龍精空手道マーク

龍精のマーク(下中央図)は、唐手継承室・坂本先生が、
形公相君(クーサンクー)で月を仰ぎ見る手(左図=合掌手)、
そして 座礼時(右図)の手の形をデザインしたものです。
ピラミッドのカタチに似ているという人もい ますが………、 はて?と考えると興味が沸きます。

デザインされた手と丸の龍精は、天(宇宙)と地(自然界)に存在するエネルギー(気・意識)を合掌する手(人)に
和合させ、 龍精空手修業の道を守護する意味を持ちます。
また、この手の形は、 自然とのかかわりを説く「太陽の印」とも言われます。




ホーム

稽古レター