備   後   浄   土   寺

備後浄土寺

浄土寺多宝塔

元徳元年(1329)再興、一辺6.6m、高さ20.5m。
多宝塔では下野鑁阿寺多宝塔に次ぐ規模とされる。
多分に当時の時代背景を反映し、純粋な和様建築ではなく、細部では多くの新様式が取り入れられる。
○2007/03/06「日本建築史基礎資料集成 十二 塔婆U」:
多宝塔には以下の修理履歴がある。
明応4年(1495)、文禄年中(1592-96)屋根葺替、元禄元年(1688)九輪改鋳・屋根葺替、享保17年(1732)、元文5年(1740)、
文化8年(1811)、弘化元年(1844)各種補修など。
昭和10年解体修理。
下重総間21尺8寸、中央間8尺3寸2分、両脇間6尺7寸4分、組物二手先  上重軸部径10尺5寸、総高67尺6寸7分。
 浄土寺多宝塔立面図

2000/12/26撮影:
 浄土寺多宝塔1      浄土寺多宝塔2:浄土寺伽藍
2001/12/28撮影:
 浄土寺多宝塔10     浄土寺多宝塔11     浄土寺多宝塔12     浄土寺多宝塔13
 浄土寺多宝塔14     浄土寺多宝塔15     浄土寺多宝塔16
2007/01/19撮影:
 備後浄土寺多宝塔1     備後浄土寺多宝塔2     備後浄土寺多宝塔3     備後浄土寺多宝塔4
 備後浄土寺多宝塔5     備後浄土寺多宝塔6     備後浄土寺多宝塔7     備後浄土寺多宝塔8
2015/03/21撮影:

浄土寺多宝塔111:左図拡大図
浄土寺多宝塔112
浄土寺多宝塔113
浄土寺多宝塔114
浄土寺多宝塔115
浄土寺多宝塔116
浄土寺多宝塔117
浄土寺多宝塔118
浄土寺多宝塔119
浄土寺多宝塔120
浄土寺多宝塔138:相輪
浄土寺多宝塔121
浄土寺多宝塔122
浄土寺多宝塔123
浄土寺多宝塔124
浄土寺多宝塔125
浄土寺多宝塔126
浄土寺多宝塔127
浄土寺多宝塔128
浄土寺多宝塔129
浄土寺多宝塔130
浄土寺多宝塔131
浄土寺多宝塔132
浄土寺多宝塔133
浄土寺多宝塔134
浄土寺多宝塔135
浄土寺多宝塔136
浄土寺多宝塔137

2017/01/13追加:
○s_minaga蔵絵葉書:通信欄の罫線が3分の1であり、かつ「きかは便郵」とあるので、明治40年4月〜大正7年(1918)3月 間の発行であろう。
 尾道浄土寺多宝塔絵葉書:上重には軒の垂下を押える支柱を建てる。昭和10年の解体修理でこの支柱は撤去されたものと思われる。

なお、次の多宝塔模型が知られる。
一つは山内の子安堂内に置かれる。詳細は不詳。下に掲載
また、新尾道駅に浄土寺多宝塔及び本堂の模型の展示がある。(Web情報)

浄土寺五重塔/利生塔

永仁6年(1298)塔が既に存在したことが知られる。
即ち「定証起請文」では次のように云う。
「五重宝塔1基 空輪金銅、瓦葺 本尊四方仏 仏壇荘厳 壇四維柱図37尊 平軸図八大龍王像 四面扉図八天像 四方壁画真言八大祖師影像」
 ※「定証起請文」は嘉元4年(1306)定証が浄土寺伽藍を再建した時の自筆起請文である。定証は高野山に属するも、西大寺叡尊弟子。
正中2年(1325)に塔など灰燼に帰す。
暦応元年(1338)浄土寺住持心源は浄土寺に利生塔建立の申請を為す。
暦応2年、浄土寺五重塔修造の院宣が下され、足利尊氏・直義は備後利生塔として浄土寺五重塔を修造する。
塔は貞和3年(1347)再興される。
 塔の場所は筒湯小学校(2000年に廃校)といい、現在も浄土寺の北西に接して校舎や運動場が残る。
明応3年(1494)勧進により、塔修復なる。
正保年中(1644頃)五重塔猟人の失火によって焼失。但し仏舎利は焼失を免れるという。
(近世初頭まで利生塔は存在する。)

備後浄土寺概要

○聖徳太子浄土寺建立と云う。<「荘厳浄土寺縁由実録」(元文4年/1739)>
○定証浄土寺再興。
上に掲載の「定証起請文」(嘉元4年1306、定証は浄土寺再興の律僧、西大寺叡尊弟子)は次のように云う。
定証、永仁6年(1298)西国に赴き、浄土寺に移住。この時、本堂・五重塔・多宝塔・地蔵堂・鐘楼があったという。
定証は律の道場として、金堂(3間四面)、食堂(5間ニ面)、僧坊(12間)、厨舎(7間)を造営する。
「多宝塔1基 本尊金剛界大日金泥像 後壁両界曼荼羅 天蓋羅網仏壇荘厳大略本堂如
壇四維柱図37尊 四方保立図八大龍王像 四面扉図羅刹女像 四方壁画十六羅漢像」
しかしそれらは、正中2年(1325)伽藍悉く焼失す。
直ちに、尾道商人の発願で、再興される。
嘉暦2年(1327)本堂再興(現存)、元徳元年(1329)多宝塔再興(現存)、貞和元年(1345)阿弥陀堂再興(現存)。
山門も阿弥陀堂と同一時期の建築と推定。
2010/07/17撮影:
 備後浄土寺遠望:平成20年1月より露滴庵・方丈・庫裏及び客殿・宝庫・唐門・山門(全て重文)が5ヵ年計画で大修理に入り、覆屋が写る。

現存建造物

 ◇浄土寺諸堂寺配置図:PDF文書「第2章 尾道市の維持及び向上すべき歴史的風致」より原図を転載

○浄土寺伽藍

2007/01/19撮影:
 備後浄土寺伽藍
2015/03/21撮影:
 備後浄土寺伽藍2:左図拡大図
  向かって右から多宝塔、阿弥陀堂、本堂、庫裡
 備後浄土寺伽藍3
 備後浄土寺伽藍4
 備後浄土寺伽藍5
  中央向かって右は護摩堂、左は地蔵堂、奥は開山堂

○本堂(国宝):元徳元年(1329)再建、5間×5間(14m×14m)、入母屋造、本瓦葺き。鎌倉期から続く仏教復興の気運を象徴する折衷様の代表的建築である。

2001/12/28撮影:
 浄土寺本堂1
 浄土寺本堂2
2007/01/19撮影:
 浄土寺本堂01
 浄土寺本堂02
2015/03/21撮影:
 備後浄土寺本堂11
 備後浄土寺本堂12
 備後浄土寺本堂13
 備後浄土寺本堂14:左図拡大図
 備後浄土寺本堂15
 備後浄土寺本堂16
 備後浄土寺本堂17
 備後浄土寺本堂18
 備後浄土寺本堂19

○阿弥陀堂(重文):貞和元年(1345)再建

2007/01/19撮影:
 浄土寺阿弥陀堂
2015/03/21撮影:
 備後浄土寺阿弥陀堂1
 備後浄土寺阿弥陀堂2
 備後浄土寺阿弥陀堂3
 備後浄土寺阿弥陀堂4:左図拡大図
 備後浄土寺阿弥陀堂5
 備後浄土寺阿弥陀堂6
 備後浄土寺阿弥陀堂7

○山門(重文):南北朝期再建、
 浄土寺山門1     浄土寺山門2     浄土寺山門3     浄土寺山門4     浄土寺山門5     浄土寺山門6
○裏門(重文):鎌倉期
 浄土寺裏門1     浄土寺裏門2     浄土寺裏門3
○客殿(重文):正徳2年(1712)建立、○客殿<入り口>(重文):鎌倉期、○庫裏(重文):享保4年(1719)建立
 玄関・庫裡・客殿1     玄関・庫裡・客殿2
○唐門(重文):正徳2年(1712)建立、○方丈(重文):元禄3年(1690)再建
 浄土寺唐門・方丈1     浄土寺唐門・方丈2     浄土寺唐門1     浄土寺唐門2
○露滴庵(重文):安土桃山期(伝伏見城より移建と伝える)
 未見
○宝庫(重文):宝暦9年(1759)
 未見
また石造物には以下がある。いずれも重文。
納経塔;室町前期、宝篋印塔:鎌倉期、宝篋印塔(伝尊氏塔):南北朝期
○子安堂
 浄土寺子安堂1     浄土寺子安堂2
○護摩堂
 浄土寺護摩堂1:写真右端の石階を上れば、高野・丹生大明神である。
 浄土寺護摩堂2     
○地蔵堂
 浄土寺地蔵堂1     浄土寺地蔵堂2     地蔵堂・護摩堂屋根
○開山堂
 浄土寺開山堂
浄土寺鐘楼
その他、経蔵、文殊堂、高野・丹生大明神などを有する。いずれも未見。

浄土寺多宝塔模型

詳細は不詳、子安堂内に安置する。
 浄土寺多宝塔模型1     浄土寺多宝塔模型2     浄土寺多宝塔模型3     浄土寺多宝塔模型4
 浄土寺多宝塔模型5     浄土寺多宝塔模型6     浄土寺多宝塔模型7

尾道水道渡船
尾道−向島間には現在4本の渡船があり、約5分間隔での運行が行われている。
※駅前渡船の2杯の船は、浄土寺多宝塔をイメージした船ものであろう。
  駅前渡船・渡船


2006年以前作成:2017/01/13更新:ホームページ日本の塔婆