QLOOKアクセス解析

ジャケットをクリックすると解説が読めます


「ピコに興味がある、樋口康雄の音楽を聴いてみたい」と思っている人は、案外、少なくないようです。しかし、「ためしにCDでも買ってみようか」と思っても、何から聴けばよいのかわからない人も、また、少なくないようです。
これだけのキャリアがあり、数多くの傑作を残していながら、その多岐に渡る音楽性ゆえに、どこから手をつけてよいか、ピコ初心者が戸惑うのも無理はありません。

そこで、「これからピコを聴きたい。でも、何から聴けばいいの?」という疑問を解決すべく、入門用としておすすめの作品をピックアップしてみました。どれを買うか参考になればと思いますが、あくまでも参考にとどめてください。先入観をもって聴くよりも、まず自分の耳で確かめることが大切だと思うので…。

ここにあげた5枚の作品は、すべてジャンルが異なります。どれを気に入るかは個人の好みによります。どれか1枚を聴いただけでは、彼の本質をとらえることはできないと思いますが、まずは、自分の好きなジャンルのアルバムを1枚聴いてみるといいと思います。どれも2000年以降にCD化された、比較的容易に入手できる商品です(*「オリエンテーション」を除く)。ただし、よほど品揃えのよいCDショップでない限り、これらの商品を店頭に置いている店は少ないので、ネットショップなどで注文されることをお薦めします。

*「オリエンテーション」(2001年発売)は生産中止。


Pianissimoにもどる