プロフィール

大野 義光


昭和23年
 新潟県西蒲原郡黒埼町(現新潟市)に生まれる

昭和47年
 日本大学農獣医学部卒

昭和44〜51年
 刀匠 吉原義人師の下で修行する

昭和50年
 新作名刀展に初出品。奨励賞を受賞

昭和56年
 奨励賞を受賞

昭和57年
 高松宮賞を受賞

昭和58年
 文化庁長官賞を受賞

昭和63年から無鑑査出品

昭和59年
 伊勢神宮第61回式年遷宮の御神刀を謹作奉仕


 国宝 山鳥毛写し完成


〜62年
 高松宮賞を4年連続受賞

平成元年
 伊勢神宮第61回式年遷宮の御神鉾(4口)を謹作奉仕

平成3年
 林原美術館に於いて個展「大野義光重花丁子の世界―古刀備前を追う―」
 (主催:林原グループ)
 (指導:故 加島 進先生)

昭和60年、62年、平成元年
 内閣総理大臣招待「懇親の集い」

平成8年
 正倉院宝物「黒作大刀」模造品(1口)作成

平成18年
 伊勢神宮第62回式年遷宮の御神刀(2口)依頼さる


 岡山県、倉敷刀剣美術館にて個展


 マカオ博覧会に出品

平成19年
 大田原市、与一伝承館、「古備前成高の太刀」写しを制作


 イギリス、ロンドンにて作刀工程実演(協力:ポール・マーティン氏)


 静岡県、佐野美術館にて「日本刀の匠たち−私の最高傑作−」

昭和51年
 新潟に「大野義光鍛刀場」設立


〜55年
 努力賞を受賞

平成6年
 「桑野刀剣鍛練場」設立(提供:林原グループ)


 埼玉県東秩父村の依頼により、御物・国宝刀剣写しの制作

備考

 警視総監賞の短刀製作

 旧有楽町そごうデパートの「玄門の会展」に数回出品

 全日本刀匠会履歴:昭和50年入会、57年正会員59年〜平成9年会計監査、11年〜23年理事

 林原美術館、林原刀剣研究室の刀の手入れを任される

 「葛飾の美術家展」に毎回出品

 「お守り刀展覧会」に毎回出品

 「新作日本刀刀職技術展覧会」に毎回出品

 「靖国神社新春刀剣展」に毎回出品

 佐野美術館「日本刀の匠たち」に毎回出品

平成17年
 第1回「お守り刀展覧会」招待出品(以降毎回出品)


 兵庫県千種中学校生徒が集めた砂鉄を用い、刀を制作


 カリフォルニア州、パサディナ市、パシフィックアジア博物館で「吉原一門展」
 (協力:ポール・マーティン氏)

平成7年
 ビデオ「匠」(非売品)出演
 (制作:林原グループ)
 (監修:故 今村昌平 氏)
 (監督:伊勢真一 氏))

平成20年
 ディスカバリーチャンネルに出演


 伊勢神宮第62回式年遷宮の御神鉾(3口)依頼さる

(本名 吉川 三男)

平成21年
 静岡県 佐野美術館に於いて「日本刀の匠たち―私の最高傑作―」


 第4回「お守り刀展覧会」岡山県教育庁賞受賞(第1回〜3回までは招待出品)

撮影:トム岸田 氏

平成22年
 第1回「新作日本刀刀職技術展覧会」公益財団法人日本刀文化振興協会会長賞受賞

平成23年
 第6回「お守り刀展覧会」第1席 岡山県知事賞、日立金属賞受賞

平成24年
 葛飾区指定無形文化財に認定さる

 第7回「お守り刀展覧会」特別賞(日立金属賞)受賞

大野義光刀剣工房