土地の境界標が見つからずお困りの方へ

境界標調査サービス

最近、一般の方や不動産仲介の方々から「境界標だけ見つかればいいんですけど・・」というご相談が増えてきました。

古くから区画された土地ですと、敷地内の造成や、道路面のアスファルト舗装などにより、もともと地表面に見えていた境界標が地中に隠れてしまい、土地売却や建物の建築などに支障をきたすことがあります。

隠れてしまった境界標を探しだすには、スポット的に位置を割り出す作業が必要となるため、一般の方や不動産仲介の方々には、なかなかハードルが高い作業かと思います。

そこでこの度、土地境界の専門家土地家屋調査士があなたに代わって境界標を探し出すことだけに特化した業務をはじめました。測量作業は伴わないので、安価な費用でサービスを提供いたします。

どうぞ、お気軽にご依頼ください。
                

価格

一般的な宅地 (100坪以内、境界点5点以内) 5万4000円~(税込)
郊外の原野等 (300坪以内、境界点6点以内) 8万6400円~(税込) 

※ご依頼地が遠方の場合(札幌市以外の地域)は別途交通費がかかります。
※道路や歩道の一部を掘削する場合はアスファルトの復旧が必要になりますので別途費用がかかります。
※境界標の不存在、破損、位置ズレ等が発覚した場合、確定測量に業務をスライドし隣接立会の上、新たに境界標を設置することが可能です。その場合、境界調査サービス費を差し引きいたします。

資料

土地の場所を特定するために下記資料等が必要になります。もし、お手元に何か資料等がおありの場合は、ご提示いただけると助かります。
何も無い場合は、物件の所在地番を教えていただければ、こちらで法務局にて取得することも可能です。

土地を特定するために必要な資料等
・土地謄本
・地積測量図(その他測量図)
・住宅地図など

納品成果

①写真帳(デジカメ撮影 1境界点につき2枚「遠景・近景」)
②地積測量図又は公図に撮影位置を明示したもの。

※境界標が存在してなかったものについては、「境界標なし」と報告させていただきます。

  

特徴

測量業務ではありませんので、隣地立会に基づく境界確認書や確定測量図等の成果品はありません。
あくまでも境界標の有無を確認するだけの作業となります。

ご必要があれば、既設境界標を測量し土地の寸法や面積を確認する「現況測量図」を作成することも可能です。現況測量費用は境界調査サービス込みで10万円~となります。

メリット
札幌及びその周辺は比較的正しい位置に境界標が埋設されていますので、すべての境界標が設置されていれば境界確定測量を省略出来る場合があります。
境界標の位置を確認することにより、将来にわたり境界トラブルの予防に役立ちます。

デメリット
境界標の不存在、破損、位置ズレ等が発覚することにより、境界トラブルの可能性を認識しなければならない場合があります。但し、このような場合でも専門家の視点でどのように対処したら良いのかをアドバイスさせていただきますのでご安心ください。。