ホーム

歴史&技法

龍手季刊誌

演武会の記録

稽古レター


龍精空手道とは

龍精空手道は、沖縄古流唐手(トゥ‐ディ)の流れを受け継ぐ古伝手(伝統空手)である。
「唐手」は、琉球王朝士族・知念親雲上を初代(1726)に仰ぎ、佐久川寛賀親雲上を二代、 その後継者が沖縄空手中興の祖とされる松村筑登之親雲上宗棍である。

唐手第六代千歳強直翁(沖縄姓知念近直/1898-1984)は、恩師・五代新垣世璋翁の「唐手は千年の歴史を持つ」の教えと、 自ら修業に励んだ「首里手(小林流系)」、「那覇手(剛柔流系)」の長短を相補い「千唐流(ちとう)」を創流する。
千歳翁は「剛柔流」開祖・宮城長順先生とは盟友の間柄であり、また「日本空手道の父」と多くの空手家から敬愛される冨名腰義珍先生は 小学校の担任であった。

龍精空手は、千歳強直翁が継承した古流唐手と千唐流空手の理念と意志を伝承する。 そして現在、千歳翁の娘婿である唐手継承室の坂本 健教士を中心に、 境 一美(熊本)、Peter Giffen(カナダ)、 Roland Figgs(USA)、Brian Hayes(オーストラリア)の各錬士師範指導の下、千唐及び古流技法の錬磨を目標に、 千歳翁が遺した「和忍(わにん)」・「力必達(りきひったつ)」の精神理念を引き継ぎ、日々の修練に励む武術集団として活動を続けている。

稽古は「形(基形→形意形→古流形)」を中心に行い、遊び感覚を前面に出した 「タッチ組手」を 経て「自由組手」に移行する独自の組手システムを 持つ。武器術は棍・サイ・ヌンチャク・トンファー、そして護身法としての「変手法」を修練する。 また、心身エネルギーのバランスの保持を目的とする「導引術(内功法)」等の習得も、稽古の中に取り入れるている。


神妙技(中山博道書)

凄味のサイ

鮎返しの滝を背に飛び足刀
(熊本南阿蘇)

サンチン
(冬の熊本菊池渓谷)