播 磨 高 蔵 寺 ・ 山 城 三 室 戸 寺 三 重 塔

播磨高蔵寺・山城三室戸寺三重塔

播磨高蔵寺三重塔跡

  播磨高蔵寺は佐用郡三日月町の小高い山中にある。
山門を入り左手に本堂・森家御霊屋・薬師堂・鐘楼などがあり、山門正面に客殿(方丈)・庫裏などがある。
本堂に向かって左手に裏山に登る道があり、このつづら折の道を数十m登ると、途中に平坦地があり、ここにフェンスに囲まれた貯水棟(寺院の説明)があり、この貯水棟の裏側 (下記写真6参照)に、三重塔跡が現存する。
 下掲載「播磨高蔵寺絵図」を参照。

2003/12/31撮影:
 三重塔跡は既に潅木に覆われるが、明瞭に土壇を残す。
土壇の一辺(上辺)は約3.9mで、高さは30cm内外を測る。
 :<実測>

播磨高蔵寺三重塔跡1(塔亀腹跡)
播磨高蔵寺三重塔2(左図拡大図)
播磨高蔵寺三重塔3(西面亀腹)
播磨高蔵寺三重塔4(土壇上礎石)
播磨高蔵寺三重塔5(亀腹隅・石柱・礎石)
播磨高蔵寺三重塔6(貯水棟で写真右奥が三重塔跡)
   小雨の中で写真はやや不鮮明。

 この土壇は一辺約3.9mを測るが、山城三室戸寺に残る塔の一辺2.72mから判断して、基壇ではなくて、塔の亀腹と思われる。
礎石は土壇上には1個の自然石(川原石)のみが残存する。周囲には束石があったと思われるも確認は出来ない。
さらに土壇上の礎石とは別に礎石と思われる石(川原石)が土壇外に2個ほど転落して残存する。
 ※但しこれ等の川原石が礎石かどうかは不明。
なお土壇上にはかなり多くの、礎石抜取り穴と思われる穴が残り、礎石は近年に抜き取られた可能性もあると思われる。
2008/07/01撮影:
 播磨高蔵寺三重塔跡11:西面、西より撮影
 播磨高蔵寺三重塔跡12:西面、南より撮影
 播磨高蔵寺三重塔跡13:東面及び南面(南面は写真左)、東より撮影
 播磨高蔵寺三重塔跡14:南東隅(写真のほぼ中央)、写真左上隅:転落(推定)礎石、中央やや左下:「金毘羅大権現五千度供■塚」碑、
                右端やや上:(推定)礎石

なお土壇に接して、正面に「金毘羅大権現五千度供■塚」<■は判読できず>、側面に「文政8年」と刻印した石角柱(上記写真にも写っている)が建つ、その位置は塔の縁とかぶり、またその銘からも、本来塔と関係があるものとは思えない。
おそらく塔が撤去された後に移設されたものと思われるが、よく分からない。

三重塔は中興仁可上人が元禄年中の堂宇再興時に発願、大檀那下本郷中村の中村作右衛門の寄進を得て、作州の大工楢本源右衛門の請負で元禄17年(1704)竣工と云う。塔本尊は大日如来。

◆高蔵寺略歴:
 高蔵寺は済露山と号する。神亀2年(725)行基の創建とし、本尊千手観音像は行基作と伝える。真言宗御室派。
後醍醐天皇は隠岐配流の時、当寺に立ち寄り、建武中興後千手堂を修補したと云う。その後戦火で焼失。
応安2年(1369)赤松覚祐が千手堂・宝塔を再興。弘治2年(1556)堂舎を焼失。
弘治3年千手堂のみ再建、その後仁可上人(中興とされる)の代・元禄年中に大師堂再建、森家の菩提寺となり、宝永7年(1710)堂宇の再建が成就する。本堂・三重塔・大師堂・開山堂・御影堂など の存在が知られる。
その後も三日月藩(1万5千石)森家の菩提寺であり、津山藩初代森忠政、三日月藩初代森長俊以下歴代三日月藩主の御霊を祀る。
 ※三日月藩は、元禄10年(1697)津山藩森家の改易により、分家森長俊が三日月の地に移封されたことにより始まる。

 高蔵寺全景
2008/07/01撮影:
 播磨高蔵寺全景2
 播磨高蔵寺本堂: 本尊は千手観音坐像を安置、左は鐘楼、右は御霊堂
 播磨高蔵寺御霊堂:森家御霊屋、内部中央上檀に藩祖森対馬守長俊の木造を安置し、左右には歴代藩主や一族の位牌が並ぶと云う。
 播磨高蔵寺方丈

明治維新後、おそらく塔の維持管理に困窮し、塔を放出したものと思われる。
○2012/08/13追加:「三日月町史 第4巻 史跡」三日月町史編集委員会編、昭和41年 より
この塔は元禄17年(1704)竣工、明治になって破損がひどく、大檀那中村家では明治17年田を8畝ほど営繕に寄附するも、その後維持困難となり、明治44年金500圓で宇治三室戸寺に売却する。
「いまその図面が乃井野八幡神社の拝殿に」あると云う。
 ※その図面とは塔の図面であろうが、未見。
なお、中村(仲村)家には今の和銅の塔棟札を残すと云う。

2006/11/30:「Y」氏ご提供
「播磨高蔵寺絵図」
 「明治新撰 播磨名所図絵」中谷良與助(與助と推定、大阪府平民・堺宿屋町住)、大阪工新圖匠館、明治26年 より

播磨高蔵寺絵図:左図拡大図:
  明治26年の年紀があり、その頃の景観と思われる。

この絵図には、山城三室戸寺に明治43年売却移転した大塔(三重塔)が描かれる 。
絵図によると、本堂裏手に鐘楼があり、そのすぐ裏手に大塔があるように描かれるが、実際は2度折の坂道を数十m上った位置に塔はあった。
現況は
鐘楼の現位置は本堂前横(絵図の十三仏の位置附近)に替わり、塔に至る間の開山堂・文殊堂・玉屋・奥之院の堂宇は退転し、その平坦地を辛うじて残す。
ただ唯一「玉屋」(退転と思われる)の位置に2基の石塔を残す。
※播磨三日月藩5代藩主森快温(はやあつ)墓所は高蔵寺、
  法号:快温院殿野州刺史鷲峯宗雲大居士。
2008/07/01撮影:
 三日月藩森快温墓所
2008/07/01撮影画像に入替
  三日月藩5代藩主森快温墓石:高蔵寺在
  三日月藩5代藩主森快温法号:高蔵寺在

森快温は安芸広島藩主・浅野重晟の次男、明和6年(1769)〜享和元年(1801)、森俊韶の養嗣子となり三日月藩5代藩主を継ぐ。
なお、初代長俊〜4代、6代〜8代の墓所は池上本行寺、9代最後の藩主俊滋墓所は三日月町常勝院と云う。

「赤松律師則祐の祖父覚祐法師、応安2年(1369)・・本堂一宇并峰権現宝塔建立ス中興開山ノ大檀那此ノ人也」



山城三室戸寺三重塔

2002/03/03撮影:

播磨高蔵寺塔であり、元禄17年(1704)建立とされる。
明治43年高蔵寺より買取移建し、本堂西側の丘上に建立される。
さらに近年(昭和52年頃)本堂右横奥(東側)に移建され、同時に修理されたと思われる。
一辺2.72mの小型塔、尾垂木に鎬を入れるも基本的に和様の意匠で構成される。
管理は行き届いていると思われる。

 山城三室戸寺三重塔1
 山城三室戸寺三重塔2
 山城三室戸寺三重塔3
 山城三室戸寺三重塔4(左図拡大図)
 山城三室戸寺三重塔5
 山城三室戸寺三重塔6
 山城三室戸寺三重塔7
 山城三室戸寺三重塔8


2020/04/29撮影:
三室戸寺三重塔11
三室戸寺三重塔12
三室戸寺三重塔13
三室戸寺三重塔14:左図拡大図
三室戸寺三重塔15
三室戸寺三重塔16
三室戸寺三重塔17
三室戸寺三重塔18
三室戸寺三重塔19
三室戸寺三重塔20
三室戸寺三重塔21
三室戸寺三重塔22
三室戸寺三重塔23
三室戸寺三重塔24
三室戸寺三重塔25
三室戸寺三重塔26
三室戸寺三重塔27
三室戸寺三重塔28
三室戸寺三重塔29
三室戸寺三重塔30
三室戸寺三重塔31
三室戸寺三重塔32
三室戸寺三重塔風鐸
三室戸寺三重塔相輪
 

三室戸寺移建三重塔の旧地

播磨高蔵寺から移建された三重塔は、現在の三重塔がある場所(本堂の左:左側)ではなく、本堂右前(西側)の台地上に移建される。

従って、本堂右横前(西)の台地上には、播磨高蔵寺から移された三重塔の当初の建立場所が残る。
この跡地には石造十三重塔が建立され、その標とする。

2000/09/30撮影:
 旧三重塔跡地・石造十三重塔
2012/08/13追加:
○「三日月町史 第4巻 史跡」三日月町史編集委員会編、昭和41年 より
 三室戸寺当初移建場所に建つ高蔵寺三重塔
  三室戸寺旧地三重塔1     三室戸寺旧地三重塔2
2011/03/31追加:
○「流域紀行 宇治川の原風景をたずねて」宇治市歴史資料館、2008 より
 宇治名勝御案内付宇治川ライン:三室戸寺部分図:吉田初三郎、昭和5年
○「宇治市観光絵図」三輪高英、昭和31年
 宇治市観光絵図:三室戸寺部分図
  ※何れも、三室戸寺三重塔は本堂の西側の丘上に描かれる。
2020/04/29撮影:
理由は不明であるが、現在、当初三重塔が移建された場所は立ち入りが禁止されている。
勿論、強引に登れば行けるのであろうが、遠慮しておく。従って、旧地へ至る石階のみの写真である。
 旧三重塔へ至る石階◆山城三室戸寺略歴:
 当寺は本山派修験宗。西国33箇所10番札所。
寺伝では、宝亀年間、宮中に奇瑞があり、光仁天皇の勅命で藤原犬養がこの地を探り、志津川上流岩淵で黄金の仏像を得る。
天皇は叡感し御室を移して尊像を安置し、御室戸寺と称したとされる。開山は大安寺行表あるいは智証大師円珍ともいう。
康和年間(1099-1104)園城寺隆明上人が中興。
文明11年(1479)橋寺と争い焼亡。延徳元年(1489)再興、多くの子院があったとされる。
天正元年(1573)槙島合戦で足利将軍に加担し再び焼亡。江戸中-後期には山麓に金蔵院を残すのみとなる。
文化11年(1814)現本堂再興。大正8年(1818)書院と茶室九窓亭を三渓園に売却。
什宝として、清涼寺式木造釈迦如来立像(鎌倉・重文)、木造毘沙門天立像(平安・重文)、阿弥陀堂の木造阿弥陀如来及両脇侍坐像(平安・重文)を蔵す。
また鎮守社十八神社本殿(室町・重文・三間社、三間向拝)が現存する。
 2000/09/30撮影:鎮守社十八神社本殿1  鎮守社十八神社本殿2
なお、残念ながら今般(2020/04/29)は十八神社が修理中のため、拝観は出来ず。

2005/10/22追加:
◆三室戸寺古図
○「宇治市埋蔵文化財発掘調査概報 第35集」宇治市教育委員会、1996(三室戸寺子院跡発掘調査)より
  「三室戸山一山絵図」:天保15年(1844)
今の山門下道路西に総門 (西向)があり、東西道の南に公文所・西から東に本坊宝蔵院・北ノ坊・池坊、東西道の北に十輪坊・宝性院・宝珠院などがある。さらに参道の中腹東に一坊(と思われる。判読できず)、子守坊があった。
また(真偽は定かではないが)東北には別院48ヶ寺があったとする。

◆三室戸寺現況
2020/04/29撮影:
 三室戸寺山門     三室戸寺庭園1     三室戸寺庭園2     三室戸寺庭園・塔     三室戸寺庭園:伽藍
 三室戸寺参道     三室戸寺手水舎
 三室戸寺本堂1     三室戸寺本堂2     三室戸寺本堂3     三室戸寺阿弥陀堂     三室戸寺鐘楼


2006年以前作成:2020/06/16更新:ホームページ日本の塔婆