日本大学マンドリンクラブOB会
トップへ
トップへ
戻る
戻る
直前のページへ
直前のページへ


宮田俊一郎関連の出版本(その5)

ここにご紹介するものが全てではないと思われます。
あくまでも管理人が調査した範囲ですので、ご了承下さい。
他の資料をご存知の方はご連絡下さい。
(曲名表示は原本表示に合わせました。)



 
【すぐひけるマンドリン独習】
編者:宮田信義
新興音楽出版社
昭和18年(1943年)6月10日
60銭
 各部の名称、持ち方と姿勢、感所表、調子の合せ方、演奏の姿勢、
 ピックの持ち方、弦の弾き方、左手の使い方、左手指の番号、ピック
 の打ち方記号、楽典の説明、開放弦の練習、第一弦の練習、第二
 弦の練習、第三弦の練習、第四弦の練習、トレモロ奏法、各調子感
 所、練習曲:君が代、港、見渡せば、愛国行進曲、愛馬進軍歌、婦
 人従軍歌、太平洋行進曲、荒城の月、早春譜、秋の夜半、宵待草、
 シューベルトの子守唄、サンタルチア、春の曙、祖国の影、野薔薇、
 旅のうた、海ゆかば、航空日本の歌、暁に祈る、国民進軍歌、愛国
 の花、海行く日本、ダニューブ河の漣、アリア、トロイメライ、楽しき農
 夫、シューベルトのセレナーデ、ヘンデルのラルゴ、ベートーヴェン
 のメヌエット


 
【やさしい バイオリン・マンドリン名曲集】
編著:宮田信義
新興出版株式会社
昭和19年(1944年)3月25日
2圓
 海ゆかば、愛国行進曲、太平洋行進曲、海の進軍、敵は幾萬、暁
 に祈る、荒鷲の歌、愛国の花、浜辺の歌、宵待草、心のふるさと、
 花、菩提樹、行進曲「青少年」 (宮田俊一郎)、シューベルトのセレ
 ナーデ、ハイドンのセレナーデ、ソルヴェイグの歌、年たつ今朝、行
 進曲「三つの百合」、ローレライ、モーツアルトの子守唄、モーツアル
 トの夜曲 第三楽章、タンホイザー、シューベルトのソナチネ
 マンドリン譜面集とギター譜面集の2冊に分かれています。


 
【最新マンドリン奏法 初歩からハイテクニックまで】
編著:宮田俊一郎
東京音楽書院 1981年4月25日
 マンドリンについての基礎知識、マンドリンの持ち方・弾き方、ピック
 の持ち方・使用法、演奏に必要な記号と楽典、第4弦、第3弦、第2
 弦、第1弦、ダウン・アップ、トレモロ、小指の使用、ト長調、ニ長調、
 三連音符と付点音符、ヘ調長
 太陽がいっぱい、ある愛の詩、鉄道員、マンドリン・セレナーデ
【マンドリン 魅惑のムード全集】
編著:東京マンドリン宮田楽団
東京音楽書院
 聖母の宝石、80日間世界一周、涙のトッカータ、シャレード、ふた
 りの天使、エーゲ海の真珠、シバの女王、蒼いノクターン、天使の
 セレナーデ、恋はみずいろ、風のささやき、白い恋人たち、ある愛
 の詩、恋のアランフェス、雪が降る、コンドルは飛んで行く、魅惑の
 ワルツ、ひまわり、日曜はダメよ、ジェルソミーナ、エーデルワイス、
 旅情、ムーン・リバー、モアー、第三の男、ラ・ノヴィア、夜霧のしの
 び逢い、ワシントン 広場の夜は更けて、マンドリン・セレナーデ、
 太陽がいっぱい、マルセリーノの歌、真珠とりのうた、ナポリは恋
 人、サンタ・ルチア、愛のロマンス、トロイメライ、夜想曲、別れの
 曲、夜の調べ、ジプシーの月、乙女の祈り、オー・ソレ・ミオ、春の
 唄、嘆きのセレナータ、ユーモレスク、海に来れ、波濤を越えて、
 白鳥の湖、ハンガリアン舞曲第五番、ホフマンの舟唄、スペインの
 セレナーデ、アンジェリータ、さらばンポリ、ラ・パロマ、アヴェ・マリ
 ア、アモーレ・ミオ、モスクワ郊外の夕べ、君知るや南の国
【マンドリン・ポピュラーソング全集】
編著:宮田俊一郎
東京音楽書院
 涙のトッカータ、オリーブの首飾り、シバの女王、シェルブールの雨
 傘、イエスタディ・ワンス・モア、ゴット・ファーザー愛のテーマ、雪が
 降る、ロミオとジュリエット、コンドルは飛んで行く、ある愛の詩、サ
 ウンド・オブ・サイレンス、白い恋人たち、想い出のサンフランシス
 コ、ほほにかかる涙、ラ・ノヴィア、この胸のときめきを、ヴォラー
 レ、知りたくないの、ロシアより愛をこめて、モアー、旅情、サン・ト
 ワ・マミー、ブーベの恋人、夜霧のしのび逢い、ムーン・リバー、ナ
 ポリは恋人、ゴンドリ・ゴンドラ、南国の夜、アモレ・ミオ、太陽がい
 っぱい、太陽のかけら、リーザの恋人、エヴァの恋人、太陽が目に
 しみる、鉄道員、ラストダンスは私と、花まつり、マルセリーノの歌、
 パリの屋根の下、グリーン・フィールズ、真珠とりのうた、ラブ・ミー・
 テンダー、ワシントン広場の夜は更けて、魅惑のワルツ、マンドリン
 ・セレナーデ、キエン・セラ、ある恋の物語、セプテンバー・ソング、
 すみれの花咲く頃


 
【演奏会用 マンドリン合奏曲集 1】
編著:宮田俊一郎
東京音楽書院
 舞踏組曲くるみ割人形よりトレパック、歌劇牧場の王者序曲、ハン
 ガリー舞曲第一番、ハンガリー舞曲第五番、ハンガリー舞曲第六
 番、序曲真夏の夜の夢より結婚行進曲、涙のトッカータ、シバの女
 王、ラバース・コンチェルト、ロシアより愛をこめて、真珠とりのうた


 
【演奏会用 マンドリン合奏曲集 2】
編著:宮田俊一郎
東京音楽書院
 カルメン組曲より終曲、武蔵野の秋(宮田俊一郎)、歌劇劇場支配
 人序曲、舞踏組曲くるみ割人形より花の円舞曲、白い恋人たち、
 シェルブールの雨傘、涙のカノン、旅情のボレロ、オリーブの首飾り
 


 
【演奏会用 マンドリン合奏曲集 3】
編著:宮田俊一郎
東京音楽書院
 歌劇セビリアの理髪師序曲、舞踏組曲くるみ割人形より行進曲、
 歌劇バグダットの太守序曲、カバレリア・ルスチカーナ、世界は二
 人のために、コンドルは飛んでいく、愛の讃歌、哀愁のアダージョ、
 マイ・ウェイ
【学生のためのマンドリン名曲集 1】
監修:宮田俊一郎
編曲:宮田信義、宮田俊一郎
東京音楽書院
 雪の降る町を、宵待草、浜辺の歌、荒城の月、赤とんぼ、サンタル
 チア、さらばナポリ、オー・ソレ・ミオ、夢見る君、金髪のジェニー、
 スワニー河、山のロザリヤ、ともしび、黒いひとみの、カチューシャ、
 トロイカ、モスクワの夜は更けて、登山電車、草原情歌、アロハ・オ
 エ、ラ・クンパルシータ、ラ・パロマ、禁じられた遊び、トロイメライ、
 君知るや南の国、アベ・マリヤ、乙女の祈り、波濤を越えて、白鳥
 の湖、嘆きのセレナータ、別れの曲、ショパンのノクターン、軍隊
 行進曲、春の唄、夜の調べ、ジプシーの月、スペインのセレナー
 デ、トルコ行進曲
【学生のためのマンドリンフォークアルバム 2】
監修:宮田俊一郎
編曲:宮田信義、宮田俊一郎
東京音楽書院
 今日の日はさようなら、赤い風船、星に祈りを、この広い野原いっ
 ぱい、小さな日記、希望、友よ、愛する人に歌わせないで、空に星
 があるように、君について行こう、若者たち、遠くへ行きたい、
 空よ、風、真夜中のギター、朝日のあたる家、500マイル、グリー
 ン・フィールズ、グリーンスリーブス、コットン・フィールズ、七つの水
 仙、雨を汚したのは誰、トム・ドゥリー、シェナンドー、モーリー・ダー
 リン、こげよマイケル、駅馬車、黄色いリボン、この汽車で、ジェリ
 コの戦い 
【学生のためのマンドリンポピュラーアルバム 3】
監修:宮田俊一郎
編曲:宮田信義、宮田俊一郎
東京音楽書院
 太陽がいっぱい、初恋の丘、慕情、枯葉、太陽はひとりぼっち、ム
 ーン・リヴァー、モアーロシアより愛をこめて、ブーベの恋人、夜霧
 のしのび逢い、マルセリーノの歌、知りたくないの、太陽が目にし
 みる、パリの屋根の下、エヴァの恋人、白い恋人たち、ドミニク、
 想い出のサンフラン・シスコ、南国の夜、サウンド・オブ・サイレン
 ス、サン・トワ・マミー、ラブ・ミー・テンダー、リーザの恋人、ラ・クラ
 カチャ、真珠採りの唄、ラスト・ダンスは私と、恋はみずいろ、太陽
 のかけら、花はどこへ行った、ワシントン広場の夜は更けて 


 
【学生のためのマンドリン古典名曲集 4】
監修:宮田俊一郎
編曲:宮田信義、宮田俊一郎
東京音楽書院
 ベニスの謝肉祭、ガボット、ワルツ・レント、ビザリア、花の歌、タラ
 ンテラ、ジピシーの群れ、間奏曲、ソナチネ、月の光、星の歌、第
 一タランテラ、演奏会用狂詩曲、幻想的円舞曲


 
【学生のためのマンドリンカンツォーネアルバム 5】
監修:宮田俊一郎
編曲:宮田信義、宮田俊一郎
東京音楽書院
 ほほにかかる涙、ラ・ノヴィア、コメ・プリマ、待ちましょう、この胸の
 ときめき、ヴォラーレ、アデュー、雨、愛の詩、ゴンドリ・ゴンドラ、
 恋のジプシー、砂に消えた涙、アンジェリータ、アモーレ・ミオ、ナ
 ポリは恋人、チリビリビン、サンタ・ルチア、登山電車、オー・ソレ・
 ミオ、さらばナポリ、ラ・パロマ、海に来れ、嘆きのセレナータ



【マンドリン 魅惑のメロディー】 クラシックからポピュラーまで
編曲:宮田俊一郎
東京音楽書院
 太陽がいっぱい、太陽はひとりぽっち、太陽が目にしみる、太陽の
 かけら、初恋の径、サウンド・オブ・サイレンス、恋はみずいろ、エヴ
 ァの恋人、リーザの恋人、知りたくないの、ロシアより愛をこめて、モ
 アー、旅情、枯葉、ムーン・リバー、サン・トワ・マミー、ブーベの恋人、
 マルセリーノの歌、パリの屋根の下、白い恋人たち、想い出のサン
 フランシスコ、ラストダンスを私と、ドミニク、夜霧のしのび逢い、南国
 の夜、真珠採りの歌、ラブ・ミー・テンダー、ワシントン広場の夜は更
 けて、ドナ・ドナ、朝日のあたる家、花はどこへ行ったの、グルーン・
 フィールズ、七つの水仙、花まつり、禁じられた遊び、ダヒルセヨ、夜
 の調べ、ジプシーの月、トロイメライ、乙女の祈り、別れの曲、ノクタ
 ーン、春の唄、オー・ソレ・ミオ、ホフマンの舟唄、スペインのセレナー
 デ、ユーモレスク、海に来たれ、嘆きのセレナータ、波濤を越えて、ア
 ロハ・オエ、白鳥の湖、ハンガリアン舞曲 No.5、家路
【マンドリン過ぎし日の青春歌謡集】
監修:宮田俊一郎
編曲:宮田信義、宮田俊一郎
東京音楽書院
 あざみの歌、毬藻の歌、白い花の咲く頃、水色のワルツ、惜別の
 唄、さくら貝の歌、生命の限り、知床旅情、寒い朝、石狩川悲歌、
 勇気ある者、江梨子、青い山脈、学生時代、高原列車は行く、湖
 愁、踊子、リンゴの唄、山のけむり、高原の宿、あなたと共に、北
 上夜曲、山の彼方に、南国土佐を後にして、純愛の砂、ここに幸
 あり、下町の太陽、絶唱、学園広場、青春のパラダイス、川は流
 れる、東京のバスガール、緑の牧場、森の水車、高校三年生、忘
 れな草をあなたに
【マンドリン懐かしのメロディー】
編曲:宮田俊一郎
東京音楽書院
 影を慕いて、湯の町エレジー、流転、支那の夜、人妻椿、旅笠道
 中、旅姿三人男、むらさき小唄、すみだ川、赤城の子守唄、名月
 赤城山、勘太郎月夜唄、湯島の白梅、君恋し、片瀬波、明日はお
 立ちか、別れの磯千鳥、唐人お吉の唄、戦友、父よあなたは強か
 った、南の花嫁さん、異国の丘、ハバロフスク小唄、牧場の花嫁さ
 ん、南のバラ、懐かしのブルース、しのび泣くブルース、別れのタン
 ゴ、情熱のルンバ、国境の町、想い出のボレロ、リンゴの唄、熱き
 泪を、泪の乾杯、港が見える丘、君待てども、夜霧のブルース、青
 春のパラダイス、東京行進曲、長崎エレジー、カチューシャの唄、
 ゴンドラの唄、祇園小唄、船頭小唄、雨に咲く花、雨のオランダ坂、
 熱海ブルース、或る雨の午後、波浮の港、浪花小唄、めんこい仔
 馬、湖底の故郷、ギター流し、南国土佐を後にして、潮来花嫁さ
 ん、川は流れる、リンゴ村から

宮田信義・宮田俊一郎関連の出版本
全頁閲覧はここ 


トップへ
トップへ
戻る
戻る
直前のページへ
直前のページへ