敷地の現況測量が必要となるケース

①建築設計をする時
建物を新築するときに、どのような建物をどこに建築するを設計するために、敷地の形状・面積・既存建物・既存樹木等の図面化が必要になります。また高低差のある土地ですと高低測量も必要となります。

②宅地造成計画(土木設計)をする時
どのような宅地を造成したらいいか、擁壁工事は必要になるか等を判断するために敷地の調査測量が必要になります。高低測量をすることで造成工事に必要な土量も把握しておくことができます。
       

測量費用

敷地現況測量サービス      300㎡の敷地 10万8,000円~(税込)
                 
※費用は敷地の広さや作業の難易度によりますのでお気軽にご相談ください。お見積もりは無料です。

納品書類

ビル


①敷地調査測量図
②測点データ一覧表(座標値、各種データ)
③現地写真集

※データはCD-ROM等で納品することも可能です。


特 徴

当事務所は最新のトータルステーションを導入していますので、短期間で高品質の測量成果を納品することが可能です。また北海道エリアに対応していますので遠方のお客様もお気軽にお問い合わせください。