ホーム

龍精空手とは

季刊誌龍手

演武会の記録

稽古レター





程 順則 名護親方

歴史と技法体系

龍精と古流唐手(Koryu-Todi)

龍精とは、武術唐手(トゥーディー)技法の修練に励み、究極の奥義を極める為に鍛錬する武人そして彼等の魂に敬意を示すために名付けられた尊称である。
1705年、名護聖人・程 順則親方によって名付けられた。(何故「一拳」ではなく「一剣」なのか?長年謎とされていたが、薩摩藩が琉球侵攻後、士族の武術「手」に 天真正自源流の剣の技法が大きく影響し、結果「身に寸鉄を帯びず……」と詠われるように、 刀法に類似する手の技法が「一剣」の言葉に成ったと理解できている)

古流唐手(トゥーディ)とは、琉球王朝時代の士族が鍛錬した武術で、龍精では「古伝手」の用語を並行して使用している。
その起源は、古代仏教寺院で修行僧が護身の手段として修練された武術とされているが、「舞」を連想させる手の動きあるいは”手刀”等の技法用語から、日本本土の「芸(能・舞踊)」や
「武(剣術)」との関連が 強く意識されている。
また古流唐手には、東南アジアの古典舞踊の雰囲気も醸し出されるようで、その関連の研究もこれからの課題となっている。



唐手歴代継承者

初代 知念親雲上 1726年 傳人

二代 佐久川寛賀親雲上 1804年 ⇒ 二代 後継者 松村宗棍親雲上

三代 阿波根親方  1818年

四代 外間親雲上  1838年

五代 新垣世章翁  1860年

六代 知念近直翁  1920年 [千唐流開祖千歳強直(改姓)]


第六代千歳強直翁


系 譜



技法体系

技法は、千歳翁が継承した唐手そして創流した千唐流空手を根幹とする。
 体系は、「形法」、「変手法」、「武器法」の三法。 心身の健康バランス保持の補助として「導引法」を取り入れている。

形 法

儀式形:四方拝・櫂の手
 基形三形:ナイハンチ・セイサン・ニーセイシ。
 形意五形:バッサイ・チントウ・ソウチン・テンシン・ローハイ。
 練成形:サンシール(+ウーセイシ)・クーサンクー・リュウシャン・サンチン結テンショウ。
 古流形:ウンスー(+カンザン)・セイチン・ホーエン⇒奥伝位へ進む。

変手法

ニーセイシ解説11法、変手28法、投げ15構⇒先へ進む。

武器法

棍、ヌンチャク、サイ、トンファー、櫂
  (※その他;三節棍、ズルチン、鎌、隠し武器は演武のために用意されている)

導引法

八段錦、一指禅、八動功、易筋経


上に戻る