・(省略)・・・・
○本蓮寺蔵・経王山略志:
東備本蓮寺者、往昔伝教大師之草創而、桓武帝勅願之道場也、・・・然後、中古近衛左府藤公(経忠)之猶子僧正大覚弘通・・・(以下略)・・・・

2001/12/29撮影:
この本堂とともに同時代に建立されたと推定される番神堂(重文)、中門(ニ脚門、重文)が今日に伝えら れる。
 番神堂(覆屋)     番 神 堂1     同       2     同        3
さらに江戸時代になって祖師堂・三重塔・客殿(朝鮮通信使の宿舎)等が建立される。
 祖 師 堂1      祖  師 堂2      祖師堂扁額       客      殿       鬼子母神?
三重塔は元禄3年(1690)建立。一辺 3.2m、高さ18.1m、小型塔。手法として花頭窓等唐様の影響が見られる。
町並みが迫る丘上の下段に伽藍地が造成され、本堂・祖師堂・三重塔が密集して建つ。
 本蓮寺三重塔1        同        2(向かって右から祖師堂、三重塔、本堂)
 同        3       同        4       同        5
 同        6       同        7       同        8       同        9  

かっては寺中6坊があったが、明治15年大蔵坊を除く5坊を本坊に合併する。

2010/12/19追加:
「本能寺史料 西国末寺篇」藤井学・波多野郁夫、思文閣出版、1993 より
 牛窓本蓮寺境内図 


2006年以前作成:2017/10/23更新:ホームページ日本の塔婆