喫茶ぽけっとでは、当店撮影のSLの写真のほか
『冬の湿原号』撮影に訪れて下さった写真家の皆
さんのSLや北の動物達の写真などを随時展示
しております(NHK『北海道中ひざくりげ』にて紹
介していただきました)。 
              
 また、期間は不定期ですが、店内のスペースが
許す範囲で、町内外の皆さんが、すばらしい技を
披露してくださる展示会も開催しております。
そちらは Topics のページよりご覧下さい。


21世紀 また SLが帰ってきたぞ!!


弟子屈町熊牛原野にて



吹雪の中を疾走

釧路市内釧路川

湿原駅にて

標茶駅にて

21世紀になり 初めての撮影行は SLの2重連の運行の日になりました。
1月の 第3 第4の週末は弟子屈町の川湯温泉駅まで 足をのばすそうです。
今後 新しい撮影ポイントを含めて SLの勇姿を紹介して行きたいとおもいます。

標茶町桜にて

釧路湿原にて

標茶駅にて

弟子屈町熊牛原野(並走車中より)

標茶町塘路にて

弟子屈町摩周駅にて

標茶駅にて

SLの作業風景(摩周駅にて)
現在 SLのメンテナンスは専用の
設備がないため、このように 石炭はクレーンにて、水は 消防署から
タンク車を出動させて 補充す
ように なっております。
SLをいつまでも 町民の夢を乗せて
走りつづけるように、また 川湯温泉
まで もう少し 便数が増えるように、願っております。(喫茶ぽけっと記)

標茶町塘路にて SLを待つ間 
陸橋の下に、白鳥が のどかに 
羽根を休ませていました。
隣の茅沼駅には、毎冬 丹頂鶴が 
飛来してきており、その他 エゾ鹿や
北きつねなどが 頻繁に 顔を出し
SLの車窓からは野生のサンクチュ
アリが 存分に 楽しめます。




2000年 冬 懐かしきSLの響き
2000年 ホームページ開設に時を同じくして 標茶町にSLが帰ってきました。
そこで まず 喫茶ぽけっとが その勇姿を ご紹介します。
2000年の冬 根釧原野はとてもにぎやかでした。
JR釧網線の釧路と標茶の間にS・Lが帰ってきたのです。
じつはこのS・L 標茶町の公園に保存されていたもので
町民 とくに 公園で遊んでいた 子供達にとっては
格別な想いをもって迎えられました。
かくして、JR釧網線と平行しているR391は、
カメラマンの行列となり S・Lの追っかけが 
大はやりと なりました(当然私も)。

黒い煙を吐きながら 力強く走るS・Lは、真っ白な 北の
広大な自然の中では、とても けなげで 愛らしくもあり、
多くの人々に大きな感動を与えてくれました。
また 来年も 元気な姿で会えることを祈ります。

(撮影場所 標茶町塘路)
撮影 喫茶ぽけっと


2001年の1月 再びSLが帰ってくる事になりました(10月18日付け北海道新聞朝刊より)。
今回は一部 川湯温泉駅まで 足をのばすときが あるようで カメラ撮影のポイントを 今から
捜しておかなければ?・・・・  
                                    
ただし カメラマンのみなさん 撮影の時 くれぐれも マナーに気をつけて!
SLは ラムサール条約で保護された自然の中を走るため、 撮影ポイントを 選ぶ
ために 木を折ったりする 自然破壊が 問題になりました。          
また 車で撮影ポイントを 追いかけるため、交通マナー無視、地権者へ無断
立ち入り、などなど あとあじの悪い話しが 地元では あとがたちませんでした。

せっかくの 感動を より大きくする為に、みなさん 協力を。           





M,s MAMAの 手作りアート


(尚 M,s MAMAのページを独立させました。
そちらも 是非 ごらんください。)

カントリードール

カントリードール

カントリードール

髪飾り



当店 手作りの 木のおもちゃ



山崎薪炭店提供の木炭による飾り炭のギャラリーです。