確信の度合い

    

「少数の属性試験結果から得られる確信の度合い」 

・2001年秋に東京で開催された第14回信頼性シンポジウムで発表させて貰いました。
・30年前にNASDAの社内で発表していたものを見直したものです。
・原稿を送った後に「ラプラスの継起則」として1900年頃には有名な式であったことを知りました。
・SAIC社の副社長Fragola氏が読むように薦めてくれたBruno de Finettiの古い教科書で見つけました。
・信頼性工学の基盤を揺るがす話なのに、今のところ、この分野の人たちは無視する態度のように見えます。
・Laplace's Rule of Succession は大森荘蔵「帰納と確率」岩波講座「哲学」X”論理”、1968年に「ラプラスの継起則」との訳があります。

戻る