表示に関する登記とは?

ビル

登記簿の表題部になされる登記

表示に関する登記とは、不動産の形や面積などの現況を明らかにすることを目的としており、権利に関する登記の前提ともいえます。
登記事項としては、登記年月日のほか、土地の場合は所在・地番・地目・地積に関して登記がなされ、建物の場合には所在・家屋番号・種類・構造・床面積などが登記されます。

土地家屋調査士の業務

①不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は建物に関する調査及び測量をすること。

②不動産の表示に関する登記の申請手続きについて代理すること。

③不動産の表示に関する登記に関する審査請求の手続きについて代理すること。

④筆界特定の手続きについて代理すること。

⑤土地の筆界が明らかでないことを原因とする紛争に係る民間紛争解決手続きについて代理すること。

(1)~(5)の事務に関して、相談に応じること等も業務に含まれる。
(5)の業務については、民間紛争解決手続代理関係業務を行うのに必要な能力を有すると法務大臣が認定した土地家屋調査士に限り、弁護士との共同受任を条件として行うことができる。